【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

BeYonD 編集部

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。
3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備品管理、ムービー、アルバムのいずれかを担当していました。日々の練習での仕事も、後輩と一緒に行い、しっかり覚えてもらうことでマネ全員が責任を持って取り組める環境を作っていました。

img_3945

−出席係というのはどなたの出席をとるんですか?
マネ全員のです。常にマネが一定数練習にいないと、練習に支障をきたし、プレに迷惑をかけてしまうからです。マネの勝ちたいっていう気持ちはそういう部分からもプレに伝わると思っていました。1ヶ月前に練習予定がでるので、マネにも来月の出席を教えてください、という感じで。他のことと両立する大変さもわかるけど、あまりにも出席が少ないときは、マネLINEで呼びかけたりしてました。あとはマネ総会で言ったり。

 

−マネ総会というのはどのようなものなんですか?
3マネが後輩に話していくスタイルで年3回ほど行います。「プレを支えるためにどうするのか」というのが一般的なマネだと思うのですが、フースのマネは、「日本一になるために私たちはどうすればいいのか」という姿勢を持つように後輩にも伝えていました。その際は、マネはこういうスタンスでいくけど、プレはどうかっていうことを確認して、相違がないようにしてからチームやマネの方向性を伝えるようにしていました。
img_3944
−最後の1年間はチームとしてどうだったと思いますか?
12月のプレミアカップで優勝したところからスタートし、2月の学内戦で中大サッカー同好会に負けて落ち込んでいるときに、スプリングカップで早稲田理工サッカー部に負けてしまって一時は低迷期でした。稲穂フェスタでは早理に勝って優勝して、吹っ切れたところもあったと思います。そこからは順調だったのですが、さらに自信がついたのは練習合宿の稲穂キッカーズ(以下稲穂)戦。同じ場所で、入れ替わりで練習合宿をする稲穂と1日だけ被る日に練習試合をするんです。今までフースが負けているところしか見たことがなかったのですが、私たちの代では稲穂に勝つことができて、それは大きな自信につながりました。しかし、マガ杯前のアットホームカップのプレーオフで大敗を喫し、どん底に落ちたのですが、この負けがあったからこそ、マガ杯で絶対に勝つぞっていう気持ちにつながって、優勝することができたと思います。その後のリーグ戦では、3位という結果に終わってしまいましたが、最後の全国大会では優勝することができ、目標にしてきた「戮力同心」を達成できたんじゃないかなぁと思えた1年でした。

 

−最後の1年間はマネとしてどのように過ごしてきましたか?
プレは、洗濯ありがとうとかボトルありがとうとか言ってくれるけど、わたしたちは感謝されるためではなく、勝つためにサポートをしているんだと思っていたので、そういうことはプレにも後輩のマネにも伝えていたつもりです。今まで先輩たちが、マネがプレと同じように練習にきて、しっかり仕事をする環境を作ってくれていたのですが、自分がマネキャプになったときに、練習に来ることがゴールじゃなくて、練習に来てどういう意識で行動をするかってことが大事だと思ったので、マネは勝つために何をできるかということを常に考えていました。そして、マネキャプとして自分は完璧なマネジメントをしようと意識していました。後輩には、どのような練習をしてるから、どこにボールが飛んできて、どこにボール拾いが必要だとか、自分たちがしている仕事は勝つためにしていて、その行動には理由があるんだよっていうことを教えていたつもりです。マガ杯では優勝することができて、プレからはサポートをしてくれてありがとう、ではなくて、一緒に闘ってくれてありがとうっていう言葉をもらえて、単なる「日本一のチームのマネ」じゃなくて、「日本一のマネ」になれたんじゃないかなって思えました。

 

−多くの結果を残してきたフースですが、何か後悔はありますか?
自分たちの代で考えると、結果もでたし良かったと思っているんですが、ガチガチに組織化しすぎてしまったかなぁと思う部分もあります。1マネも2マネも仕事ができる子たちなので、そこについての後悔はないのですが、後輩たちが純粋にフースが楽しくて、マネをやる環境にできたらもっとよかったんじゃないかなぁと。

