【就活記事vol.3】同志社大学三ツ葉キッカーズ 鈴木直也 「自分の人生は自分で選択すべき」

高木啓行

就活記事第三弾では、関西の強豪同志社大学三ツ葉キッカーズ(以下:三ツ葉)に大学生活を捧げ、三ツ葉と関西フットボールリーグを変革した熱いパッションの持ち主である鈴木直也に話を伺った。

小中とキャプテンを務めた鈴木は本気でプロを目指し、地元の名門近畿大付属高校に入学する。2年の時に全国大会のベンチ入りを果たし、3年時には全国ベスト16を経験した。

ただ3年時当時の井手口や南野といった選手と対峙する中で挫折を経験しプロを諦め、同志社大学に入学する。

体育会に入るか三ツ葉に入るか悩んだ末当時のキャプテンに憧れかつ主体的に取り組める三ツ葉を選んだそうだ。

5afa570f-4a4a-43a7-8542-bc6bbdc90d7e

〜三ツ葉時代を振り返って〜

BeYonD:
「三ツ葉時代を振り返ってみてどうでしょうか?」

鈴木:
「1回生の時は夏のマガ杯で中大フースバルや早稲田ヒューマンに勝利し、準決勝で稲穂に敗れたが日本一が現実味帯びた瞬間でした。日本一決定戦では日本一を獲れると意気込んで臨んだがマガ杯から新関東リーグを通して急成長した早稲田ヒューマンに負け衝撃を受けました。

2回生ではチームのまとまりが少し薄く人数もあまり集まらない状態で、日本一決定戦には出られるがそこで中大フースバルに大敗しました。1、2回生の経験からキャプテンを務めた自分達の代では「何としても日本一を獲らねば」と焦っていました。

キャプテンを務める上で色んな選択肢の中で貴重な大学生活を三ツ葉に投資してくれているメンバーの人生を背負う気持ちで三ツ葉に没頭していましたし、だからこそ就活は現役時代は全くやっていなかったですね笑。

自分達の代ではそれまでキャプテン副キャプテンのみだった役職を新たに増やし幹事長を作りました。さらにファミリー制度を導入しサッカー以外の時間も共有していこうとしました。

また1、2回生の日本一決定戦での経験から関西フットボールリーグの環境をよりよくしたいと思い、それまで三ツ葉だけで運営などを行っていたのを他チームも巻き込み関西リーグの底上げを行いました。

何としても日本一を獲りたいという想いから体育会等とも試合を重ね夏は週5回の練習の2時間前に幹部で集まりチームの話をしてましたね。自分個人も1プレーヤーだったので練習や試合のビデオを家に帰ってから研究し、自分自身を客観的に見るようにもしていました。

本当に体育会にも負けないくらい三ツ葉をやり切ったという自信と実感はありました笑。ただ日本一にこだわるあまりメンバー個人のやる気を多少度外視していた部分はありました。日本一になる事でそのメンバーへの恩返しになると思っていたんですが最終的に日本一にはなれず悔しさが残りました」

BeYonD:
「それはすごいですね笑」

この鈴木の行動によって関西フットボールリーグ自体のチーム数は増え実力も拮抗していき、三ツ葉1強のリーグではなくなりました。

~2度の就活を経て感じた事~

BeYonD:
「就活はいつ頃から始めたんですか?」

鈴木:
「本格的に始めたのが3回生の3月頃です。日本一決定戦が12月に終わってそこからふらふらしてたので笑
本当に人生をかけてサッカーをしていたから一旦休憩をして自分がしたい事って何なのかを考えていました。

最初の1年は父親や三ツ葉の先輩等の影響でいわゆる「ミーハー就活」をしてました笑。なので結局受けたのは商社、金融、損保のみでした。

当時の第1志望からの内定はいただけませんでしたがメガバンクに内定をもらえました。ただこの時期から「この仕事は自分にとってサッカーに代わるくらい熱量を持って取り組めるものなのか?」と思い、皮肉にも内定をもらってから自分に向き合い、自分が熱量を持てる働きがいは何なのかを考え始めました。

恥ずかしい話、最初は「内定をもらう」ことを目的として就活をしていました。そこからOB訪問を重ね大手以外のベンチャー企業にも話を聞きに行き、のべ40~50人ほどの色んな人に話を聞きに行きました。

ファーストキャリアにこだわりたいという思いから色んな人の話を聞く中でサッカーに代わるほど熱量を持ってできる業務や会社にはなかなか出会えませんでした。

大学4年の12月頃、このまま卒業しようか内定先で働いてから転職しようかと悩み続けていました。しかしこの時期に会った社会人との話で自分の考え方は大きく変わりました。

「内定をもらってから“働きがい”に悩み続けたのだから、君にとって『誰かに働きがいを与える事』こそがサッカーに代わる働きがいになるのではないか」と言われ、それこそが熱量をもって取り組める事であると考え方を変えれた瞬間でした。

そして「働きがいを与えるという軸を中心にもう1度就活をしたい」と思い2度目の就活を決断しました。内定先の企業にも誠意をもって伝えに行き自分の素直な想いを話すと、背中を押してくれました」

