【新関東カップ2017】ニューヒーロー賞”中島剣士郎”(1年=早大本庄)”

高橋佑輔

稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が圧巻の三連覇を果たし幕を閉じた新関東カップ2017。大会を通し多くの激闘が繰り広げられ、強豪チームがぶつかり合い、白熱した大会であった。4月から入学した新入生を加えた初の公式大会であった新関東カップ2017。早速たくさんの新入生がチームに馴染むとともに活躍し、選手層の厚いチームが見られた。

その新入生の中でも、3試合3得点を記録し稲穂キッカーズの優勝に貢献したとともに今後のサッカーサークル界を沸かせていくであろうこの選手に注目したい。

img_0790

ニューヒーロー賞

稲穂キッカーズFW ”中島剣士郎”(1年=早大本庄)

彼は今大会を通し、稲穂のロングボールに対し持ち前の俊足を生かした抜け出しを果敢に行った。スピードだけでなく、時には相手を背負うようにしてボールを受けると鋭いターンからチャンスを演出した。そして何より注目したいのが圧倒的な決定力である。準々決勝のFC.GUSTA戦では攻め込まれる時間が長かったものの、少ないシュートチャンスを確実にものにし2得点をマークした。

ニューヒーロー賞受賞に関して中島は
「率直に嬉しいです。ただ、あくまでこの大会だけの活躍で取れた賞であって、自分が活躍できたのは運もあったし、素晴らしいアシストがあったからだと思います。だから、この賞を貰えたことに感謝しつつも、慢心せずこの活躍を継続できる選手に成長していきたい。」
と喜びながらも自身に傲ることなく話した。

今大会について伺うと
「今回のカップ戦では、点を取れたりなど活躍した面もあれば、決勝を怪我で出れなかったなど、とても濃い期間だった。色々な意味で成長出来たのではないかと思う。」
と振り返った。決勝直前の練習で膝を故障し無念の欠場となったのは心残りである。

また「自分はFWなので得点を取るということにはもっと貪欲になりつつ、アシストで周りを得点させられる選手になりたいです。また、守備の始まりは攻撃陣からなので、スタミナをつけて守備もできる選手になりたいです。特に、長瀬さんはどのサークルのエースよりも際立っていて、憧れつつも目標にしたいと改めて感じた。」
と三冠日本一という絶対的な目標へ向けさらなる飛躍を誓った。中でも10番長瀬に敬意を寄せているように、この二人が中心となる攻撃陣には今後の大会での爆発に期待が寄せられる。img_3004

そしてニューヒーロー賞の中島はライバルとしてFC.GUSTA 糸井祥大(1年=早大本庄)の名前を挙げた。
「彼とは中学から学校もクラブチームも高校も同じで、やっと大学のサークルで離れることができて、嬉しく思っています。長い足から繰り出される正確無比なロングボール、どんな相手も置き去りにするスピード、カットインからの強烈なミドル。もし、彼がこの大会に出場していたらと考えるとゾッとします。しかし、3試合に1点はオウンゴールをしてしまうという弱点があるので、今後そこをついていけたらなと思っています。」
と腐れ縁のライバルについて笑いながら話してくれてた。今後彼らが早稲田のサークルサッカーを引っ張っていくのだろう。

img_3003

(写真はFC.GUSTA所属 糸井祥大)

「三冠日本一」を至上命題とし勝利だけが求められる稲穂キッカーズ。この常勝軍団の期待の超新星が今後どこまでサークル界をうならせるのか、目が離せない。

 

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.05.14

【2018新歓ムービー紹介vol.1】稲穂キッカーズ、立愛、学団連、HUMAN

  新入生の皆さん! そろそろサークルは決まったでしょうか???? ゴールデンウィークが過ぎて、新歓期も落ち着いてきた頃だと思います。 今年もいろんな人から「○万使った〜」「…

read more 篠田 麻衣
コラム 2017.08.09

【プレスリリース】株式会社アイ・パッションとスポンサーシップ契約締結!!

この度、2017年7月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社アイ・パッション(代表取締役:浅井慎吾)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.11

【BMOM9】CB福田拓也(3年) 先制点を挙げ勝利に貢献

 攻守の要  福田   第5節、4連勝で勝ち点12と首位を走る稲穂は、勝ち点1差の立教愛好会と対戦した。結果は誰もが驚いただろう。5-0で稲穂が大勝した。稲穂の攻撃陣が爆発するきっか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more 大塚朝史
コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学その1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2017.02.25

[BMOM28] 藤生凛太郎(1年=柏日体)「輝くシャドーストライカー」

「あとは合わせるだけでした」   上智大学学内戦、上智大学サッカー愛好会と上智大学FUN-ta-SISTERとの決勝戦は立ち上がりから膠着状態が長く続き、後半に突入してか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.29

【サークルの起源vol.1】第一回目はサッカーよりお酒!?なあのチーム

みなさんは自分たちのサークルがどのようにできたか知っていますか? なかなか知る機会がないのではないでしょうか! なので自分が所属しているサークルのことをより知ってほしいと思いこの企画を作り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more 大塚朝史
コラム 2017.05.26

【BMOM45】伊藤道隆(2年=明大中野) 魔の左足から2アシストを記録しEAGLE撃破に貢献

先日5月20日に行われた新関東カップ戦2回戦、上智大学EAGLE(以下EAGLE)と明治大学BeeVoo(以下BeeVoo)の対戦。 EAGLEが先制点を上げ勢いに乗り、順調に勝利するかと思われたが…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-