【新関東リーグ2017・2部A第4節ハイライト】慶應の2チームが勝ち点で並び首位争いを展開!!

古平 翔太

日本大学教育サッカーBAMBINO – 日本大学生産工サッカー部

日大BMBINOはサイドバックのオーバーラップを活かした攻撃で攻め立て、日大生産工も中盤でのボール奪取からのカウンターで得点チャンスを演出するも互いに決めきれず前半はスコアレスで終了。 後半6分19番上別府(3年=東久留米)が小気味良いドリブルでディフェンスをはがし強烈なミドルシュートで日大BAMBINOが先制。12分73番野々村(2年=東久留米)の技ありゴールで追加点を挙げると20分にも17番宍戸(3年=日大三島)のフリーキックで日大生産工を退けた。

 

慶應義塾大学キッカーズフットボールクラブ– 首都大学東京八雲FC

前半開始早々67番川島(1年=ヴェルディY)のスルーパスに抜け出した10番斎藤(3年=渋谷幕張)が冷静に流し込み先制。22分、32分と齋藤が能力の高さを見せつけ前半のうちにハットトリックを達成。 後半も慶應キッカーズがゴールを量産する。川島が抜群の個人技から2得点を上げ、8番奈雲(3年=國學院久我山)も齋藤のクロスを押し込み連続得点。後半32分に首都大八雲14番巽(3年=都立三鷹)が強烈なミドルシュートで一矢報いるも個人の能力の違いを見せつけた慶應キッカーズが大勝を収め得失点差により暫定首位に浮上した。

img_1021

 

慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 – 慶應義塾大学FC.e.l.f.

前半から、アットホームカップ制覇で勢いに乗る慶應リコタイが試合を支配するも、慶應elfの気持ちの入った守備とボールが枠に嫌われるなど、リコタイ優勢ながらもスコアレスドローで前半を折り返す。

後半立ち上がり5分、慶應リコタイはペナルティーエリア内でのヒールでの技ありの落としを79番舘野(2年=下妻第一)が冷静に沈める。畳みかけるように攻める慶應リコタイはシュートのこぼれ球を41番滝澤(3年=平塚中等)が押し込み追加点。止まらない慶應リコタイは111番工藤(2年=小松川)がダメ押しの3点目。終始試合を支配し、慶應ダービーを制した。

img_1019

 

東京大学FC駒場 – 駒沢大学サッカー同好会

前半2分28番鳥渡のシュートがポストに当たったこぼれ球を7番馬場が押し込み早々先制点を挙げる。その後試合は落ち着き互いにチャンスを迎えるも決めきれないまま前半は終了。 後半は徐々にチ中盤にスペースが生まれカウンターの応戦。試合が動いたのは後半25分。駒澤同好会66番円田(1年=市立南)のミドルシュートがポスト左に当たりそのままゴールへ吸い込まれる。スコアはこのまま動かず残留のかかった2チームで勝ち点1を分け合う結果となった。

 

【第4節】(11月5日)

[鹿島ハイツスポーツプラザ第二グラウンド]

日大BAMBINO 3–0日大生産工
[B]上別府(41分)、野々村(47分)、宍戸(55分)

慶應キッカーズ 6–1 首都代八雲
[キ]齋藤(4分)、(22分)、(32分)、川島(45分)、(50分)、奈雲(47分)
[八]巽(67分)

慶應リコタイ 3–0 慶應e.l.f.
[リ]舘野(40分)、滝澤(45分)、工藤(65分)

東大駒場 1–1 駒沢同好会
[東]鳥渡(2分)
[同]円田(60分)

c5e8877b-d83e-4532-b6d3-fbfb6ce5bdbe

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more 澤田結人
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.23

【BMOM40】千葉光輔(3年=上尾)ピッチ上を駆け回るひと際目立つ男の1発で試合を決定づける。

5/20に行われた新関東カップ2回戦、日本大学理工学部サッカー部(以下日理)vs東京大学駒場FC(以下駒場)は2-0で日理が勝利し、3回戦へ駒を進めた。 気温は28度、天然芝の照り返しも考えると…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more 高木啓行
コラム 2017.02.04

2年生学年大会 みどころ

2月5日・6日に鹿島ハイツにて2年生大会が行われる。昨年度の1年生大会は神奈川大学Colpoが決勝で立教愛好会に3-1と勝利し優勝している。しかし、前回大会覇者の神奈川大学Colpoは、今回の大会には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.25

【マネの想いvol.1】 ”プレーヤー目線に立てるマネージャーでいるために”

大学サッカー同好会カテゴリーにおいてマネージャーは必要不可欠な存在である。また、マネージャーのあり方もチームによって大きく異なる。本企画は、様々なチームのマネージャーの想いをインタービュー形式で探って…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.26

【4/10(火)開催】BeYonD ×Criacao コラボイベント「まだ間に合う!内定直結!?自己表現セミナー」開催決定!

今年も桜が見ごろになってきました。 4年生の多くは思い出がたくさん詰まった大学の卒業式を迎え、社会人に向け本格的な準備を始めている頃でしょう。 そんな中、新4年生は就職活動真っ只中!! …

read more 古平 翔太
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more 澤田結人
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more 古平 翔太
コラム 2019.07.16

【BeYonD History vol.2】”サッカー同好会を胸張って語れる場所にしたい”高橋佑輔

普段は中の人が見えないBeYonDのこれまでとこれからを紐解いていく新企画BeYonD Historyvo.1はもう読んでいただけましたでしょうか?vol.2はvol.1に登場した"真面目老害"の古平…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-