【高校別OB座談会 番外編】この春上京した新入生へ。インハイ王者含む北海道4チームが大集合!

BeYonD 編集部

 

s__6176903

 

高校別座談会第4弾は、北海道出身特集ということでインハイ王者、プリンスリーグ所属など4チームが集合!左から北星学園大学付属→青山学院大学理工サッカー部井戸章一朗(4年)、北海→法政大学工体連サッカー部小野弘倫(4年)、北海道大谷室蘭→明治大学生田体同連サッカー部蹴友会吉田光希(4年)、札幌第一→東洋大学FC Variente田中宏武(4年)、札幌第一→中央大学サッカー同好会上野澄人(4年)の5人で、高校時代やサークルサッカーについて語ってもらった。

 

上野]高校も大学もバラバラだけどなんとなくみんな知り合いだよね。(笑)

井戸]高校の時からお互い顔は見たことあって、サークルの大会で会った時におう、みたいな。(笑)

小野]でも俺らの代で吉田光希知らないやつ北海道にはほとんどいなかっただろなあ。ナショトレだし、大体得点王だし。(笑)

田中]田中も中学までは結構有名だったよね。

吉田]そうだね。(笑)中学生の時北海道大会でよく戦ってたな。

 

s__24715664

(北海道の大会では大体得点王だったという吉田光希。インターハイ北海道予選では4試合連続ゴールを挙げ、チームを全国大会に導いた。)

 

~高校時代の思い出~

 

田中]高校はしんどかったなあ。冬は雪でグランドが使えないからひたすら校内走と筋トレ。

井戸]俺ら雪のグランドで走りだったわ!

吉田]あー俺らも!腰近くまで雪がある中走るから肺とかより足がしんどかった。

上野]靴に雪入らないように足にビニール袋巻いてから履くやつね。(笑)

小野]そうそう。(笑)夏も山走ったりとにかく走ったなあ。

井戸]俺らも遠征とかで1日トータルご飯10杯は必須だった!昼の弁当は2杯分にカウントされて朝と夜に死ぬほど食べてた。(笑)

上野]田中と光希はキャプテンだったけど、やっぱりきついことも多かった?

田中]サッカー以外のところでチームに問題が起きないようにずっと考えてたからね~。結構きつかったね。(笑)

吉田]伝統あるチームでプレッシャーも結構あったからね。(笑)今となってはいい経験ができたと思ってる。

 

s__10158200

(小野が所属する法政大学工体連サッカー部)

~それぞれのサークルについて~

上野]みんなはなんで今のサークルに入ったの?

井戸]最初フットサルサークルに入ってたんだけど、今のサークルの代表に誘われて大会いったら上手いやつも多いし結構楽しくて入った!

小野]俺は上手くないから体育会は諦めたんだけど、やっぱり本気でサッカーできる環境が欲しくて。週3回人工芝で周りもレベル高い選手が真剣にやっててここなら楽しめそうって。

吉田]俺は実は体育会入るつもりで大学の監督とも話してたんだけど、少し燃え尽きたところもあって部活に入るのをやめる決断をしたんだ。

小野]あ、そうだったんだ!

吉田]うん。でも正直サークルはお遊びでチャラチャラしたイメージがあったから嫌で、大学ではしばらくサッカーから離れてた。でも1年の終わりに友達に誘われて練習に行ったらレベルの高さ、熱意に驚いて入った。だってサークルが週4回本気で練習やってるなんて思ってなかったよ。(笑)

上野]それは本当にそう。(笑)俺も月一回くらいでいいやと思ってたら、気付いたら週4回人工芝で本気でサッカーしてた。(笑)そしたらグアム遠征でグアム代表に勝ったりして、もうよくわかんない。(笑)

 

13315745_1095839173820721_4081714690348017856_n

(上野が所属する中央大学サッカー同好会は、グアムチャンピオンシップで優勝しグアム遠征を行った。完全アウェーの中、見事グアム代表に4-1で勝利を収めた。)

 