BeYonD:
「内定辞退の時に周りから止められたり何か言われなかったんですか?」

鈴木:
「もちろん言われました笑。ただ自分の哲学として「自分の人生は自分で選択すべき」だと思ってます。何故かというと周りに言われて入社したとしても必ずどこかで面白くない瞬間がくると思ったからです。

その瞬間に何で面白くない仕事をしているんだろうと考えた時に「周りが言ってたから」とか「親がこう言ったから」という風に他責にしてしまうなと思いました。

自分がこうだと思ったら自分の選択に責任を持てる選択をしてその選択を正解に変えていくしかないと感じていました。全ての会社を見れるわけではないし100%合っている会社はないからこそ決断したら自分の選択を正解に変えるしかないです。

「働きがいを中心の軸とする中で俺はどんな時に面白いって感じたか?」を振り返ると、サッカーをやってきた中で組織が1つになって感動を共有できる瞬間が自分にとって1番面白かったんです。

1対1で働きがいを与える事も面白そうだったけど組織を変革して組織を1つにして働きがいを与える方が面白いんじゃないかと感じました。このような変遷を経て今のリンクアンドモチベーションに入社を決めました」

BeYonD:
「三ツ葉での経験が就活で活きたなと感じる瞬間はありましたか?」

鈴木:
「就活というかこれからの人生で活きる事だと思うんだけど、三ツ葉をやり切った事です。大学4年間というめっちゃ貴重な時間を三ツ葉に投資してくれて、なおかつお金も無くなっていく中で三ツ葉を選んでくれた人達の「人生を背負う覚悟」でやっていました。

俺が三ツ葉をここまで頑張れていた理由は感動が共有できる瞬間があるからです。試合に勝ってみんなで喜んでいる瞬間、この瞬間の為に俺は頑張ってるんだと思っていました。

「日本一になるためではなく日本一になって感動の共有をするため。」そのために俺はしこたま1年間頑張った経験が自分の中で自信になっていました。

実際には俺の色んなつながりから体育会サッカー部と試合をしたり体育会にも負けないくらい三ツ葉に没頭し組織に向き合いきったという自負がありました。

BeYonD:
「鈴木君にとって就活とは何でしょう?」

鈴木:
「そもそも就活って何かって聞かれた時に人生のうち70%が仕事って事は人生のほとんどが仕事です。「自分がどういう生き方をしていくかを考える事」が就活であると感じてます。何を目的に働くかを納得感を持って働けている状態が俺は就活の成功だと思います」

4989a59b-2832-44a6-ad0e-6bd908118317

鈴木くん、貴重なお話ありがとうございました!鈴木くんの今後の活躍を期待しています!

また、これを読んだ就活生、現役の選手たちも何かを感じ取って今後の活動に活かして頂けたら嬉しいです。

同志社大学 三ツ葉キッカーズのチームページ

Written by

高木啓行

takagi

中央大学 サッカー同好会

Keywords

Recommend

コラム 2018.04.18

【新歓記事2018 vol.8】東洋大学、専修大学チーム紹介

東洋大学 FC Variente ・自分達のサークルを一文で表すなら 東洋1at homeなサッカーサークル ・大学、チーム名 東洋大学 FC Variente ・活動地域 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.07

マネージャーよ、ヒールを脱げ

みなさんのサッカーサークルのマネージャーのイメージってどんな感じでしょう?かわいい?癒し?黄色い声援?どれも間違ってはいないと思います。でも、最近のマネージャーはそれだけではないんです。チームによって…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.23

【BMOM124】増田圭(3年=日大日吉)187cmの長身DFが勝利に貢献

5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELD にて青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青山理工)vs 日本大学法学部サッカー部(以下:日大法学部)の試合が行われた。 パスサッカーを掲げる…

read more 長谷川聡志
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.10

【BMOM24】安藤匠(1年=東福岡)がピッチ上の監督として君臨しタレント軍団を統率した

フースバルの監督 安藤匠 その世代での今後のサッカーサークル勢力図を占うと言われている新人戦一年生大会。前日程で行われた新人生一年生大会vol.1の決勝カードは中央大学フースバルクラブダービーで…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.09

【プレからの想い vol.4】 “マネは当たり前ではない。感謝すべき存在。”

マガジン杯が始まりましたね!!   プレイヤー、マネージャー、一丸となって戦っていますか??   また試合以外の時間はプレマネ仲良く過ごしていますか?? …

read more 大貫 杏華
コラム 2017.06.14

【BMOM62】長瀬良太(3年=國學院久我山) エースの自覚!圧巻の2ゴールで稲穂を3年連続決勝の舞台へ導く!

新関東カップ2017準決勝で早稲田稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は立教サッカー愛好会と対戦し、見事決勝進出を果たした。3連覇への王手をかけたこの重要な一戦で、背番号10はいつも以上に輝きを放っていた。長…

read more 澤田結人
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.19

【大東文化大学学内戦決勝】フォトギャラリー

試合前にGLANZ21番和田(4年=西武台)とAVANZRE2番川畑(2年=国際学院)が握手を交わす両チームキャプテン。   終始ゴールを狙い続けたGLANZのス…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more 浅川大樹

-PICKUP CIRCLE-