【就活記事2019vol.1】慶應リコタイ 村田捷行(4年=本郷)就活とサッカーの両立

浅川大樹

慶應義塾大学理工サッカー部(以下:慶應リコタイ)副代表の日本生命総合職入社予定である村田捷行(4年=本郷)の就職活動に迫っていきたい。村田は副代表として慶應リコタイを牽引し、アットホームカップ優勝を大きな目標に掲げ汗を流し続けていた。そんな村田がサークルと就活をどう両立してきたのか。現役の3年生も就活が視野に入ってきて悩んでいる方がいれば、是非読んでいただきたい。

 b99c7fec-9998-4dc4-b401-777980e44ba8

就活のスタート 

村田が就活を始めたきっかけは、慶應リコタイの伝統の“就活相談会”。就活相談会は、毎年7月〜10月に開催され就活を終えたばかりの4年生が就活について話をしてくれるものであり、村田はここで就活を意識し始め開始した。はじめは、練習の合間を縫って早期選考に進む事や優遇処置を受ける目的ではなく、企業を知る、業界を知るという目的でサマーインターンや説明会に参加し始めた。しかし、練習や大会と被ってしまい行けなかったセミナーも多かったという。この当時、自己分析やエントリーシートには力は入れず、とにかく練習場に足を運びセミナーに足を運ぶ夏を過ごしていた。夏のESを拝見させていただいたが、村田が顔を赤らめてしまうほどのお世辞にも読みやすいとは言えないESであった。

「夏のインターンでの収穫は、インターンのフローを掴めたこと、自分がどう立ち回るのがいいかと知れた事、業界を知れたこと」と村田は話した。

その後の就活

その後も引き続き就活を続けており、秋冬にはサークル活動も落ち着いてきたこともあり多くのインターンに参加した。また、村田は「インターンで出会った新関東のチームの選手との出会いを大切にする意識を持ち、サッカーでも負けたくないなと良きライバルのような関係を作ることで楽しみながら就活していた」という。

また、就職活動で誰もが大切だと言う自己分析は正月から本格的に開始したという。この自己分析においても慶應リコタイ伝統の“飲み分析”がある。これは、慶應リコタイのメンバーとお酒を飲みながら自己分析をしあうというものだ。「3年間ずっと一緒にいた友人の方が自分を知っていたり、モチベーション向上に繋がったり、いつもなら話せないようなことも話せるため非常におすすめだ」という。

そして、村田は軸をリーディングカンパニーと置き就活を行った。この就活軸を詳しく記載しないが、彼は1番でありたかったらしい。最終的に世界最大規模の某外資系化粧品メーカー、某高給メーカー、某損害保険会社の内定を貰い日本生命への入社を決めた。

就活のまとめ

本選考を公式戦だとすると夏の就活はウォーミングアップ”と何とも言えない普通の例えで表した。先ほども記載したが夏の就活では場慣れと企業・業界を知れた事が大きな収穫であったという。村田は「自分の興味がない業界の会社でも業界を理解しておくことで、本命の会社との比較がしやすくなるため足を運ぶことが重要」と話した。
また、村田は「最終的に日本生命を選んだのは、人に対して非常に親切な文化を感じていたことが大きい。職員と1対1で話す機会が多く、そこで学生と職員という立場でなく人と人としての立場で接してくれたと強く感じた。その文化を下に継承していきたいと思った。これは、慶應リコタイを選んだ時の感覚と似ていましたね」と熱い思いを話した。
また「就活を終えて慶應リコタイの全メンバーに恵まれていたなと感じます。特に同級生たちには就活時もサポートをもらいありがとうと伝えたいです」と感謝の意を語った。

 819f0c07-b304-4ce6-a1ed-a4579c4d3051

サッカーとの両立

 就活をはじめサッカーへのモチベーションが下がってしまったり、就活を始めサッカーへの気持ちが薄れていると思われてしまい雰囲気が崩れてしまうというチームがあると思う。筆者の僕自身も夏から就活を始めていた選手に対して、「もっとサッカーに全力で取り組もうよ」と思ってしまっていた。そこで、村田が副代表として就活とチームマネジメントをどう両立させたのか紹介したい。

まず、慶應リコタイでは夏から村田を含む5名が就活を行っていた。慶應リコタイには、夏から就活をする彼らへの不満が生まれる文化は一切なかったという。
しかし、「自身がサッカーに全力で向き合っていても周囲から不満が生まれ雰囲気が壊れてしまうという心配はあった」と話した。そこで村田は、当たり前の事ではあるが慶應リコタイの練習などの活動時に絶対に就活の話をしない意識をしていた。就活のオンとオフのスイッチを完全に切り替えていたのだ。村田は、就活していない選手が就活の話を耳にすると不安に思い、そこからチームの不満にも繋がってしまう可能性があるため、そこを一番大事にしていた。

