【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

BeYonD 編集部

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。

早稲田大学World Cup Kickers

屋久凌馬(4年=市立浦和)

img_0541

--まずは1,2年次を振り返って貰った。
『なぜワールドにしたかって言うと、元々高校までガッツリサッカーをやっていて、部活には入らないって決めていて、まぁサークルでやるんだろうなって思いがあった。新関東のチームとも悩んでたけど、新関東のイメージが土日に試合があって、練習ガッツリやるって言う高校時代の生活リズムとあんまり変わらないのかなって言うのを抱いていて。ユニオンは平日しかないし、他にも時間を使えるし、サッカーをやりたいときはガッツリやれる。それで高校の先輩もいたってことでワールドを選んだ。あともう1つはワールドの人柄が本当によかったな』と語った。

 

彼は就活を始めるとうの昔から、人の良さと言うものを身に感じていたのだ。
ユニオンリーグは前後期にそれぞれリーグ、年を通じてのカップ戦がある。

 

ワールドは自称少数精鋭を謳っているそうで、人数もそこまで多くはなく、参加率の高かった屋久は一年生の頃から試合に出て、リーグ戦で優勝も経験している。

 

『入ってみて思ったのは、思ったより全然レベルが高かった。ワールド自体もそうだけど、ユニオンリーグのレベルも高くて、サッカーの楽しさって所も申し分なかった』

 

同好会カテゴリーのレベルの高さに驚きながらも、サッカーを楽しめていたようだ。当初、彼がサークルを選ぶ基準としていたものを十分に満たしたのではないだろうか。

 

img_0543
--2年次の夏に幹部を引き継ぐ。

 

『ウチのサークルってちょっと特殊で、プレーヤーもインカレっちゃインカレで。入ってるやつの友達でくすぶってる他大学のやつも入ったりする。そう言うのもあって、俺らの代のプレーヤーは早稲田生が4人しかいなくて。でも幹部は早稲田がいいよねってなった。それで俺は上とも下とも良く絡みがあったし、一年生からガッツリサッカーもやっていたから会計兼副キャプテンになった』

 

こうして屋久の代の幹部学年がスタートした。
会計、そして副キャプテンとして辛かったことを聞いて見た。

 

『サッカーの面でいうと、サークルってやっぱり強制じゃないから、うまいけどあんまり来てくれない人をどう呼ぶかとか、たくさん来てくれるんだけど、試合に勝ちたいって時に出してあげられない人とかの葛藤とかは難しかったかな』

 

少数なサークルの分、一人一人との距離が近い故に、大規模なサークルよりもより難しい部分かもしれない。

 

運営面では、自分はあまり辛い思いをしなかったという。
『その分、幹事長が辛かったと思う。だから自分はそのサポートかな。幹事長はあんまり自分の頑張りとかを見せないタイプで結構批判とかが集まっちゃうんだけど、そこの誤解を解いたり。あとはキャプテンも結構サッカーに熱があるタイプだったから、自分はあんまり出れてない子のサポートをしてたかな』

 

謙遜しながらも、どちらに重点も置かず、常にチームのつなぎ役として自分の役割を全うしてたように思えた。
群雄割拠の早稲田では、新歓で新戦力を迎えるのは至難のように思え、そこではどのようにチームを売るかも大事なことだろう。

 

『やっぱりワールドって人で売ってる部分が多かったから、新歓の時にも嘘はつかず正直に話してた。入ってあんまり合わない見たいのは勿体無いしさせたくなかった。もっとキラキラできるサークルもあるかもしれないし、試合にもあんまり出られないかもしれないっていうのは正直に伝えてた。それでも入ってくれた子は今でも続けてるし、正解だったのかなとは思う』

 

屋久がサークルを決めた大きな要因の人柄という部分を、自分が勧誘する立場でも売りにした。目には見えない伝統をつなぎ役として上から下へ受け継いだのだ。
また、『試合とか合宿とかイベントとかに参加して当たり前って思ったらおしまいと思ってて、そこでは必ず来てくれてありがとうって声かけは欠かさないようにはしてたかな』

