【BMOM135】金田直輝(3年=國學院久我山)グスタの不動のエースが開幕戦で圧巻のプレーを魅せた!

高澤航平

10月19日、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の早稲田ダービーで今季の新関東リーグが開幕した。試合前まで降り続いた雨の影響でグラウンドには大きな水溜りが残っていた中試合は行われた。両チーム気迫のこもった試合が行われた開幕戦、一試合を通して持ち前の運動量で前線から守備をし続け、前半に2ゴールを挙げたグスタの11番金田直輝(3年=國學院久我山)をBMOMに選んだ。

img_5104

BMOMに選出されたこと本人に伝えると攻守両方に渡った活躍から周りにいたチームメイトも納得の様子。

試合後金田選手に直撃すると、普段は不真面目キャラの金田選手からは想像できないような真面目で熱い気持ちを聞くことができた。

「早理との対戦は自分たちが幹部代になってから4度目の対戦で、いずれも勝利を収めているものの、全て厳しい試合でした。なので相手も強い気持ちを持って臨んでくると思っていました。
しかしグスタも現役、OB、マネージャーの応援のおかげで、とてもいい雰囲気で勢いを持って試合に入っていくことができました。早理に押し込まれる時間もありましたが、ピッチ内、外ともに声を切らさず、グスタの良さを出すことができたと思います。」

相手へのリスペクト、自分たちを支えてくれる人への感謝を忘れない彼の律儀な一面が全面に感じられた。

チームを勢いづける先制点、そして前半終了間際に見せたミドルレンジからのゴラッソについての感想を振り返ってもらった。

「カップ戦、マガ杯と得点いう形で勝利に貢献することができていなかったので2得点できたことはすごく嬉しく思います。ただ、得点にそこまでこだわりはないのでどんな形であれチームの勝利に貢献できればと思います。自分の持ち味は特に、チームの番犬としての前線からの守備にあるのでそこに注目して欲しいです。」

自分自身のチームへの献身性を垣間見せるコメントまで聞くことができた。今季のリーグ戦で意識している相手を聞いてみた。

「中大フースバルです。全員が足元の技術もあるし、フィジカルも強く、穴のない素晴らしいチームです。相手はマガ杯チャンピオンなので、自分たちはチャレンジャーとして挑みたいと思います。個人的には同じ“直輝”として小竹くん(3年=新潟明訓)には負けたくないです。堅実なプレーをしてチームの勝利に貢献したいです。」

カップ戦、マガ杯で思ったような結果が出せなかったグスタ全員の意気込みを代表して語ってくれた。さらに今シーズンは昨シーズンと違い一つ下がったトップ下で躍動しているが、ストライカーとしてのプライドも言葉にした。

最後に今年のチームの雰囲気、最後のリーグ戦にかける思いを話してくれた。

「他責で自分本位な奴ばかりですが、事実上のキャプテンとしてここまでうまくまとめられてきたと思います。特にマガ杯からチームとしていい雰囲気で取り組めているので、このまま勢いに乗ってグスタ史上初のリーグ優勝という快挙を成し遂げたいと思います。」

タレント軍団と称されるグスタであるが2月に行われた早稲田カップ以来タイトルからは遠のいており、チームのメンバー全員がタイトルに飢えている。そんなチームを代表して静かなる闘志を持つグスタのエースは思いの丈を語った。新関東屈指の攻撃力を誇るFC.GUSTAの快進撃に注目していきたい。

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

高澤航平

Takaza

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.27

【スパイク特集vol.2】~FGスパイクを使いこなせ!!~

みなさん、スパイクコラムの第1弾は読んでいただけたでしょうか? 「読んでないよ~」という方がいましたら、ぜひページを戻って第1弾の方を先に読んでみてください!!   では、…

read more 古平 翔太
コラム 2017.03.10

【高校別OB座談会vol.1】技巧派集団國學院久我山。文武両道の高校ならではの異様な光景!?

高校別座談会第1弾は言わずと知れた東京都の技巧派集団國學院久我山!左から明治グルービーキッズ 小田島圭吾(2年)、早稲田大学稲穂キッカーズ 長瀬良太(2年)、青山学院大学理工サッカー部 高橋涼…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more 大塚朝史
コラム 2016.11.25

【新関東FL1部昇格戦】マッチプレビュー

各リーグ熱戦を制し、新関東FL1部昇格への挑戦権を得た2チーム 早稲田F.C.GUSTAと明治生田サッカー部蹴球会 2年前の自動昇格戦と同カードになるとは、 いったいどんな神のいたずらな…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.05

【BMOM56】千葉駿哉(2年=横浜Fマリノス)1G1AでJユースの違い魅せつける!

明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は5月28日新関東カップ2017 4回戦 ジャイアントキリングを起こしている首都大学東京八雲FCと対戦し、2-0で勝利し1部の意地を魅せつけた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【新人戦1年生大会①】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月7~8日に行われた新人戦1年生大会①において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったも…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more 澤田結人

-PICKUP CIRCLE-