【新関東カップ2017】ニューヒーロー賞”中島剣士郎”(1年=早大本庄)”

高橋佑輔

稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が圧巻の三連覇を果たし幕を閉じた新関東カップ2017。大会を通し多くの激闘が繰り広げられ、強豪チームがぶつかり合い、白熱した大会であった。4月から入学した新入生を加えた初の公式大会であった新関東カップ2017。早速たくさんの新入生がチームに馴染むとともに活躍し、選手層の厚いチームが見られた。

その新入生の中でも、3試合3得点を記録し稲穂キッカーズの優勝に貢献したとともに今後のサッカーサークル界を沸かせていくであろうこの選手に注目したい。

img_0790

ニューヒーロー賞

稲穂キッカーズFW ”中島剣士郎”(1年=早大本庄)

彼は今大会を通し、稲穂のロングボールに対し持ち前の俊足を生かした抜け出しを果敢に行った。スピードだけでなく、時には相手を背負うようにしてボールを受けると鋭いターンからチャンスを演出した。そして何より注目したいのが圧倒的な決定力である。準々決勝のFC.GUSTA戦では攻め込まれる時間が長かったものの、少ないシュートチャンスを確実にものにし2得点をマークした。

ニューヒーロー賞受賞に関して中島は
「率直に嬉しいです。ただ、あくまでこの大会だけの活躍で取れた賞であって、自分が活躍できたのは運もあったし、素晴らしいアシストがあったからだと思います。だから、この賞を貰えたことに感謝しつつも、慢心せずこの活躍を継続できる選手に成長していきたい。」
と喜びながらも自身に傲ることなく話した。

今大会について伺うと
「今回のカップ戦では、点を取れたりなど活躍した面もあれば、決勝を怪我で出れなかったなど、とても濃い期間だった。色々な意味で成長出来たのではないかと思う。」
と振り返った。決勝直前の練習で膝を故障し無念の欠場となったのは心残りである。

また「自分はFWなので得点を取るということにはもっと貪欲になりつつ、アシストで周りを得点させられる選手になりたいです。また、守備の始まりは攻撃陣からなので、スタミナをつけて守備もできる選手になりたいです。特に、長瀬さんはどのサークルのエースよりも際立っていて、憧れつつも目標にしたいと改めて感じた。」
と三冠日本一という絶対的な目標へ向けさらなる飛躍を誓った。中でも10番長瀬に敬意を寄せているように、この二人が中心となる攻撃陣には今後の大会での爆発に期待が寄せられる。img_3004

そしてニューヒーロー賞の中島はライバルとしてFC.GUSTA 糸井祥大(1年=早大本庄)の名前を挙げた。
「彼とは中学から学校もクラブチームも高校も同じで、やっと大学のサークルで離れることができて、嬉しく思っています。長い足から繰り出される正確無比なロングボール、どんな相手も置き去りにするスピード、カットインからの強烈なミドル。もし、彼がこの大会に出場していたらと考えるとゾッとします。しかし、3試合に1点はオウンゴールをしてしまうという弱点があるので、今後そこをついていけたらなと思っています。」
と腐れ縁のライバルについて笑いながら話してくれてた。今後彼らが早稲田のサークルサッカーを引っ張っていくのだろう。

img_3003

(写真はFC.GUSTA所属 糸井祥大)

「三冠日本一」を至上命題とし勝利だけが求められる稲穂キッカーズ。この常勝軍団の期待の超新星が今後どこまでサークル界をうならせるのか、目が離せない。

 

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.07.13

【新関東カップ2018】大会総括

4月末から始まり7月1日(日)に閉幕した『新関東カップ2018』。 今回はその大会を簡単に振り返るとともに 最後に、BeYonDが取材を通じて感じたことについて言及していきたい。 優勝 中…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.10.13

【スパイク特集vol.1】 ~スパイクの名前にあるHGやFGって何の略?~

みなさん自分のスパイクに愛着やこだわりはありますか? デザインやメーカー、革の種類やポイントの形状、フィット感や値段など… 一足のスパイクを買うだけでも、たくさんの要素を踏まえた上で選んでいると思…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.13

【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね! 夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。 そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”。 プレイヤーの真…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.28

【新関東FL一部第3節】中央ダービー含めた4試合の見どころ

第1試合(9:00 ko) 明治大学体同連サッカー部vs稲穂キッカーズ 前節、両チームとも完勝したこのカードは先制点が鍵となるだろう。両チームのキャプテン共に守備に重点を置き、「まずは守備をしっかり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【BMOM105】安東尚宏(3年=國學院久我山)創立初の稲穂狩り!帰ってきたスーパーエースが歴史的勝利の立役者!

新関東リーグ2018の1部第1節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の試合が鹿島ハイツで行われた。 新関東リーグ3連覇を果たすため、初戦は絶対に落…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.08.24

【各サークルの面白い人たち特集】vol.2 中央大学体同連フースバルクラブ:渡部雄飛

こんにちは!BeYonD編集部です!   各サークルの面白い人たち特集vol.2中央大学体同連フースバルクラブの渡部雄飛さんにインタビューさせていただきました!  …

read more 早坂
コラム 2017.05.31

【BMOM49】巽健(3年=都立三鷹)”持っている男”のシュートセンスがジャイアントキリングを巻き起こす!

1回戦から勝ち進んできた首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は昨年2部上位で慶應義塾大学の学内戦を制した慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)と対戦した。 格上との対戦となった八雲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.28

【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。 早稲田稲穂 - 明治体同連 1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.27

【新歓記事2021】vol.3 慶應義塾大学サッカーサークル その1

2021年新歓記事第3弾では、慶應義塾大学の4つのサークルを紹介します! 慶應生限定のチームもインカレのチームも、どちらも魅力たっぷりなので必見です!!✨    …

read more 田中菜々美

-PICKUP CIRCLE-