【東西交流戦】関西選抜が関東選抜に1-0で勝利!!両チームの監督を務めた宮沢ミシェル氏、三浦淳寛氏にインタビュー!

BeYonD 編集部

8/2~4にかけて東西の中間地点・静岡で行われた東西交流戦。

 

カテゴリー唯一となる関東と関西の強豪が集う貴重な機会である本大会、第七回目となる今年も熱戦が繰り広げられた。

 

66296

 

8チームの中で勝ち点を最も稼いだのが関東の早稲田大学HUMAN FC。とにかく明るいFW藤林や名前が特徴的なMF緒方哲人(てつんど)を中心に完成度の高いサッカーを展開した。

 

また注目したいのは今大会の目玉である、元日本代表である宮沢ミシェル氏と三浦淳寛氏による直接指導だ。

 

s__9568259

 

普段指導されることのない同好会カテゴリーにおいて、解説者、指導者として活躍中の二人からの指導を受け大会期間中にパフォーマンスが伸びるチームが多く見受けられた。

 

そして、大会三日目にはその二人がそれぞれ監督を務め関東選抜対関西選抜の試合が行われ、ハイレベルな試合が繰り広げられた。以下選抜メンバー、戦評である。

 

<関東選抜>
監督:宮澤ミシェル氏

1 那須 将司(早稲田大学FC GUSTA)
2 関 慎之介(早稲田大学FC GUSTA)
3 笠原 優大(早稲田大学HUMAN FC)
4 星 知希(青山学院大学理工サッカー部)
5 安藤 史弥(青山学院大学理工サッカー部)
6 佐々木 壮一朗(青山学院大学理工サッカー部)
7 緒方 哲人(早稲田大学HUMAN FC)
8 土佐林 佑(青山学院大学理工サッカー部)
9 中村 友樹(立教大学サッカー愛好会)
10 藤林 拓哉(早稲田大学HUMAN FC)
11 宝代 智幸(早稲田大学HUMAN FC)
12 常盤 圭(立教大学サッカー愛好会)
13 池田 洋平(早稲田大学FC GUSTA)
14 西田 雄河(立教大学サッカー愛好会)
15 浅田 拓郎(立教大学サッカー愛好会)

 

s__9568260
<関西選抜>
監督:三浦淳寛氏

1 林 亮輔(関西大学FC TRIOS)
2 井上 大誠(立命館大学FC CRACKS)
3 岡室 弘毅(立命館大学FC原谷)
4 吉井 宏季(関西大学FC TRIOS)
5 松木 計篤(立命館大学FC原谷)
6 中切 諒真(立命館大学FC原谷)
7 柴田 拓海(立命館大学FC CRACKS)
8 村嶋 慶哉(京都大学理工サッカー部)
9 森井 凌太(関西大学FC TRIOS)
10 村田 昇太郎(立命館大学FC原谷)
11 楠本 純也(立命館大学FC CRACKS)
12 松川 宏二(立命館大学FC原谷)
13 茂山 仁哉(立命館大学FC CRACKS)
14 榎本 昌悟(京都大学理工サッカー部)
15 大滝 隆(京都大学理工サッカー部)

 

s__9568261

(スポーツマネジメントHPより引用)

 

 

 

【戦評】

猛暑の中、EAST選抜のキックオフで試合が始まる。
この日すでに2試合を消化していながらも、激しい球際の奪い合い、一進一退の攻防が連続し全く疲労を感じさせない両チーム。

開始直後から、WESTがキーパーとの一対一を迎えるも、EAST1番那須(GUSTA)がビッグセーブ。白熱した試合展開を予期させた。

WESTは前半5分、楠本(CRACKS)が高い位置から絶妙なフリーキックを混戦のエリア内へ蹴り込むもうまく合わせることが出来ず。

EASTはここまで交流戦全勝の前線HUMANトリオ、藤林、宝代、緒方を中心としたパス回しでWEST守備陣を崩しにかかる。

前半10分、EASTが前線で緒方、藤林、佐々木(青理)と繋げセンタリング。中で待つ宝代が頭で合わせるもボールはゴール上へ外れる。

前半15分はWEST。子気味よく繋いだボールをバイタルエリア中央から仲切(原谷)がフリーでシュートを放つも、ボールはゴールを超えここで前半終了。

選抜同士の攻守にわたるハイレベルな戦いが続いた。

 