 

−後輩に伝えたいことはありますか?
是非楽しみながら頑張ってほしいと思います。フースの伝統の良い部分は残しつつ、変化を恐れずに色々と試行錯誤していっていいと思います。それが、チームの結果につながることもあると思うから。私にできることがあればなんでもします。

 

−最後に。あなたにとってフースとは?
誇り。誇れる仲間と過ごした時間は私にとって宝物です。

img_3947

中央大学体同連フースバルクラブ。圧倒的な存在感を放つ赤の戦士たちが戦い続け、数々の勝利を手にしていった姿の裏には、マネージャーたちの徹底的かつ完璧なサポートがあった。「フース変わったね」と先輩方に言われ戸惑ったこともあったという永吉さん。しかし、変化を恐れずに革命を起こしていった彼女の行動や想いは、彼女の背中を見てきた後輩たちに受け継がれていくのではないだろうか。30期の掲げた「戮力同心」を胸に、共に駆け抜けてきた31期が掲げるのは「縦往開来」。きっと熱い想いや伝統を受け継ぎ、自分たちの力で新しい、輝かしい未来を切り開いていくことだろう。フースバルから、目が離せない。

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.21

【美女マネ特集vol.2】第2回は他チームも借りたくなるほどのマネ王国、あのチームのマネ!

お久しぶりです。   先日ついに、ついに、始まった夢の企画。   フォロワーが100人しかいなかったBeYonD公式Twitterで第1回の記事更新をお知ら…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.07

【チーム特集】中央大学MAPLE

今回は【インスタ企画 いい写いいね大会】において、 第3グループで見事優勝いたしました「中央大学MAPLE」に独占インタビューさせていただきました!! 幹事長の吉武友樹さん、マネー…

read more 渋井颯太
コラム 2021.04.30

【チーム特集】立教大学サッカー愛好会

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】第2グループで優勝いたしました「立教大学サッカー愛好会」に独占インタビューを行いました! 代表#00河崎零士さん、マネージャー#7竹本小雪さん、マ…

read more 青木優太
コラム 2021.04.25

【チーム特集】早稲田大学FC.GUSTA

今回は去年に引き続き開催した【インスタ企画 良い写いいね大会】において、1132いいねを獲得して第1グループ2連覇を果たした「早稲田大学FC.GUSTA」に独占インタビューを行いました! &nb…

read more 後藤直也
コラム 2020.04.27

【サッカーサークル対談】 新関東リーグ強豪の早稲田2チームが語り合う

今回はサッカーサークル対談の第一回として、同じ早稲田のサッカーサークルとしてお互いに高めあい、今年は同じ新関東リーグ一部にも所属する、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学HUMAN …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.09

【特別企画】プロを諦めた元Jユースキャプテンが目指すサッカーサークル日本一

こんにちは!こんばんは!BeYonD編集部です。昨今のサッカーサークル界には、全国高校サッカー選手権経験者やJユース出身者なども所属し、レベルの高い試合が繰り広げられています! 今回の記事では、中央…

read more 大田智輝
コラム 2018.04.16

【フットサル新歓記事vol.5】東京大学編(さんぱち先生、FIFTY626)

・自分達のサークルを一文で表すなら 以和征技  ・大学、チーム名  東京大学、さんぱち先生 ・活動地域  東京都内 ・設立年 2000年 ・所属リーグ  F…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【BMOM11】 妹尾 空(3年)が守備の要として勝利に貢献

超高層ヘディングマシーン 妹尾   明治大学グル―ビーキッズは第6節に、青山学院大学理工サッカー部と対戦した。結果は1-0で明治グル―ビーが勝利した。グル―ビーは後半開始早々に奪った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.02.18

【特別企画】『体育会』から『サークル』へ活躍の場を移した選手たち~vol.2~

こんにちは、BeYonD編集部です!   2月に入り、そろそろ大学入試が終わって大学が決まり、大学生活での「サッカー活動」の選択をどうしようか考えている人も多くいる頃ではないでし…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-