稲穂×Jヴィレッジ×復興交流会!

BeYonD 編集部

みなさんこんにちわ!長いはずの春休みももうすぐ終わってしまいますね、、、単位は無事に取れていましたか?

私は大学生活で初めてテストの存在すっかり忘れてて、すっぽかしました。あの日家で爆睡かましてた自分を恨みたいところ。。

 

そして最近は来月からついに4マネになることに動揺を隠しきれない。。

現役のみなさんはいよいよ来月からスタートする新歓活動に向けて張り切っていることだと思います!スーパールーキーがどこに隠れたりしていないか期待したいですね!

 

今回は、春休み中の同好会としての取り組みをひとつご紹介したいと思います!

 

f9bba81a-c348-41eb-8b05-4f7f37fb8e9c
3月11日、東日本大地震から8年。この日福島県にあるサッカーナショナルトレーニングセンター・Jヴィレッジ(以下:Jヴィレッジ)では、大学生や社会人が集ってサッカー交流会が開かれた。試合形式は30分1本のリーグ戦。

Jヴィレッジは、福島県双葉郡楢葉町・広野町にあるスポーツ施設である。サッカーナショナルトレーニングセンターとして、季節問わずこれまで数多くの大会や合宿等で利用されてきた。「日本サッカーの聖地」として愛されてきたJヴィレッジ。しかし、2011年3月11日に発生した東日本大地震により、福島第1原発事故の収束拠点となったため、営業を停止せざるを得ない状況だった。

福島県は、Jヴィレッジの2018年夏一部再開、2019年4月全面再開を目指す。再開にあたり、日本初となるグラウンド1面規模の全天候型練習場や新たな宿泊棟の設備を筆頭に、再びスポーツを愛する人が集い、スポーツの楽しさや喜びを分かち合う場所とするため復興プロジェクトを進めている。

 

今回サッカー交流会を開催したのは福島県相双地方振興局の方々である。震災から8年という日に、力強く在り続ける福島の姿を見てもらいたいという想いから、今回の交流会を企画したそうだ。新しく生まれ変わったJヴィレッジについてコメントをいただいた。

「新生Jヴィレッジは、ただ以前のような施設として戻ってくるのではありません。”スポーツをする喜び、見る楽しみを分かち合い幸せになる。地域に賑わいをもたらし、人々の集う場所と笑顔を作り出す”。これを新しいJヴィレッジは今まで以上に実現できると思っています。福島の地域活性化というて点でも、多くのサッカーに携わる方にお越しいただければ幸いです。今回参加してくださった学生のみなさんにも満足していただけたようで嬉しい限りです。」

サークルとしては唯一、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)がこの交流会に参加した。稲穂のプレーヤー数人に話を聞いたが、宿泊施設の良さに感銘を受けたと同時に、プレーする環境に対しても感嘆の声を上げていた。

「グラウンドの数や練習場の広さにはびっくりした。特に全天候型グラウンド。」

「部屋も綺麗で、ご飯も美味しい。従業員のサービスも120点で過ごしやすかった。学生にとっては価格も安くてありがたい。合宿等で使う機会があったらまた利用したい。」

「自分自身は8年前にもJヴィレッジを訪れていたので、とても感慨深かった。またここでサッカーできたことが嬉しい。」

今後Jヴィレッジを合宿の拠点とするチームも増えていくかもしれない。ただし、夜はおとなしく寝ることが条件であることは言うまでもない。そういった意味では某飲みサーあたりは、利用するのが躊躇われるチームも。。。

 

稲穂のプレーヤーたちは試合をするだけでなく、東日本大地震復興セミナーも受講。このセミナーでは主に原発事故の概要、放射線量の現状、風評被害についての話があった。

放射線量の問題については、まだ福島では数値が高いのではないかと、誤解していた学生も多いようだ。皆口々に正しい情報を手にする大切さを語った。想像以上の風評被害の実態にもショックを受けたと言う。

福島県で漁れる魚や水には何の問題もないが、汚染物質による風評被害は一向に消えない。残念ながら昨年はまだJヴィレッジも完全には整った状況でなく、報道機関は悲惨さばかりに焦点を当てた。社会に根付いてしまったその”マイナス”のイメージを払拭するためにも、私たちは復興途中、そして復興を遂げた姿もしっかりと知る必要がある。

8年という歳月は少なからず東日本大地震を風化させた。その事実は否定できない。ただ、このサッカーというスポーツを通じた取り組みや、何か小さなきっかけからでも、震災について各々が考える時間を持ったことが大事だと感じる。

 

特筆すべきはもうひとつ。稲穂のプレーヤーにとって貴重な経験となったのが体育会に所属する学生との試合だった。普段は関わりがない相手との試合に、いつも以上にアドレナリンが出たみたいだ。

「普段はサークルとしか試合をしないけど、体育会と試合をして十分に張り合える試合もあって自信になった。サークルでもこうした活動をしていくことに意義があると思った。」

「結果は3位に終わってしまったけど楽しかった。もっと強いチームとの交流を増やしたい。」

 

—参加チーム一覧—

早稲田大学稲穂キッカーズA.B

福島県立医大サッカー部A.B

東日本国際大学サッカー部

フェニックス(社会人チーム)

群馬県上武大学サッカー部

埼玉県尚美大学サッカー部

—成績—

優勝:東日本国際大学サッカー部

準優勝:フェニックス

3位:稲穂キッカーズA

 

体育会やサークルの垣根、地域という垣根も越えての交流は学生に多くの学びをもたらしたに違いない。直近では早稲田大学のア式蹴球部とサークル間での練習試合やミニサッカー大会が予定されている。こうした取り組みがさらに広がれば、今まで以上の楽しさや新たな発見が生まれ、同好会カテゴリーの盛り上がりにもつながるのではないだろうか。

e59614b1-70ed-4b59-9995-848876a69142

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.14

【新関東リーグ2017・1部第1節】遂に同好会カテゴリー最大規模のリーグ戦が開幕

【新関東リーグ2017】が本日10月14日開幕した。 あいにくの悪天候のなか、1部はZozopark Honda Football Areaにて熱戦が繰り広げられた。   昨年…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.28

【BMOM86】齋藤綱太(3年=渋谷幕張)頼れるキャプテンが悲願の1部昇格に導く!

【新関東リーグ2017・1部昇格戦】Zozopark Honda Football Area 慶應義塾大学慶應キッカーズ 2-1 明治大学ESPERANZA 11月25日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.24

【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。 早稲田大学W…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.21

新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.04.29

【チーム特集】早稲田大学FC.GUSTA

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】において、 見事3231いいねを獲得して第1グループ優勝を果たした「早稲田大学FC.GUSTA」に独占インタビューを行いました! GUSTAの魅力や強さ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【BMOM105】安東尚宏(3年=國學院久我山)創立初の稲穂狩り!帰ってきたスーパーエースが歴史的勝利の立役者!

新関東リーグ2018の1部第1節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の試合が鹿島ハイツで行われた。 新関東リーグ3連覇を果たすため、初戦は絶対に落…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-