後半に入り、7分、EAST中村(立教)がFWの浅田(立教)、宝代とパス交換をし中央へ切り込み、最後は再び宝代がセンタリングを頭で合わせるも枠外。

その直後試合が動く、EAST最終ラインのボールをWESTが奪い、最後は芝山(CRACKS)が冷静に沈めついに先制。

結局このゴールが決勝点となり、昨年まで続いたEAST負けなしをWESTが壊し、勝利を挙げた。

 

 

最後に、第一線で選手として活躍していた宮沢ミシェル氏、三浦淳寛さんの目には同好会カテゴリーはどのように映っているのか伺ってみた。

 

宮沢氏「七年前、初めてこの大会に来るまでは、自分が学生時代ずっと体育会でプレーをしていてたのもあって正直いいイメージはありませんでした。(笑)。でも実際生で見てみるとみんな本当に真剣だったんです。」

 

三浦氏「それは本当にびっくりしましたね。直接指導をしているとき、みんな小学生みたいに純粋な目で私を見てくるんですよね。(笑)」

 

 

s__9568262

 

 

宮沢氏「みんな吸収力がすごいよね。あと、当日の夜中に出発してきたのに朝会場に着くなり、グラウンドでボールを蹴り始める姿を見て、みんな本当にサッカーが好きなんだなあって嬉しくなりました。(笑)」

 

三浦氏「今回は各チームに短い時間しか指導できなかったけど、みっちり一日トレーニングとかしたら面白そうだなあと思いましたね。皆さんこれからも頑張ってください!」

 

最終日、選手たちの表情から疲労感以上に充実感が感じ取れたことは言うまでもない。元日本代表からの指導を受けた各チームの今後の活躍に注目だ。

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.12.06

【BMOM87】吉崎光(3年=八千代) チームを引っ張り続けた代表の闘志が勝利を呼び込む

【新関東リーグ2017・1部入れ替え戦】Zozopark Honda Football Area 明治大学体同連生田サッカー部蹴友会 2-1 明治大学ESPERANZA 2017年新関東1…

read more 高木啓行
コラム 2016.11.25

【新関東FL1部昇格戦】マッチプレビュー

各リーグ熱戦を制し、新関東FL1部昇格への挑戦権を得た2チーム 早稲田F.C.GUSTAと明治生田サッカー部蹴球会 2年前の自動昇格戦と同カードになるとは、 いったいどんな神のいたずらな…

read more 古平 翔太
コラム 2019.07.29

【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

約1年半ぶりにこの企画が復活します! “マネの想い” 大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在 また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。 様々なチ…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.08.09

【プレスリリース】株式会社アイ・パッションとスポンサーシップ契約締結!!

この度、2017年7月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社アイ・パッション(代表取締役:浅井慎吾)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.03.25

【新歓記事2020】vol.3 慶應大学

新関東の主要大会で毎回上位に入っている慶應大学。その慶應大学のサッカーサークル4チームを紹介します!! 新型コロナウィルスの影響で新歓ができない中、サークルの情報はSNSしか得られないと思うので、新…

read more 落合陸
コラム 2017.04.30

【BMOM34】西岡祥樹(3年=東久留米総合)大型フォワードのハットトリックで新関東初勝利を逆転で飾る!

東洋大学FC Liberte FW 西岡祥樹(3年=東久留米総合) 今年度、新関東フットボールリーグに参入した技巧派集団東洋大学FC Liberte(以下:リベルタ)の初の公式戦の…

read more 古平 翔太
コラム 2017.11.15

【BMOM83】フースバルを勝利へと導く左足!膠着を破った左SB中村豪(2年=洛南)

2017年11月11日、ZOZOPARKにて新関東リーグ・1部第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 試合は…

read more 大塚朝史
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more 金子樹
コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more 高橋優斗
コラム 2017.10.16

【新関東リーグ2017・2部Aブロック第1節】新関東1部を懸けた険しい戦いが始まった!

先週末に行われた新関東FL2017 2部Aブロック第1節は鹿島ハイツにて行われた。1部への狭き門はどのチームが通ることができるのだろうか。 今年度、いい結果を残してきている慶應義塾大学理工サッカ…

read more 浅川大樹

-PICKUP CIRCLE-