【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

小川雄矢

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。

そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、
早稲田稲穂の優勝に大きく貢献した、2年生MFをBMOMとして選びたい。
その名も、20番豊田吏央(2年=幕張総合)である。

s__11092196

豊田の持ち味は、体の強さを生かしたゴリゴリな攻撃力を兼ね備えていることである。
今回の試合では、ロングパスに対して、キープや仕掛けを使いわけていった。
特に相手の足が止まる後半では、カットインやサイドを駆け上がるドリブルをするなど、
状況においての攻撃のバリエーションの使い分けが正確で質の高いもであった。

今の早稲田稲穂の攻撃を牽引しているといっても過言ではないだろう。

そんな豊田に優勝の感想を聞いてみた。
「なんもいえねー!!三冠日本一を目指している中、去年は稲穂フェスタでしか優勝することができなかったので嬉しかった」
と、喜びを爆発させていた。

次にこれからの目標を聞いてみた。
「学内戦を入れて四冠日本一を目指していた中で学内戦は負けてしまったので残りのカップ戦からの三冠日本一は取りたいと思っている。そして自分自身今季無得点となっているため、得点を狙っていきたい」
と、力強い意気込みを語ってくれた。

最後に自己アピールをしてもらった
「自分の左足は誰にも止めることが出来ないので見ていてください」
と、自信満々に語ってくれた。

また、豊田は、普段はチームのムードメイカー的存在で珍プレーで笑いを取るなど、
攻撃のセンスだけではなく、笑いのセンスも豊富なようだ。

プレーも笑いもセンス抜群の豊田が早稲田稲穂に今後どう影響していくのか楽しみにしたい。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

小川雄矢

ogawa

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.31

【新入生必見!同好会チームガイドvol.6】明治大学編その2

今回は明治大学の続編です! 前編の4チームとはまた違った雰囲気を持つ4チームを取り上げていきます 明治大学の新入生は是非、このチームガイドを参考に、1つでも多くの新歓に足を運んでほしいと思います!…

read more 澤田結人
コラム 2017.03.08

【チームの根vol.2】 ”モモレンジャー” 法政大学学団連サッカー部 高野勇貴(3年=日大習志野)

ピッチに立てるのは11人。ただチームの力はその11人じゃ決まらない。自分を下手くそ、盛り上げ役と表した男の胸に秘めた思いに迫った。     法政大学学団連サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.19

【大東文化大学学内戦決勝】フォトギャラリー

試合前にGLANZ21番和田(4年=西武台)とAVANZRE2番川畑(2年=国際学院)が握手を交わす両チームキャプテン。   終始ゴールを狙い続けたGLANZのス…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more 古平 翔太
コラム 2019.01.08

【就活記事 vol.2】早稲田大学HUMAN F.C. 藤林拓哉 「自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活

時にとにかく明るい藤林と称され、持ち前の明るさとカリスマ性で2017年度の早稲田大学HUMAN F.C代表としてチームをまとめ上げた藤林拓哉。 1部リーグ昇格こそできなかったものの、学内戦優勝や新関…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more 三木大輔
コラム 2017.09.11

【特別企画】マガハイ髪の毛特集!その名も”マガ髪”

こんにちは! 今回はマガハイ特別企画ということで、 マガハイ参加者の髪型特集をしていきたいと思います!   「普段はオシャレな髪型なんて興味ない」 「バイトの関係で染められ…

read more 金子樹

-PICKUP CIRCLE-