【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

BeYonD 編集部

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部

蓮池壮(2年=錦城)

 

 

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守備に阻まれながらも、後半に推進力抜群の攻撃陣がついに力を発揮しESPALDを撃破した。

その試合でリコタイの攻撃の中心には背番号10を背負ったレジスタ蓮池(2年=錦城)がいた。

 

チームとして走り込みを普段からしているだけあって、サイドバックの攻撃参加など長い距離を走り相手ディフェンスを撹乱させる攻撃が得意なリコタイ。

この試合も得点シーンでは左サイドからのクロスに合わせたのは右サイドバックの4番綿引(2年=渋谷幕張)だった。

そんな縦に強く走り出す選手が多い中、10番蓮池は無駄なスプリントを極力せずに、確かなボールコントロールで中盤をコントロールした。

抜群のファーストタッチで相手に飛び込むスキを与えず、味方のランニングにピンポイントで優しいスルーパスを通す蓮池は間違いなくリコタイの”レジスタ“であった。

今大会アシスト王に輝いたが、後半6分のクロスバーを叩いたフリーキックなどセットプレーからのゴールにも注目していきたい。

 

img_0077

 

学内戦優勝を決めた直後の蓮池は

「とてもわっしょいな気分です。
うちの可愛い可愛いマネージャーたちのためにも残りのタイトル全部取りたいです。」

とおどけて見せたが、その言葉通り今後もタイトルを取り続けるという自信を感じさせた。

 

新関東リーグで惜しくも1部昇格を逃し、リベンジをかけた今シーズン。出場した大会では毎回決勝戦に進出するなど、その実力をいかんなく披露している慶應リコタイ。

背番号10を背負う“レジスタ”蓮池を中心とした攻撃的なサッカーで、今シーズンどれだけタイトルをことができるのか、非常に楽しみだ。

img_0081

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.05.21

【BMOM122】鹿野鉱樹(1年=専大松戸)1年生ながらチームの攻撃を牽引!同点弾で勝利に大きく貢献した法政工体連の新戦力!

5月18日ATSU FOOTBALL FIELDにて、新関東カップ2回、明治大学グルービーキッズ(以下:明治グルービー)vs法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)が行われた。 昨年度のリー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.09

【新関東カップ2017】敢闘賞

新関東カップで対価通り新関東1部のチームが上位進出を果たす中、トーナメント上位進出はならなかったものの格上相手にも勇敢に戦い、素晴らしい戦績を残したチームがいたことをみなさんはご存知だろうか。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM5]FW谷口友哉(3年)ストライカーが残留へ望みをつなぐ決勝点

テクれ谷口 最下位と負けられない中、挑んだ第4節の明治大学グルービーキッズ戦。0-0で前半を折り返し、迎えた後半3分、勝ち点0の早稲田大学HUMANが先制点を決める。決めたのは背番号9番谷口 友哉(…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.26

【新歓記事2021】vol.2 早稲田大学サッカーサークルその2

新歓記事vol.2ではvol .1に引き続き早稲田大学の6チームを紹介します!     早稲田大学荒友キッカーズ ・自分たちのサークルを一言で表すと! …

read more 東 孝太郎
コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.29

【審判目線】審判だからこそ分かる、”体育会”と”サークル”の違いとは?

こんにちは!BeYonD編集部です。 大学サッカー界には”体育会”と”サークル”という2つの組織があり、両者の違いは数多く存在します。サッカーのレベルからサッカーに対する熱意までその違いは様々で…

read more 東 孝太郎
コラム 2021.04.14

サッカーサークル マネージャーの仕事

こんにちは! 桜の木に新緑が芽吹き、新入生のみなさんは入りたいサークルの目星がついてきた頃ではないでしょうか? 今回は、そんな新マネージャーさんにぴったりの、「マネージャーの仕事内容」を紹介す…

read more 田中菜々美
コラム 2022.06.02

【新関東カップ2022】出場チーム紹介vol.6

青山学院大学理工サッカー部 チームPR 僕たちのチームプレーのフィーチャーはとにかくクイックでパッショネイトでイニシアチブを握るグレイトなチームだよ 注目選手 宮下誠一(3年・創価) …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-