【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

BeYonD 編集部

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)にインタビューしてきた。

2015〜2016シーズン

”一年を振り返って”

新関東1部から落ちてそれまである程度結果を出せていた分、絶望を感じた。チームを立ち上げて間も無くの学内戦は稲穂に負け、カップ戦もタイトルを取るまでには至ってないがリーグ戦までは確かな手応えを感じていたようだ。

img_9952

”ライバル”

去年なら早稲田稲穂が強かった。新関東のリーグで自分達的には1番いい試合内容だったにも関わらず勝てなかった。今年はまだやれてないけどやっぱり稲穂に勝ちたいという気持ちはみんな持ってるかな笑。また去年は明治体動連がなかなか勝てなかった。
個人の選手については
自チームの藤林を挙げた。私情が入るかもしれないけど他のチームにもあまりいない貴重なFW。一言で藤林を表すとすれば規格外でチームは藤林に何度も助けられていると絶賛していた。さらに中央フースバルの大石を挙げ1つ1つのプレーの質が高い選手と語ってくれた。

2016〜2017シーズン

”目標”

第1に1部昇格。また出る大会ぜんぶのタイトル獲りたい。リーグ戦で2部に落ちてから何かを変えなきゃいけないと思い幹部でミーティングをしたそうだ。そこで1部昇格はもちろん出る大会全部優勝しようという意思統一をした。さらにチーム全体で話し合う機会を多く作れたことで全員が同じベクトルを向け、それが早稲田学内戦優勝につながったと話してくれた。

 

 ”注目選手”

やっぱり藤林かな笑と緒方が答えてくれた。規格外のプレースタイルで点を量産し、チームの士気を高めてほしいと語った。またもう1人MFの磯島悠太 (新2年=真岡)を挙げた。ドリブルパス全部できて技術が高い。新2年生だがのびのび自由にやってくれればと幹部2人が期待を寄せた。

img_4824

HUMAN磯島

”チームコンセプト”

まずチーム理念があって、日本一のサークルを大きなコンセプトとして掲げている。またサッカーだけではなく応援などのピッチ外でも存在感を示したいと話してくれた。
戦術面は今はまだFW2人に攻撃は一任し、守備はひたすら我慢するという状態になってしまっている。目指すところは、DFラインでも時間を作って1試合通して試合を優位に進めれるようになること。ざっくりいうと自分達がやっていて楽しいサッカーかな笑。今までのHUMANは堅守速攻だったのに対して今年は点取り合戦になっている。そういう中でも負けないようなチームにしたい。

 

昨年新関東リーグ2部降格と苦い経験をしたHUMAN。新チームになり早くも結果を残した。今までの粘り強い守備にタレント揃いの強烈な攻撃陣が加わった今年のHUMANが大舞台で大躍進する日はそう遠くないだろう。

 

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.24

【美女マネvol.18】こんなマネに新歓されたら新1プレもイチコロ!?イケイケビューティーなマネ!

こんにちは! 美女マネです!   気づけばもう3月後半。春休みが過ぎるのは本当に早いものですよね。   4年生は卒業。4月に入れば新たな1年生が入学し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.19

【特別企画】Jユース出身の私たちが大学サッカーサークルを選んだ理由[前編]

今回の記事は、高校時代にはJユースに所属していたが、大学ではサッカーサークルを選んだ早稲田大学HUMANFC(以下:ヒューマン)の3選手に迫ります。 大野友太郎(4年=ロアッソ熊本ユース)、鈴木…

read more 大田智輝
コラム 2017.10.04

【イケメン特集vol.2】モダン女子が求める正統派、スタイル抜群イケメン

こんにちは!     8月9月と暑かった夏が嘘のように 最近は寒くなってきました!     9月にはサッカーサークル一大イ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.04

【高校別OB座談会vol.4】昌平高校OB座談会 コメコメクラブとは?

激戦区の埼玉県で全国常連校となりつつある昌平高校。 つい先日行われたインターハイ埼玉予選決勝で4-1で勝利し見事全国への切符を手にした。そんな昌平高校OBに高校時代の思い出や現在のサークルについて語…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.12.21

サッカーサークル界に新リーグ創設!立ち上げのきっかけや現状、将来設計に迫る!

みなさんこんにちは! 今年度から新関東リーグに所属するチームで新しいリーグが創設されたのは御存じでしょうか? その名もSpielen Rookie Leagueです! 創設1年目の今年は…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.05

【BMOM138】三橋智哉(3年=國學院久我山)因縁の対決を勝利に導いたのは、待ちに待ったこの男!

リーグ戦優勝を占う大事な一戦、3節を終えて1位の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と3位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の因縁の早稲田ダービーは2対1でグスタの勝利に終わった。 この…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.20

【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。 まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開け…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.14

【BMOM62】長瀬良太(3年=國學院久我山) エースの自覚!圧巻の2ゴールで稲穂を3年連続決勝の舞台へ導く!

新関東カップ2017準決勝で早稲田稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は立教サッカー愛好会と対戦し、見事決勝進出を果たした。3連覇への王手をかけたこの重要な一戦で、背番号10はいつも以上に輝きを放っていた。長…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.16

【BMOM84】GK那須将司(3年=延岡)気持ちのPKストップで残留に近づく初勝利に貢献

【新関東リーグ2017・1部第6節】Zozopark Honda Football Area 青山学院大学理工サッカー部 0-1 早稲田大学FC.GUSTA 11月11日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘

-PICKUP CIRCLE-