【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

成瀬将希

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会でもある。

マガ杯王者の立教愛好会、新関東カップ優勝の中央大学フースバルなど名だたる強豪がいる中、この大会を圧巻の無失点という快挙で王者に輝いたのが東洋大学FCゆな(以下:ゆな)である。東洋大学勢としては初の優勝である。

今回の at home cup 2018の決勝戦BMOMにはその無失点優勝の立役者である、大沢 慶(2年=西武文理)を選出したい。

 

f1853063-b2cc-4a4a-8f84-7ec4a1b01314

大沢の強みはなんといっても182cmの高さを生かしたヘディングと正確無比なロングフィードである。決勝でも幾度となくサイドからの素早い攻撃につながるフィードを繋いで見せた。フィードについては試合後「常にスペースに落とすようにフィードは意識するようにしています」と話してくれた。
2年生ながらにDFラインを統率するクレバーなセンターバックである。

今回の相手中央大学MAPLEは予選で立教愛好会、早稲田大学FC.GUSTA、慶應キッカーズなどを倒し見事な新関東リーグ1部狩りをしてきたチーム。中でもFWの18番田淵は予選で5得点とかなり怖い存在になっていた。

しかし決勝戦では見事に田淵を大沢が抑え込むシーンが幾度となく見えた。
田淵は非常にポジショニングとボールの持ち方がうまく前でタメを作れる選手。またスピードもあるので厄介なFWであった。しかし大沢はしっかり対応。
前をむかせずインターセプトするシーンも多く見られ、スピードにものさせなかった。また裏への抜け出しに対してもクレバーなラインコントロールでMAPLEにチャンスを与えなかった。

試合について聞くと

「FCゆなとして初の決勝進出ということでチームとしてとてもモチベーションは上がっていました。その中でも緊張せずいつも通り楽しくやろうと決めていたので、リラックスしたムードでアップや試合に臨めたことがとても良かったと思います。試合を通して押し込まれることが多かったけど我慢強くディフェスすることができたので無失点で終われました。最後はPKでしたが勝つことができ、嬉しかったです」
とコメントしてくれた。

最優秀選手については

「FWやMFの人たちがハードワークしてくれたおかけで、予選から無失点で大会を終えることができました。チームのみんなには感謝しかありません。それもあり、DFとして予選から大会無失点で終われたのは、とても自信に繋がり、胸を張って全国大会にいけます。」
と答えた。チームの仲間を常に信頼し尊敬できているからこそ、このチームは一体感が生まれたのかもしれない。

今後の目標については全国大会での優勝、という大きな目標を提示してくれた。

これからの全国大会の動向とこれからの東洋大学FCゆなには注目していきたいところである。

 

06c0f9ef-8542-4edb-b23b-730b1ea69823

東洋大学 FCゆなのチームページ

Written by

成瀬将希

naruse

Keywords

Recommend

コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.10

【BMOM24】安藤匠(1年=東福岡)がピッチ上の監督として君臨しタレント軍団を統率した

フースバルの監督 安藤匠 その世代での今後のサッカーサークル勢力図を占うと言われている新人戦一年生大会。前日程で行われた新人生一年生大会vol.1の決勝カードは中央大学フースバルクラブダービーで…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.03.26

【新歓記事2019 vol.2 早稲田大学 その2】

新歓企画第二弾です 今回も引き続き早稲田大学のチームを紹介していきます! たくさんチームがあるので迷っちゃいますね...   早稲田大学理工サッカー部 ・大学名・チ…

read more 遠藤瞭介
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more 三木大輔
コラム 2020.12.21

【新関東リーグ2020・1部】大会総括

10月31日から開催された同好会カテゴリーの最高峰のリーグである『新関東リーグ』は12月5日に幕を閉じた。 新型コロナウイルスの影響も受けながら開催された今年の1部は、早稲田大学FC.GUSTA…

read more 丸山椋大
コラム 2017.08.18

【9/22(金)開催】各業界トップクラスの内定者が集結!19卒「BeYonD就活キックオフ座談会」

こんにちは! BeYonDをご覧頂いている皆様、どの様な夏休みをお過ごしでしょうか? 今年は冷夏が続き、東京都心部は8月1日から雨が降り続いてるそうですね。 「あれ、そんな降ってたっけ?…

read more 鈴木瑠華
コラム 2016.12.27

【OB・OGインタビューvol.1】えっ?!ゲキサカのディレクターはあの強豪チーム出身?!

新連載!!【同好会OB・OGインタビュー】ということで、大学同好会カテゴリーを卒業して、現在、社会で活躍しているOB・OGの方々に当時の思い出などをインタビューしていきます! 記念すべき第1回の今回…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2017.04.07

【新入生必見!同好会チームガイドvol.13】日本大学編その2

今回は、100万人の仲間がいる日本大学の続編です! 先日紹介した3チームに続き、今回は4チーム! それでは早速、紹介して行きましょう!!   日本大学 法学部サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.28

【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。   それが同好会トレセンです!!…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-