【新関東リーグ2019一部・第4節】最大の山場である早稲田ダービー。FC.GUSTAが執念の逆転勝利!

高澤航平

開幕からしっかりと三連勝を収め、今節も勝利し優勝に向け弾みをつけたい早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。対するは3節を終え3位となんとしてでも今節勝ち点3をもぎ取り優勝争いに関わりたい早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)。多くのギャラリーが見守る中、早稲田学内戦決勝以来の因縁の対決が行われた。

img_5442稲穂スターティングメンバー

img_5432グスタスターティングメンバー

前半

前半6分、最初にシュートを放ったのは稲穂。今大会躍動中の二年シャバシュ哲生(2年=暁星)が左サイドからバイタルエリアに切り込み、待っていた9番山根(3年=湘南)が左足を振り抜いた。しかし、今大会調子を上げているグスタの守護神重松(3年=大森FC)ががっちりキャッチ。

拮抗された展開が予想されたゲームであったがゴールマウスが破られたのは前半9分。

左サイドから右サイドに流れてきたボールを強烈な左足を持つ稲穂の20番豊田吏央(2年=幕張総合)が保持。グスタのバックラインが対応するものの、抜き切ることなくタイミングをずらして技ありのシュートがネットを揺らした。パワーに定評のある豊田であるが、テクニックを駆使したシュートで攻撃の多彩さを披露した。img_5443

ここで稲穂が勢いに乗るかと思われたが、グスタの真骨頂であるパスワークからチャンスを演出し稲穂ゴールを脅かす。

11分、左サイドで奥本統太郎(2年=國學院久我山)が持ち上がり、三橋智哉(3年=國學院久我山)、金田直輝(3年=國學院久我山)とのコンビネーションで攻め上がりギャラリーを沸かせた。

グスタは18分、21分とチャンスが立て続けに訪れるもなかなかものにできない。

そんな中グスタに待望のゴールをもたらしたのは2節、3節と得点を挙げすっかりタレント軍団の一角をなす選手となっている杉本達郎(2年=FC栗の木)であった。23分、右サイドから放り込まれた三橋のフリーキックを宮沢が折り返し、ペナルティエリア内での混戦の末、杉本が値千金のゴールを挙げた。

今年は例年よりセットプレーからの得点が多いグスタに立て続けにセットプレーからのゴールが生まれる。

28分、稲穂がバイタルエリアでグスタにフリーキックを献上。「中で触らなくても直接入るようなボール蹴り込んで。」という關慎之介(3年=浦和レッズユース)の言葉通りに三橋の右足から正確無比なキック放たれ、ボールはゴールに吸い込まれた。

前半で逆転に成功したグスタの興奮冷めやらぬままスコアは2—1で折り返した。

後半

後半最初のチャンスを迎えたのはグスタ。稲穂がグスタ陣に攻め上がるもグスタがボールを奪う。前線に残っていた宮沢にロングパスが入り、持ち前の機動力で一気に攻め上がるも二年生ながら稲穂ゴールマウスを任されている松山嘉宏(2年=早大本庄)がセーブ。

続くは稲穂。5分、10分、11分と立て続けにコーナーキックを獲得し、グスタゴールを脅かす。その後もバックラインから放たれる正確なロングボールから稲穂の大エース中島剣士郎(3年=早大本庄)が収め、幾度となくチャンスを作るもゴールには繋がらず。

23分、グスタが再び細かいパスから稲穂ディフェンダーを翻弄。中央の金田から左の三橋、もう一度中央で待つ宮沢、そして右の杉本へというピッチの幅を使った攻撃からシュートを放つも松山がキャッチ。

後半はディフェンス陣の凄まじい集中力によりお互い攻め上がるもあまり決定機は生まれず、2-1でグスタがリードしたまま後半終了のホイッスルが鳴った。

今季最大の注目カードであった早稲田ダービーはグスタが勝利。第4節を終え稲穂、グスタ共に勝ち点9とさらに優勝争いの激しさが増すこととなった。この2チームの対決はロングボール対ポゼッションと称されがちだが、今回のゲームを見る限り両チームとも多様なスタイルで戦っているように思えた。

優勝争いと合わせて稲穂キッカーズ、FC.GUSTAのプレースタイルにも注目していきたい。

Written by

高澤航平

Takaza

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more 澤田結人
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.25

【BMOM42】鉄羅周太(2年=郡山)驚異の無回転キッカーの強烈な一撃で試合を決定づける!

5月20日新関東3部所属の首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は、同リーグ2部所属の慶應義塾大学FC.e.l.f.(以下:e.l.f.)と対戦した。 立ち上がりの得点で試合を優位に進めた八雲だったが、…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】 マッチプレビュー

第1試合 中央大学サッカー同好会 vs 早稲田大学稲穂キッカーズ 早稲田稲穂と中大同好会、この2チームは新関東リーグを語るには欠かせない2チームである。新関東リーグ創設時から2チームはライバル関係と…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.12

【新関東リーグ2017・1部第6節ハイライト】稲穂の優勝は次節までお預け!より激化する残留争い!

11月11日、ZOZOPARK にて新関東リーグ2017 ・1部第6節が行われた。 リーグ戦も終盤に差し掛かり優勝争い・残留争いが一層過激となり見所の多い試合となった。 明治大学体同連サッカー…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.06.13

ドイツの地で海外サッカー挑戦をしてみませんか??同好会で磨いたその実力を海外でみせつけよう!

同好会選手の皆さん!こんにちは、初めまして!FC BASARA Mainzです。 もうすぐ4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップが開催されますね。 日本代表選手のうち、7名もの選手がブンデスリ…

read more 浅川大樹
コラム 2017.08.28

【マネの想いvol.9】”何があっても、応援し続ける”

明治大学体同連サッカー部  藤原由衣さん     −体同連としての3年間の結果はどのようなものでしたか? 2年のときが1番強かったと思います。私た…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.06

【新入生必見!同好会チームガイドvol12】法政大学編その2

同好会チームガイドMARCH特集も大詰めを迎えました! MARCHのトリを飾るのは法政大学の4チームです! 法政大学工体連サッカー部 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ2部、理工…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.27

【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です! 今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所…

read more 上野澄人
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more 澤田結人

-PICKUP CIRCLE-