しかし、10月のリーグ戦の時期に就活を理由に練習を休むメンバーが増えてきてしまい、一体感が欠けてきてしまった。村田は、その選手たちにアプローチをすることができなかった。その理由は、自分も就活をしていたからだ。そうなってしまう事を予測し、早めの段階でアプローチを掛けるべきであったと振り返った。また、「今まで一緒に戦ってきたメンバーが就活を機に少し離れてしまう事は寂しい。でも、幹部だからこそ彼らを否定してしまうともっと離れて行ってしまう。だから、否定せずに認めてあげて、少しでも来てもらいチーム力を下げないことが大切」と話した。
就活を理由にサークルから離れてしまう選手がいるかもしれないが、その選手もチームにプラスの作用を与えられる存在であるし、チームのために関わりたいって思っているかもしれない。その選手がいやすいような環境を作っていくことも今後のサークルの課題になるかもしれないし、サークルの価値を高められるカギがそこにあるのかもしれない。

 a0683b56-c2c2-42e3-b8ca-70512ec994e1

これから就活をする3年生たちへ

 「金融業界で話すとしっかり企業を理解して、自分の過去とマッチしていることを伝えることが大切です。少し参考までに僕は、生命保険でリンクした部分は人にとって重要な命という部分に携わることができると話していました。

どういう環境でどんな力を身に着けたいのかをしっかり考えるべきです。僕自身も最初は名の知れている企業や友達に誇れるような就活偏差値の高いって言われる会社を受けていましたが、それって全然気にしなくていいと思います。

あと、サッカーに100%、就活にも100%で打ち込めると思うし、人生の分岐点でもある瞬間なので少し無理をしてでも頑張って夏から就活を意識してもいいかとも思います」

f64bb0ff-6d34-442a-bf16-c14186c99239

Written by

浅川大樹

asakawa

中央大学 サッカー同好会

Keywords

Recommend

コラム 2017.11.17

【美女マネvol.27】現在ミスコン出場中!今回は黒いユニフォームのチームのマネを初特集!

こんにちは!   サークル生活もいよいよ終盤に入りましたね!   先輩たちが引退すればいよいよ幹部交代となります。   寂しいですね。…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.05.11

【BMOM92】 中大同好会の次世代エース! 鯵坂 賢(2年=多摩大目黒) 会心の2発!

5月6日にzozoパークで行われた新関東カップ2018・2回戦中央大学サッカー同好会(以下:中大同好会)と明治学院白FC(以下:明学白金FC)のカードになった。 立ち上がりに苦しんだ中大同好会だった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.01

【BMOM】神山知也(2年=座間)エスペ期待の2年生エースが2発で勝利を呼び寄せた!

10月27日に行われた第3節は、明治大学エスペランサ(以下:明治エスペ)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービーとなった。明治エスペは前半から積極的にゴールを狙い、守備でも…

read more 高橋優斗
コラム 2016.11.02

【美女マネ特集vol.3】第3弾は同好会カテゴリー随一のスタイリッシュ集団、あのチームのマネ!

おひさしぶりです。   先日の第2回記事も、相変わらずものすごい反響でした。   この初期段階で何千人という規模の方が見ていることに驚きが隠せません。 …

read more 上野澄人
コラム 2017.03.02

【マネの想いvol.5】”プレーヤーと一緒に、夢を追いかけて”

3年マネージャー特集第5弾 中央大学サッカー同好会 山口絵莉子さん 「プレーヤーと共に、追った夢」 −中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に入ったきっかけを教えてください 自…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.15

【BMOM116】苅部杜行(3年=新潟明訓)帰ってきたフースバルの心臓が優勝の立役者に!

11月11日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて1部リーグ第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)VS 明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 中央フースバル…

read more 小川雄矢
コラム 2020.03.31

【新歓記事2020】vol.9早稲田大学その2

新歓記事vol.9はvol.8に引き続き早稲田大学! 2月に行われた学内戦で惜しくも決勝トーナメントに進出できなかったチームの紹介です。 早稲田大学 荒友キッカーズ ・自分達のサーク…

read more 高澤航平
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.14

【新関東リーグ2017・1部第1節】遂に同好会カテゴリー最大規模のリーグ戦が開幕

【新関東リーグ2017】が本日10月14日開幕した。 あいにくの悪天候のなか、1部はZozopark Honda Football Areaにて熱戦が繰り広げられた。   昨年…

read more 森井 貴弘
コラム 2016.12.28

【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。   それが同好会トレセンです!!…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-