田中]グアム楽しそうだったね~。(笑)俺は最初市立船橋出身とか名門校ぞろいのFC Liberteってチームに入って、普通に楽しくやってたんだけど、なんか物足りなくなって。大学内の各チームのそんな感じのやつら集めて今のサークルつくっちゃった。(笑)

[一同]いや、すごいな(笑)

 

 

38258

(田中が創設したFC Variente)

~サークルサッカーの魅力~

田中]サークルサッカーの魅力はやっぱり、自分たち次第でどうにでもできるところかな。

井戸]指導者いない中で自分たちでチームをつくって成長させるのは、中学高校ではできないよね。もしかしたら体育会よりそこはいいのかも。

上野]社会に出て働くこと考えたら、その主体性とかって大事だろうしね~。

小野]あとはメリハリがはっきりしてるよね。

吉田]そうだね。俺は体育会行った友達に羨ましがられることが多い。(笑)プロになることを考えたら体育会の方がいいんだろうけど、人生サッカーだけじゃないしね。そのバランスが自分たちで取れるのは良いよね。

井戸]それはあるよね。何より一緒に真剣に練習したり、飲んだり、旅行とかして一生ものの友達をつくることができたのが一番かな!

上野]素敵だね。(笑)

 

s__225361925

(井戸が所属する青山学院大学理工サッカー部)

 

北海道プリンスリーグから、新関東フットボールリーグへ。戦いの場所は移っても、その胸にある想いは変わらない。この春故郷を離れ上京したサッカー少年に伝えたいのは、同好会カテゴリーにも本気のチームが揃っていること。ボールが蹴りたくなったら、いろんなチームの練習に参加してみよう。きっと素敵な仲間に出会えるはず。道産子の皆さん、ありがとうございました!

中央大学 サッカー同好会のチームページ 青山学院大学 理工サッカー部のチームページ 法政大学 工体連サッカー部のチームページ 東洋大学 FC.Varienteのチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2016.12.14

【美女マネ特集vol.8】記念すべき第8回目は、だいたい全員8か国語くらい喋れそうなあのチームのマネ!

こんにちは!   ついに!!   美女マネ特集が!!   第8回目を迎えましたね!!   10回目や100回目は…

read more 上野澄人
コラム 2017.04.16

【マネの技術Vol.3】もしもの大怪我に備えておきたい技術をあの美女マネが!?〈応急処置編〉

ほとんど起きませんが、1年に数回は起こるのではないでしょうか。素人には判断がつきませんが、応急処置としてできること、してはいけないことがあります。 これを読んで、頼り甲斐のあるマネージャーになろ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

【美女マネ特集vol.4】第4弾は大統領選挙のトランプ氏のごとく新関東FL2部を首位で走るあのチームのマネ!

こんにちは!   トントントントンクリントン!でおなじみの美女マネ特集です!   いやークリントンさんも、トランプさんに負けてしまいましたね。 &nb…

read more 上野澄人
コラム 2018.04.01

【フットサル新歓記事vol.4】早稲田大学編(足猿キッカーズ、小手指FC、The Words、FC FALTA)

フットサルでも大好評の新歓企画! 満を持して紹介するのは、サッカー同様フットサルでも最多数を誇る「早稲田大学」です!! 早稲田大学からはFFCカレッジフットサルリーグに計4チーム参入しています…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.28

【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。   第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕から…

read more 齋藤優
コラム 2016.12.16

サッカー同好会都市伝説!?Premier Cupを制する者はマガ杯を制す!

いよいよ明日! 12月17日(土)~18日(日)の二日間で【Premier Cup EAST in 波崎】が開催されます。   そこで今回はPremier Cupについて耳寄り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more 澤田結人
コラム 2017.10.26

【BMOM79】終了間際の衝撃2発!!2連勝に導いた体同連エース遊馬幹彦(3年=熊谷西)

新関東リーグ2017・1部第2節、明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)の試合が鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた。 試合は体同連が退場者を出しなが…

read more 大塚朝史

-PICKUP CIRCLE-