【BMOM45】伊藤道隆(2年=明大中野) 魔の左足から2アシストを記録しEAGLE撃破に貢献

BeYonD 編集部

先日5月20日に行われた新関東カップ戦2回戦、上智大学EAGLE(以下EAGLE)と明治大学BeeVoo(以下BeeVoo)の対戦。
EAGLEが先制点を上げ勢いに乗り、順調に勝利するかと思われたが、BeeVooが14番小池(3年=幕張総合)の2得点の活躍で逆転に成功した。その後、同点に追いつかれるBeeVooであったが、小林(1年=明大中野八王子)の勝ち越し弾で3-2と勝ち越しに成功し、3回戦に駒を進めた。

img_4685
そんなBeeVooの逆転劇の活躍に花を咲かせたのが、46番の伊藤道隆(2年=明大中野)だった。
ボランチの伊藤は大きな体格ながら高い技術を武器に攻撃の軸となった。
左足から繰り出される変幻自在なパスでこの日2アシストの活躍
3点目の勝ち越しゴールの場面で伊藤はスタミナが切れた雰囲気をかもし出していたが、ボールを受けるとゴール前まで持ち込み、フリーの味方へアシスト。
1試合を通して高い展開力とスルーパスのセンスが光っていた。

img_4686
伊藤は試合に対して「自分は久しぶりの試合だったので、まずは土俵際(球際)では負けずしっかりと寄り切る(勝ちきる)ことを意識して試合に入りました」と力士かと思わせるようなコメントを残した。
さらにEAGLE戦を振り返り「チームとしては先制点を取られながらも、キャプテンの池田が後半開始直後にバックパスを敵にとられピンチを招いたおかげで、チームが引き締まりなんとか勝つことができた。隠れMOMはキャプテンの池田だと私は思う」と興味深いコメントをした。
この隠れBMOMが見当違いだと感じるのは私だけだろうか。(笑)
「個人として前半は、同じボランチの”親友?いやもはや家族と呼ぶべき存在“のともき君が敵に対して熱く感情的になっていたので、気を遣い重い体に鞭を打って走ってしまったため1ヶ月ぶりに心拍数が100を超えた。後半は前半に走り過ぎたせいで、今まで20年間私の体重を支えてくれた相棒のふくらはぎが悲鳴をあげ途中交代という不甲斐ない結果になってしまった」と運動不足なサラリーマンのような事を語った。
また次週の早稲田HUMAN戦に向けて「厳しい試合になることが予想されるので、しっかりとまわし(気)を締めて試合に臨みたいと思う。来週はBeeVooのリーサルウェポンこと辻本悠馬が来るので彼の活躍に注目してもらいたい」とユニークな回答をし、次週の試合にリラックスして臨めそうだと感じさせてくれた。

明治大学 BeeVooのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.03.31

「ちみら何者⁈」2019年度 曲者揃いのBeYonD運営メンバー紹介記事!!

みなさんこんにちは!   いつもBeYonDの記事を見てくれている方も初めての方もこんにちは!   2年前同じような入りの同じような記事を見てくれた方もこん…

read more 成瀬将希
コラム 2017.05.25

【BMOM42】鉄羅周太(2年=郡山)驚異の無回転キッカーの強烈な一撃で試合を決定づける!

5月20日新関東3部所属の首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は、同リーグ2部所属の慶應義塾大学FC.e.l.f.(以下:e.l.f.)と対戦した。 立ち上がりの得点で試合を優位に進めた八雲だったが、…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.22

【BMOM13】鷹野 友哉(3年) 復帰戦で底抜けの肺を披露

ドラマティックボーイ   明治体同連は、先日の新関東リーグ最終節で青山理工と対戦した。残留圏に残るために勝利が絶対条件であった。明治体同連は2点差をつけ勝利すれば、自力での残留を決め…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.04

【新入生必見!同好会チームガイドvol.10】中央大学編

MARCH特集も大詰めを迎え、今回は中央大学を紹介します! ギリギリ東京に位置し、広大な敷地面積を誇る多摩キャンパスや、理工学部所属の後楽園キャンパス周辺で活動するサークルが数多くあります! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.10

【新入生必見!同好会チームガイドvol.16】専修大学編

専修大学Sefida 【所属リーグ】 なし 【男性メンバー数】 77名 【女性メンバー数】 18名   【SNS・ホームページ】 https:/…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more 古平 翔太
コラム 2016.12.01

【BMOM17】八木俊輔(1年) 新生TRIOSの守護神が三ツ葉の猛攻を完封

謙虚なニュースターの誕生   関西同好会リーグ最終節、同志社大学三ツ葉キッカーズと関西大学TRIOSとの一戦。春の王者TRIOSには負けられない意地があった。押される場面も少なくない…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.10

【BMON114】遊馬幹彦(4年=熊谷西)カンテにアザール?!今回のBMONは多彩なプレーを持つあの男!

11月3日鹿島ハイツで行われた新関東1部第5節。明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)のフィジカルとテクニックが相対した。結果から先に言おう。結果は3対3。壮…

read more 寺島直哉
コラム 2017.04.16

【マネの技術Vol.3】もしもの大怪我に備えておきたい技術をあの美女マネが!?〈応急処置編〉

ほとんど起きませんが、1年に数回は起こるのではないでしょうか。素人には判断がつきませんが、応急処置としてできること、してはいけないことがあります。 これを読んで、頼り甲斐のあるマネージャーになろ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-