 

小さな声かけを絶やさずに、プレーヤー、マネージャー誰に対しても感謝を持って接し続けた。まさに”人のワールド”を体現していたのだろう。

 

彼の”つなぎ役”としての活躍もあったのだろう。入部当初に比べ、ワールドの部員は倍近くの人数にもなっているという。

img_0540

--最後にワールド入ってよかったことを聞いた。

 

『普段の合宿は宴会とかもあって普通に盛り上がるんだけど、グアムチャンピオンシップに出た時は周りも強いチームばっかりで、宴会もできなかったからちょっと不安だった。だけどお酒とかもなしでも泊まり込みの合宿をめちゃくちゃ楽しめて、いつの間にかそういう仲間が出来てたんだなって思った。だからそういう仲間が出来たことがやっぱりワールドに入って1番よかったことかな。その時優勝した中大同好会にも勝って実質優勝見たいのも味わえたし(笑)』
就活終わりたての取材となり少し就活を匂わせることも言っていたが、彼がサークルを決めたきっかけを常に信条のように大切にし、幹部間だけでなく、大きな組織のつなぎ役として、より大きなサークルに成長させることができたのではないのだろうか。

 

四年生として、ユニオンリーグには参加するつもりはないがイベントには参加するようだ。
彼が見守る中で、つなぎ役として1つにまとめあげたワールドが悲願のユニオンリーグ制覇を果たすのを期待しよう。

早稲田大学 WorldCupKickersのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.03

【イケメン特集vol.1】筋肉ゴリゴリ色黒爽やかイケメン!

こんにちは!   8月も終わり、9月から同好会カテゴリー一大イベントマガジン杯がとうとう始まりますね! この大会にかけてるチームも数多いと思います。みなさん怪我に気をつけて…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.11

【BMOM25】 伴勇(1年=松本山雅Y) 寄せ集めのチームを決勝まで導いたキャプテンの心意気が歓喜の瞬間をもたらす!

新人戦1年生大会②の決勝戦は成蹊大学FC kanoaと法政大学学団連サッカー部の激しい攻防が繰り広げられた。技巧派集団法政学団連の攻撃陣を無失点で抑え込み、1-0の接戦をものにした成蹊大学FC kan…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.10

【新歓ムービー紹介vol.1】稲穂キッカーズ、A.C.Campione、慶應キッカーズ、フースバル

早稲田大学 稲穂キッカーズ https://drive.google.com/file/d/0B1o_D2myHYM1S1c5aFJ2dUNLZWc/view?usp=sharing 【コンセ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.20

【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。 決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝
コラム 2017.05.31

【BMOM49】巽健(3年=都立三鷹)”持っている男”のシュートセンスがジャイアントキリングを巻き起こす!

1回戦から勝ち進んできた首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は昨年2部上位で慶應義塾大学の学内戦を制した慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)と対戦した。 格上との対戦となった八雲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.18

【全米に見せたい】青山学院大学理工サッカー部のモチベーションムービーがすごい!!!!

2009年チャンピオンズリーグ 決勝『バルセロナvs.マンチェスターユナイテッド』 世界一を決める重要な試合前にバルセロナのグアルディオラ監督が選手にみせたこちらのビデオをご存知でしょうか?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.14

【2018新歓ムービー紹介vol.1】稲穂キッカーズ、立愛、学団連、HUMAN

  新入生の皆さん! そろそろサークルは決まったでしょうか???? ゴールデンウィークが過ぎて、新歓期も落ち着いてきた頃だと思います。 今年もいろんな人から「○万使った〜」「…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.07

【チームの根vol.6】”敏腕会計士” 立教大学サッカー愛好会 岩佐 顕三郎(4年=広島なぎさ)

立教大学の雄として、実力、そして周りが羨むほどの雰囲気を兼ね備える立教大サッカー愛好会(以下、立愛)。 今回は、立愛を会計長と言う一見地味な役職、マガジン杯の"Dキャプテン"としてチームを支えた男に…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-