【新関東カップ2018】新人賞

遠藤瞭介

絶対王者、早稲田稲穂キッカーズ(以下、早稲田稲穂)の4連覇を阻止した中央大学フースバルクラブ(以下、中央フースバル)の初優勝で幕を閉じた新関東カップ2018。
4月に大学生になったばかりで加入して間もない新入生も、多くの活躍を見せてくれた。

新人賞には、1年生ながらも中央フースバルの初優勝に大きく貢献したこの選手を選出したい。

新人賞
中央フースバルDF “谷口 幸太” (1年=町田ゼルビア)

unnamed3

彼の持ち味はなんといっても上級生にも競り負けない、空中戦の強さだ。
どの試合でもそれを存分に発揮して相手チームの攻撃を見事にシャットアウトしてきた。
加えて、プレーは常に冷静で、苦しい時にチームに落ち着きをもたらしていた。

今回の新人賞受賞について、
「素直に嬉しいです。2、3年生の先輩も多くいる中で早い時期から試合に出させてもらっていますし、試合中も多くの先輩方にサポートをしてもらっています。また同じ学年のプレーヤーやマネージャーも、試合に出る出ないに関わらず毎試合大きな声援を送ってくれているので、そういったみんなのサポートの中でプレーできているからこそ自分自身もいいプレーができているのだと思います」
と、喜びながらも先輩やチームメイトに感謝を忘れていなかった。

今大会について、
「自分にとってこのチームに入って初めての公式戦で、大会の大きさや相手の強さもあまり分からないままプレーしていました。ですが、勝ち進むにつれて相手の強さも味方の本気度もどんどん上がってきて、最終的には高いレベルと緊張感の中でプレーできて優勝という結果もついてきたのでとても楽しかったです」
と振り返った。
彼にとって非常に充実した大会になったことが伺える。

今後の目標については、
「マガジン杯が一番近くて大きい大会なので、そこに出場して優勝に貢献できるように、そしてそこからまた次の大会に繋げていけるように普段の練習から頑張りたいと思います」
と、さらなる飛躍に向けて、すでに油断や慢心は無いように感じられた。
中央フースバルにとって、彼の成長には大きな期待が寄せられる。

img_4328

そんな谷口だが、まだチームメイトの名前を覚えられていないらしい。
早くから試合に出ているせいなのか、同級生のことですら覚えきれていないのだとか。
となると、先輩やマネージャーのこととなるとさっぱりなのだろうか…。
この夏を通して、チームメイトとの仲も深め、よりチームがひとつになってくれることを願いたい。
個人だけでなく、チームとしてもまだまだ伸び代があるということなのだろう。

波乱の展開が続いた新関東カップ2018。中央フースバル、早稲田稲穂を筆頭に、力のあるチームが肩を並べている。
そんな中、この夏、一歩前に躍り出るチームはどこなのだろうか。
まだまだ先は読めないが、中央フースバルとそのDFラインを支える1年生から目が離せない。

【新関東カップ2018】新人賞のチームページ

Written by

遠藤瞭介

r.endo

Keywords

Recommend

コラム 2019.03.31

稲穂×Jヴィレッジ×復興交流会!

みなさんこんにちわ!長いはずの春休みももうすぐ終わってしまいますね、、、単位は無事に取れていましたか? 私は大学生活で初めてテストの存在すっかり忘れてて、すっぽかしました。あの日家で爆睡かまして…

read more 小口 瑞乃
コラム 2017.08.11

【BMOM67】岡内学人(3年=市立千葉高校)持ち前の技術と笑顔で優勝へと導く!

先日行われた千葉大学学内戦決勝戦で常にピッチ全体を見渡し、決定的な仕事はなかったもののボールによく絡み攻撃のリズムを作った千葉大学FORZZA(以下FORZZA)岡内学人(3年=市立千葉高校)が決勝の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.17

【美女マネvol.20】「シロガネーゼ」で有名なあの土地から、爽やか美白マネ!!!

こんにちは!   美女マネです。 約1ヶ月ぶりの美女マネですね!   そう言えば、 前回の美女マネは55リツイート、181いいねという過去最高の反響…

read more 広瀬翔大
コラム 2019.04.02

【BMOM120】fc.elfを悲願の初優勝へ導いたスーパー1年生!

3月27日新横フットボールパークにて慶應義塾大学学内戦2019決勝が行われた。 昨年優勝チームの慶應キッカーズ、準優勝チームの慶應義塾大学理工サッカー部などが次々と準決勝で敗退していく中、ジャイ…

read more 成瀬将希
コラム 2017.09.28

【あの人たちが対談vol.1】カップ戦準決勝で対戦したグルービーとHUMANが対談!

"あの人と対談"という新企画を始めました!あの人と対談したいなどのご要望があれば是非ご連絡ください!マガ杯の決勝戦などマネ対談などなどやっていけるといいですね! 今春に行われた新関東カップの準決…

read more 浅川大樹
コラム 2017.12.11

【マネの技術Vol.6】プレイヤーケアの必需品『救急バッグ』の中身に迫る!

熱かった新関東リーグ2017も終わり、3年生は就職活動へ向かう中、 1、2年生を中心に新チームが始動し始めるこの時期!! 各選手来たる来シーズンに向け、新チームにかける想いは大きいと思います! …

read more 櫻田彩佳
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.23

チェルシーファン必見!!ディディエ・ドログバの来日決定!我ら大学生が盛り上げろ!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?   本日は、チェルシーファンのみならずサッカーファンの胸が熱くなるようなイベント情報をお送りします!   チェルシーFC×…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.08.07

【特別企画】マネージャーの実態を聞いてみた!第一弾

こんにちは〜!   長い長い梅雨が明けてくれて、やっとみんなが大好き大好きおまちかねの夏が始まりましたね〜!   太陽ギラギラのもと、白いボールを追いかけて、キ…

read more 篠田 麻衣
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-