【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

上野澄人

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です!

今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所属する株式会社エンジンの役員を務める福永大夢さんにお話を伺いました。大親友のナオトさんとのデビュー前秘話や、就活無双した福永さんから現在就活中の三年生必見メッセージなど素敵なお話盛りだくさんです。最後までぜひご覧ください!

 

s__21954625

 

―現在の仕事内容を教えてください。
現在は2014年4月1日にできた、株式会社エンジンという音楽プロダクションで働いています。エンジンでは、Mr.Childrenや、中大同好会34期OBでもあり大親友のナオト・インティライミ、大久保嘉人のマネージメントを14名で行っています。会社の業務は、ライブ制作やCD販売、チケット販売などを行う会社とやり取りを行って、アーテイストの活動をコーディネートすることです。その中で私は人事総務や、それぞれの会社との契約内容、著作権についてのマネジメントなどを主に担当しています。

 

―なるほど。それでは、株式会社エンジンに入るまでの経緯を教えてください。
中央大学を卒業して伊藤忠商事に入ったのですが、就活中は35歳までには独立して企業したい、と面接で話していました(笑)。そう考えていたのは、36歳で独立してフリーのコピーライターになった父親の影響があったと思います。他にも大手総合商社、最近色々と話題の広告代理店などにも内定を頂いていたのですが、独立を見据えたときに最大限個の力を伸ばせる環境や、人の雰囲気に魅力を感じて伊藤忠商事に入社したんですね。
 そこで10年目くらいの時に、氷結というチューハイのパイナップルやシークワーサー味など新しい味を提案して初めて採用されました。すると、その直後くらいにナオトから電話が来て「氷結のCMのタイアップに自分の曲が起用されることが決まった」と(笑)。本当にびっくりしましたね。その後ナオトから「新しい事務所を立ち上げる話があるから一緒にやらないか?」と誘われてエンジンに入社しました。

 

―そんな運命的なことあるんですね!(笑)エンジンでの将来的な目標はどのようなものでしょうか?
現在の少数精鋭的な規模感は大事にしながら、会社を成長させていきたいです。具体的なお話はできないのですが、新しいシステムをパッケージごと売っていくような新事業を立ち上げたいと考えています。

 

―ありがとうございます。それでは中大同好会時代のお話を聞いていきたいのですが、そもそもなぜ同好会に入ったのでしょうか?
小さいころからずっとサッカーで生きていこうと思っていて、都立駒場高校時代には東京代表として選手権大会にも出場することができました。しかし、国体で帝京高校の中田浩二らと一緒にプレーした時に、この道で勝負するのは難しいと感じたんですね(笑)それでも大学で真剣にサッカーできる環境はないか、と考えたときに同好会という選択になりました。

 

s__22282243

 

―なるほど。そこで大親友であり、現在共に仕事をしているナオトさんと出会うんですね。
はい。一年生の5月の合宿で二年生のナオトと初めて会って意気投合して、その帰りに突然「今からストリートライブしない?」と誘われてそのまま池袋の高架下で三時間くらいライブをしたんです。(笑)僕も歌が好きだったので、二人でゆずさんのカバーをしてハモったりして。(笑)

 

―かっこよすぎます。(笑)中大同好会は当時どんなチームだったのでしょうか?
週4回、10~12時で練習をして、週3回以上練習に来ないと試合に出る権利が与えられないような公平で真面目なチームでしたね。

 

―その伝統は今も全く変わらないです。一番の思い出は何でしょうか?
3年のマガジン杯です。準決勝で敗れてしまったのですが、三位決定戦の相手は国士舘大学の体育会のBチームでした。その試合で僕が先制点を決めて、岩竹という2年生が追加点を奪って体育会相手に2-0で勝ったのが嬉しくて覚えています。そして実は、その岩竹は今エンジンでナオトのマネージャーとして一緒に働いているんです。(笑)

 

s__21954624

(BeYonDのHPをみる福永さんと岩竹さん)

 

