【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

BeYonD 編集部

早稲田HUMAN – 日大理工

早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りその勢いも落ちたかと思われたが、磯島(2年=真岡)が残り10分間でハットトリックという偉業を成し、終わってみれば7-0。圧倒的な力を見せ暫定2位をしっかりとキープ。 23157203_750743145114108_1067914317564058883_o

早稲田理工 –日大法学部

前半10番舞田(3年=大泉)が裏に抜け出しGKと1対1の状況を作り出すと冷静にサイドに流し込み、幸先よく先制する。するとこれで勢いに乗った早稲田理工は大寺(2年=滝川)、松尾(3年=早稲田本庄)が追加点を決める。攻守に安定感を見せた早稲田理工が勝ち点3を積み重ね、首位陣に食らいつく。

 

明治大学ESPERANZA –慶應大学audace

前半22分に加賀谷(1年=ツエーゲン金沢)が待望の先制点を叩き込む。するとそこからは慶應audaceも勢いのある攻撃を見せるがエスペランサはゴールを許さない。
すると守備で流れを掴んだ明治エスペランサは後半終了間近、23番清水(3年=明大中野)が追加点を決め試合終了。4連勝で1位を盤石にした。

 23157135_750747431780346_576267701667575815_o

中大同好会 – 法政工体連

 前半序盤は互いにロングボールを蹴り合い中々チャンスが作れない。均衡が破れたのは前半35分、ロングボールを7番金子(2年=多摩)が収めシュート。これがラインを超えて先制点となる。その後は終始中大同好会ペースで得点を重ねるが、終了間際に法政工体連も意地の2発。今節最多得点が生まれる試合となった。

23157457_750747218447034_2451160878370455960_o

【第4節】(11月5日)[鹿島ハイツスポーツプラザ第3グラウンド]

早稲田HUMAN 7–0 日大理工
[早H ]菰原(前半2分)、大沼(前半5分)、藤林(前半27分)、真先(後半23分)、磯島(後半25分、後半32分、後半33分)[理]

早稲田理工 3–0 日大法学部
[早理 ]舞田(前半3分)、大寺(前半18分)、松尾(後半30分)
[日法 ]

明治大学ESPERANZA 2–0 慶應大学audace
[E ]加賀谷(前半22分)、清水(後半28分)
[a]

中大同好会 6–2 法政工体連
[中同 ]金子(前半35分、後半9、後半19)、新垣(後半16分、後半23分)、武智(後半25分)
[法 ]野呂(後半24分)、清水(後半31分)

s__43704330

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.11.05

【新関東リーグ2019一部・第4節】最大の山場である早稲田ダービー。FC.GUSTAが執念の逆転勝利!

開幕からしっかりと三連勝を収め、今節も勝利し優勝に向け弾みをつけたい早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。対するは3節を終え3位となんとしてでも今節勝ち点3をもぎ取り優勝争いに関わりたい早稲田大学F…

read more 高澤航平
コラム 2016.11.22

【BMOM13】鷹野 友哉(3年) 復帰戦で底抜けの肺を披露

ドラマティックボーイ   明治体同連は、先日の新関東リーグ最終節で青山理工と対戦した。残留圏に残るために勝利が絶対条件であった。明治体同連は2点差をつけ勝利すれば、自力での残留を決め…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.10

【東西交流戦】関西選抜が関東選抜に1-0で勝利!!両チームの監督を務めた宮沢ミシェル氏、三浦淳寛氏にインタビュー!

8/2~4にかけて東西の中間地点・静岡で行われた東西交流戦。   カテゴリー唯一となる関東と関西の強豪が集う貴重な機会である本大会、第七回目となる今年も熱戦が繰り広げられた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.18

【新関東FL1部第7節】 マッチプレビュー

第1試合 青山理工vs.明治大学体同連サッカー部 4位青山理工(勝ち点9)は6位明治体同連(勝ち点6)と対戦する。前回両チームとも負けてしまい残留には後がない状態となった。青山理工は前回試合を終始支…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.15

【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。 そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、 早稲田稲穂の優勝に…

read more 小川雄矢
コラム 2016.12.27

【OB・OGインタビューvol.1】えっ?!ゲキサカのディレクターはあの強豪チーム出身?!

新連載!!【同好会OB・OGインタビュー】ということで、大学同好会カテゴリーを卒業して、現在、社会で活躍しているOB・OGの方々に当時の思い出などをインタビューしていきます! 記念すべき第1回の今回…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2016.12.16

【同好会基礎情報Vol.4】早慶MARCHの頂点!圧倒的試合数をこなすUNION LEAGUEってなに?

【同好会基礎情報Vol. 4】 早慶MARCHが覇権を争う?!圧倒的な試合数をこなすUNION LEAGUEとは?   大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more 古平 翔太
コラム 2017.07.01

【BeYonD特別ご招待】浦和レッズvsボルシア・ドルトムント試合観戦&特別セミナー+ドルトムント所属選手交流会イベント開催!!

BeYonDをご覧のみなさまこんにちは!!   本日から7月ということで、 早いもので、2017年も下半期に差し掛かりましたね!   そんな本日7月1日に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.14

【チームの根vol.5】“破天荒副キャプテン” 早稲田大学HUMAN F.C. 阿部雅也(4年=渋谷幕張)

昨年苦くも、新関東リーグで入れ替え戦の末1部残留が叶わなかった早稲田大学 HUMAN F.C.(以下、HUMAN)。ただ今期の学内戦では再び早稲田の頂点に立ち、復活の狼煙を上げている。今回は、そんなチ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-