【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

齋藤優

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。

 

第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕からいまだ勝利のない立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会)の試合。

試合開始直後、立教愛好会がフリーキックのチャンスを作るも得点には至らない。その後は稲穂ペースで試合は進み、その勢いのまま20番豊田(2年=幕張総合)のミドルシュートで稲穂先制。前半は終始稲穂が優勢の展開となった。

しかし後半、右サイドから立教愛好会が崩し、最後はこぼれ球を9番葵沼(3年=宇都宮)が押し込み試合を振り出しに戻す。その後はお互いチャンスをものにできない時間が続く。この状況を打破したのは早稲田稲穂。試合終了1分前、10番中島(3年=早大本庄)のシュートがこぼれ、このボールを9番山根(3年=湘南)が押し込み試合終了。稲穂が怒涛の開幕3連勝を飾った。

 

第2試合は早稲田理工サッカー部(以下:早理)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フース)の試合。

お互いチャンスを作りきれない静かな立ち上がりとなった。しかし前半10分早理ディフェンスラインの一瞬の隙をつき、やや左から14番鈴木(3年=都立狛江)がゴール右へ流し込みフース先制。前半20分、早理がクロスから密集状態を作り、最後は28番中野(3年=東邦大東邦)がヘディングで押し込み同点に追いつく。

後半はお互いサイドからの攻撃が目立つなか後半20分、左右に早理ディフェンスを揺さぶり、最後は右からのクロスに9番小竹(3年=新潟明訓)が合わせ早理を突き放した。早理も少ないながらチャンスを作るが終始中央フースペースの試合となり、そのまま2-1で試合終了。中央フースが勝ち点2差で早稲田稲穂を追撃する形となった。

 

第3試合は審判着着用ルール違反で勝ち点を1失ってしまった早稲田FC.GUSTA(以下:グスタ)と開幕からなかなか波に乗り切れない明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)の試合。

開始からグスタがボールを支配する時間が続く。その勢いのまま前半10分に相手のミスからボールを奪い、10番宮沢(3年=東朋)がゴール左隅へ流し込む。

後半2分、11番金田(3年=久我山)と14番三橋(3年=久我山)の2人の崩しから、最後は18番杉本(2年=桐光)がスライディングで押し込んだ。グスタは後半疲れが見え始め、計3枚のイエローカードを出してしまうが、危なげなく2勝目をあげた。

 

第4試合は今季一部リーグ初の明治ダービーとなる、明治大学エスペランサ(以下:明治エスぺ)と明治大学生田サッカー部(以下:明治生田)の試合。

前半15分生田のハンドで得たフリーキックを、41番神山(2年=座間)が頭で合わせ明治エスぺが先制する。その後は互いにチャンスをものにできない時間が続く。

後半に入ると明治エスぺのペースとなっていく。後半10分またもや明治エスぺの41番神山がクロスに合わせ2点目を獲得する。生田もチャンスを多く作ったがゴールまでは至らなかった。この試合で明治エスぺはリーグ戦初勝利を飾った。

 

次週は集中開催で単独首位を走る早稲田稲穂が、2位中央フースと3位グスタの2チームを迎える。早稲田稲穂が優勝するには非常に大事な週になる。中央フースとグスタにとっても、優勝争いをするには何としても勝ちたい試合である。また他チームも他力ではあるがまだ優勝を狙える状況であり、ここからの巻き返しに期待したい。

 

%ef%bc%94%ef%bc%94

【第4節】(10月27日)

[波崎ユニオングラウンド]

早稲田稲穂 2-1 立教愛好会

[稲]豊田 山根

[立]葵沼

中央フース 2-1 早理

[中]鈴木 小竹

[早]中野

グスタ   2-0 明治体同

[グ]宮沢 杉本

明治エスぺ 2-0 明治生田

[エ]神山2

Written by

齋藤優

saito.yu

Keywords

Recommend

コラム 2018.05.25

【BMOM95】早稲田稲穂GK落合裕太(3年=日大藤沢)頼れるGKはカバーリングスキルも卓抜!

[05.20  新関東カップ 2018 3回戦  早稲田稲穂 0(6)-(5)0 早稲田ヒューマン 鹿島ハイツ第4グラウンド] スコアレスドロー、枠内シュート無し。 このような試合展開…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.05.25

【BMOM42】鉄羅周太(2年=郡山)驚異の無回転キッカーの強烈な一撃で試合を決定づける!

5月20日新関東3部所属の首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は、同リーグ2部所属の慶應義塾大学FC.e.l.f.(以下:e.l.f.)と対戦した。 立ち上がりの得点で試合を優位に進めた八雲だったが、…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.09

【ハイライト動画】アットホームカップ決勝

新企画のハイライト動画更新です! 記念すべき第1回目は11月3日に行われた「アットホームカップ決勝」のハイライト動画を作成しました!!   早稲田大学稲穂キッカーズvs法政大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.14

【ユニフォーム特集 adidas編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more 小川雄矢
コラム 2017.10.18

【BMOM77】三好駿(2年=福島東)ラスト10分の攻防、鍵を握るのはこの男!

新関東リーグ2017の1部第3節、明治大学体同連サッカー部(以下体同連)と早稲田大学F.C.GUSTA(以下GUSTA)の試合がZOZOパークで行われた。 初戦ということで、両チーム気合が入っていた…

read more 遠藤拓朗
コラム 2017.11.30

【BeYonD協賛イベント】ドルトムント観戦ツアーはいったい誰の手に!?豪華賞品をかけたHIS主催フットサル大会!!

2017年10月28日(土)MIFA Football Palkにて、私たちBeYonDが協賛させていただいたイベントが行われた。その名も… ~本場の海外サッカーを観に行こう~ HIS主催フットサ…

read more 古平 翔太
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.19

【新歓記事2018 vol.9】日本大学のチーム紹介

第9弾は日本大学のサッカーサークル紹介です! 日本大学教育サッカーBAMBINO ・自分達のサークルを一文で表すなら (笑) ・大学、チーム名 日本大学教育サッカーBAMBINO…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.06

【新歓記事 2018 vol.5】青山学院・立教大学のチーム紹介

青山学院大学理工サッカー部 ・自分達のサークルを一文で表すなら(山田) ・大学、チーム名( 青山学院大学理工サッカー部) ・活動地域( 神奈川県相模原市 ) ・設立年(?)…

read more 浅川大樹
コラム 2017.03.11

新チーム始動インタビュー第4弾”青山学院大理工サッカー部 亦野陸生”

2年前の夏の祭典マガジン杯で圧倒的な力を見せつけて優勝した青山学院理工サッカー部。当時1年生でその優勝をピッチで経験した亦野陸生(2年=八千代)。亦野は今年度、青山理工のキャプテンになった。新チームと…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-