―またまたすごいお話です。(笑)それでは、大学生活で印象に残っているお話を聞かせてください。
4年の時にナオトとブラジルで1か月間バックパッカーをしたんですね。とにかくいろんな町に行って、昼間は現地の人に混ざってサッカーをして、夜は音楽が鳴っているところに行って一緒に歌って踊りました。なかでも、サンタレンという町では10,000人規模のカーニバルが開かれていたんですね。そしたらナオトが「ここで歌いたい!」って言いだして、現地のイベント主催者と必死に交渉すると15分歌えることになったんです。(笑)

 

―行動力の塊ですね!(笑)
そうですね。(笑)ナオトがよく言うのは郷に入っては郷に従えということで、行った場所で流行っている曲やダンスを最初にやって10,000人の心を掴んでいました。そのあとは自分の曲を後ろのバンドメンバーにコードだけ伝えて、即興の演奏だったんですけど結構盛り上がりましたね。(笑)
ただ、僕が悪いんですけど帰る前日にパスポートを無くしたときに、薄情にも僕をおいて帰ったのは忘れないです。(笑)
―リオで一人は辛いですね。(笑)

 

―それでは、最後に同好会カテゴリーに所属するプレーヤー、マネージャーにメッセージをお願いします。
正直、社会に出てから体育会出身の人から「所詮は同好会」と言われることもありました。
しかし、僕自身同好会で過ごした日々には誇りを持っていて、監督がいない中試行錯誤しながら日々取り組んだ経験は、間違いなく胸を張れるものだと思います。また、様々な事に取り組める大学生活の中で、どこにプライオリティーを置くかを判断することや、主体性をもって組織を運営していく経験は社会に出てからも必ず役立ちます。確かに、社会的にはあまり良いイメージのない同好会カテゴリーかもしれませんが、真剣にサッカーと向き合ったその思いは全くもって恥ずべきものではなく、自信を持ってこれからの人生の糧にしてほしいなと思います。

 

s__21954623

(毎年行われている福永さん、ナオトさんの代の中大同好会OBチームと現役中大同好会の練習試合)

 

―力強いメッセージ、ありがとうございます。
こちらこそ、わざわざありがとうございました。美女マネ中心にたまにBeYonD見ています。(笑)これからも頑張ってください!

 

―そうなんですね!(笑) 本日は本当にありがとうございました!

 

 

 

Written by

上野澄人

ueno

中央大学 サッカー同好会

Keywords

Recommend

コラム 2021.09.09

【チーム特集】同志社大学 三ツ葉キッカーズ

こんにちは、BeYonD編集部です。 今回は関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する関西強豪サークル、同志社大学三ツ葉キッカーズにインタビューさせていただきました!! 三ツ葉代…

read more 渋井颯太
コラム 2019.04.02

【BMOM120】fc.elfを悲願の初優勝へ導いたスーパー1年生!

3月27日新横フットボールパークにて慶應義塾大学学内戦2019決勝が行われた。 昨年優勝チームの慶應キッカーズ、準優勝チームの慶應義塾大学理工サッカー部などが次々と準決勝で敗退していく中、ジャイ…

read more 成瀬将希
コラム 2017.03.21

新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.16

【高校別OB座談会vol.5】市立浦和OB座談会 高校選手権出場の思い出を振り返る!

群雄割拠で高校サッカーの激戦区である埼玉県内で強豪として名の知れているさいたま市立浦和高等学校(以下:市立浦和)。 そんな市立浦和のOBたちに高校時代の思い出やそれぞれのサークルについてインタビュー…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.06.22

【新関東カップ2017決勝戦】マッチプレビュー

4月に始まった新関東カップ2017の2カ月に及ぶ戦いがついに今週末終わりを告げチャンピオンが決定する。 今回は見事決勝戦に駒を進めることになった2チームのこれまでの戦いぶりを振り返り、勝負のポイント…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.11

【特別企画】Leo the footballにインタビュー!「Leo the football」編!

みなさんおうち時間はいかがお過ごしですか? 前回に続き今回も、分析官兼サッカーYoutuberとして登録者数10万人を誇る「Leo the football(レオザフットボール)」さん(以下レオ…

read more 酒井透
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more 澤田結人
コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more 高橋優斗
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more 長谷川聡志
コラム 2018.06.26

【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の"いぶし銀…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-