【BMOM78】浅田拓郎(3年=農大一高)怪我からの完全復活を果たしたこの男が試合を決めた!

那須将司

新関東リーグ1部第2節、立教大学サッカー愛好会(以下立愛)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下フース)の一戦が行われた。
前節、明治大学生田蹴友会に3-0で勝利し、初戦から調子の良い立愛は、今節でも攻撃陣の活躍が期待されていた。
一方のフースも、カップ戦,マガハイで既に二冠を達成している早稲田大学稲穂キッカーズに0-0で引き分けており、守り抜いた守備陣の活躍が期待された。

両者、優勝に向けて負けられない一戦となったこの試合は、思いのほかすぐに試合が動き、前半16分には立愛が2-0でリードするという展開だった。
しかし、多彩な攻撃で立愛ゴールを脅かし続けたフースが、後半の23分に2-2の同点追いつく。という熱い展開が待っていた。

そんな中、試合の勝敗を左右したのがこの男。
立教大学サッカー愛好会10番 浅田拓郎(3年=農大一高)だ。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

同点に追いつき、勢いづくフースが、立愛陣内でボールを持つ時間が増え、「逆転するのも時間の問題か」と思われていた。
しかし、前がかりになっていたフースを、この男が押し倒すこととなる。

これまで、相手を背負うプレーや前線からのプレスで疲労が見え始めいていた浅田だったが、後半32分、中盤でボールを奪い、11番藤田(3年=暁星国際)が右サイドを駆け上がると、浅田も気合の猛ダッシュ。
クロスに頭で合わせて勝ち越しゴール。

さらに、直後の後半38分にもカウンターで抜け出した浅田はそのまま独走し、勝利を確信させる追加点を挙げる。
終始攻撃の起点となり続けた浅田は、自身も2得点の活躍でチームを勝利へ導いた。

dmof4bqvwamfbz_

この時の気持ちについて浅田は「正直、めちゃくちゃつらかった(笑)でも怪我期間中にいろいろな発見があったり、チームのために頑張ろうっていう気持ちがあったから、気合で走ったよね!」とコメント。

また、試合を振り返って、今後のリーグ戦について質問すると「みんなが気持ちの入った拮抗した試合を勝ち切れたのはデカい。でも、フース戦からはしっかりと切り替えて、立愛らしく全員でグルービーに勝ちたいと思います!ガヤも楽しみにしてます!」とコメント。

優勝候補フースに勝利し、開幕から2連勝と波に乗る立愛。
次節は明治大学Groovy kidsとの対戦となるが、2試合7得点と爆発的な攻撃力を誇る立愛を支える浅田に今後も期待したい。

 

 

立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

那須将司

nasu

早稲田大学 FC.GUSUTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.10

【新関東リーグ2017・1部第6節】マッチプレビュー

2017年11月11日、ZOZOPARKにて新関東リーグ1部・第6節が行われる。 開幕からすでに5節消化し、残すところあと2節となり優勝争い、残留争い共に目が離せない展開となった。 そこで今回は第…

read more 大塚朝史
コラム 2017.01.04

【美女マネ特集vol.11】新年一発目は実験とサッカーに明け暮れるあのチームのマネ!

  あけましておめでとうございます!   あけおめ!!     あけおめと美女マネって似てますね!! 枝豆もその部類に入り…

read more 上野澄人
コラム 2017.10.28

【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。 早稲田稲穂 - 明治体同連 1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サ…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more 古平 翔太
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM6】MF小田島圭吾(2年) ゴリゴリとゴールを決め2得点の活躍

重戦車 小田島 第5節、6位明治大学グルービーキッズは、明治大学体同連サッカー部と対戦した。結果は3-0とグルービーが明治ダービーを制した。明治ダービー勝利の立役者は、2得点と大活躍した23番小田島…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.17

【新関東リーグ2017・1部最終節】マッチプレビュー 激化する残留争いまとめ!

2017年11月18日 鹿島ハイツにて新関東リーグ最終節、全4試合が開催される。 本日までに全チーム6試合消化し、残すはあと1節となった。 現在優勝の可能性が残されているのは早稲田大学稲穂キッ…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.07

【BMOM103】見崎大地(3年=狭山ヶ丘)意地の2連続PKストップ!

7月7日に東戸塚フットボールパークで行われた、明治学院学内戦決勝は白金FC.C vs 白金FC.D。白金FC同士の一戦となった。 30度を超え、給水タイムが設けられるほどの暑さ。その中、試合をよ…

read more 落合陸

-PICKUP CIRCLE-