【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

BeYonD 編集部

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった
前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連を完封勝ちで交わしたグルービーCが、小気味良いパスワークと運動量で華麗に交わしていく。

試合序盤に重戦車小田島(3年=國學院久我山)が左サイドのドリブル突破から先制点を沈めるとその後も前半のうちに、87番中司、7番山本(共に3年=國學院久我山)がゴールを奪い、久我山トリオのゴールでグルービーBを万事休すへ追い込む。

後半へ入っても危なげない試合展開で相手を寄せ付けず、そのまま3-0で同チーム対決を制し、3年ぶりの明治王座に返り咲いた。

この試合のBMOMとして選んだのは、決勝点を決めたエース小田島ではなく、追加点を決めた中司、山本でもなく、
主将としてチームをまとめ上げたMF 40番竹井(3年=水戸商)だ。

img_0056

近年の不安定な成績の中で、昨年の好成績を引き継ぐプレッシャーは小さいものではないが、
先の新関東カップで準優勝、学内戦ではグルービーから2チームを決勝戦に進出させるという結果を出した。

まずは大会を通じて、チームの成長が一番大きかったと竹井は語った。
「大会を通じて、守備面が大きく成長したと思う。そこが勝利の1番の要因です」

実際に予選リーグでは歯車が噛み合わず危うい場面が多かったが、準決勝、決勝では相手の攻撃を封殺し、結果チームは大会無失点優勝を成し遂げた。
「準決勝では相手にハプニングもあったんですけど、まぁうまくいい感じにやれました。決勝は、やりづらかったですけど、グルービーでやれてとにかく楽しかったです。それに尽きます」

続いて自身のプレーについて振り返ってもらうと「本当に周りに助けてもらってばかりでした」と、謙虚に語った。

彼のプレーは華麗なドリブルや、強烈なシュートなど目立つプレーでは決してなかった。
しかし、正確なファーストタッチと確かなパスセンス、広い視野を存分に活かし、チーム全体に落ち着きとリズムを与え、常にチームの中央に君臨した。ディフェンスからの楔となり、確実に周りの選手にボールを散らして、攻撃のスタートとなる姿は我々が思い描く“THE ボランチ”ではないだろうか。

最後に今後の目標を語ってもらった。「取り敢えず今後一か月休養します」
そして、「その後はアットホームカップ、リーグ戦とタイトル総ナメします。稲穂さん、アットホームカップいなくて残念です。優勝させてもらいます」と、自信満々に語った。

img_0057

今回のインタビューを通じて、竹井の甘いマスクに騙されていたが、非常に口下手であることが発覚した。
試合中も大きな声でチームを鼓舞するタイプではなかったが、堅実なプレーでチームを率いた。
静かなキャプテンとして残りのビックタイトルに向けて、サークル界の勢力図をひっくり返すチームを作り上げることができるのか。

今後の竹井の活躍に大きく期待だ。

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.04.02

[新歓記事2021]vol.8 立教大学・青山学院大学・上智大学サッカーサークル

本日は、立教大学・青山学院大学・上智大学の3大学、全7チームについて紹介していきます!   立教大学サッカー愛好会 ・大学名チーム名 立教大学サッカー愛好会 ・サークルを一文…

read more 青木優太
コラム 2019.03.31

稲穂×Jヴィレッジ×復興交流会!

みなさんこんにちわ!長いはずの春休みももうすぐ終わってしまいますね、、、単位は無事に取れていましたか? 私は大学生活で初めてテストの存在すっかり忘れてて、すっぽかしました。あの日家で爆睡かまして…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.07

遂に開幕!新関東リーグPREVIEW SHOW 【前編】

10月16日、いよいよサークル界最高峰リーグとも呼び声高い新関東リーグが開幕する。昨シーズンはコロナウイルスの影響で降格がなかったため、今年は昨シーズンの8チームに昇格2チームを加えた全10チームで真…

read more 東 孝太郎
コラム 2016.12.28

【美女マネ特集vol.10】記念すべき第10回は同好会カテゴリー最古の歴史を誇り、来年で77期を迎えるあのチームのマネ!

  みなさんこんにちは!   なんと、、、。   美女マネが、、、。   ついに第10回を迎えました!! &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.11.28

【新関東リーグ2022・1部・6節マッチハイライト】1・2位直接対決や、負ければ降格が決まる試合など重要な試合がひしめく第6節。優勝、残留へ前進したのはどのチームか!?

早稲田大学HUMAN F.C.vs早稲田大学稲穂キッカーズ 前半開始直後は早稲田稲穂ペースで2度の決定機を迎えるがゴールには繋がらない。前半7分アーク右隣からの直接FK。ヒューマン28番小山尚紀(2…

read more 片岡優汰郎
コラム 2018.06.15

【BMOM98】西出有佑(3年=座間)が伝統の中大ダービーを制する決勝点!!

来たる6月10日、中央大学フースバルクラブ(:以下中央フースバル)と中央大学サッカー同好会(:以下中大サカ同)の両チームが待ちわびた因縁の中大対決がサークル界の「埼玉スタジアム2002」、ZOZOパー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.1

真剣勝負の場である新関東カップが今週末の5/28(土)より開幕する。 今年度は新たに予選リーグが導入され、予選各グループ1位の7チームと各グループ2位のうち成績上位1チームを加えた計8チームが決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-