【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

小川雄矢

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。

そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、
早稲田稲穂の優勝に大きく貢献した、2年生MFをBMOMとして選びたい。
その名も、20番豊田吏央(2年=幕張総合)である。

s__11092196

豊田の持ち味は、体の強さを生かしたゴリゴリな攻撃力を兼ね備えていることである。
今回の試合では、ロングパスに対して、キープや仕掛けを使いわけていった。
特に相手の足が止まる後半では、カットインやサイドを駆け上がるドリブルをするなど、
状況においての攻撃のバリエーションの使い分けが正確で質の高いもであった。

今の早稲田稲穂の攻撃を牽引しているといっても過言ではないだろう。

そんな豊田に優勝の感想を聞いてみた。
「なんもいえねー!!三冠日本一を目指している中、去年は稲穂フェスタでしか優勝することができなかったので嬉しかった」
と、喜びを爆発させていた。

次にこれからの目標を聞いてみた。
「学内戦を入れて四冠日本一を目指していた中で学内戦は負けてしまったので残りのカップ戦からの三冠日本一は取りたいと思っている。そして自分自身今季無得点となっているため、得点を狙っていきたい」
と、力強い意気込みを語ってくれた。

最後に自己アピールをしてもらった
「自分の左足は誰にも止めることが出来ないので見ていてください」
と、自信満々に語ってくれた。

また、豊田は、普段はチームのムードメイカー的存在で珍プレーで笑いを取るなど、
攻撃のセンスだけではなく、笑いのセンスも豊富なようだ。

プレーも笑いもセンス抜群の豊田が早稲田稲穂に今後どう影響していくのか楽しみにしたい。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

小川雄矢

ogawa

Keywords

Recommend

コラム 2018.11.02

【BMOM113】早稲田グスタGK樋口就大(3年=宮崎西) 好調の早稲田グスタを支える守護神

10月27日に鹿島ハイツにて新関東リーグ20181部第4節が行われた。 4試合の激しい試合の中で特に注目されていた中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と早稲田大学FC.GUSTA…

read more 浅川大樹
コラム 2017.09.04

【10/23(月)開催・2019卒対象】第2回BeYonD蹴活イベント開催決定!

みなさんこんばんは! もう夏休みも半分を過ぎてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか 夏で幹部交代のチームも多くあり、 3年生は就職活動に動き出す時期ですね!   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【BMOM75】30mFKも決めちゃう超ド級アンカー土佐林佑(2年=八千代)

新関東リーグ2017が開幕し、1部の各チームがZOZOパークで第1節を迎えた。 青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)は、得意のパスワークで明治大学Groovy kids(以下:グルービー)を翻弄…

read more 澤田結人
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more 上野澄人
コラム 2017.02.22

【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかった…

read more 古平 翔太
コラム 2017.09.06

【BMOM71】途中交代ながら持ってる男野々村大輝(2年=東久留米)の一振りで試合を決める!!

先日行われたアットホームカッププレーオフ決勝で日本大学教育サッカーBAMBINO(以下バンビ)は格上である中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に対して1-0で劇的な勝利を収めた。 その立…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more 古平 翔太
コラム 2018.03.14

【プレスリリース】BeYondがH.I.Sとパートナーシップ契約!これからのインタレスティングなイベントに乞うご期待!!

  この度、2018年3月14日より BeYonDプロジェクト(代表:古平翔太)は株式会社エイチ・アイ・エス スポーツイベントセクションとの間で、スポンサーシップ契約を締結しました…

read more 古平 翔太
コラム 2017.07.07

【新関東カップ2017】ニューヒーロー賞”中島剣士郎”(1年=早大本庄)”

稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が圧巻の三連覇を果たし幕を閉じた新関東カップ2017。大会を通し多くの激闘が繰り広げられ、強豪チームがぶつかり合い、白熱した大会であった。4月から入学した新入生を加えた初の…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more 成瀬将希

-PICKUP CIRCLE-