【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

大竹彩郁

約一年越しに帰ってきました!第二弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは…

中央大学体同連FUSSBALL CLUB

3年 川田珠莉さん

 %e3%80%90%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%81%ae%e6%83%b3%e3%81%84vol-1%e3%80%91fussball-%e3%83%9e%e3%83%8d%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

―FUSSBALL CLUB(以下フース)に入ったきっかけを教えてください。

元々サッカーサークルに興味があって、同じ高校のプレの先輩がフースに入っていたので存在は知っていました。どんなサークルなのかなと思い新歓初日にたまり場に行ってみたら、先輩みんなが本当に面白くて、もう即決でした。その日から毎日たまり場に通っていました。なので、早い段階でフースを選んでいましたね。

―なぜマネキャプになろうと思ったんですか?

新歓されたときから先輩が面白くて大好きだったのもあり、練習や合宿は毎回フル出席で、カップ戦・リーグ戦も毎週参加していたら、同期のマネージャーの中で一番フースに詳しくなっていました1年の時の学年合宿でチームのマネキャプを任せてもらったときに、みんなを引っ張っていく役割がすごく楽しかったんです。また、その時期から1個上の先輩とも将来的なことについて相談をするようになり、いざ自分たちの代が始まるときに自分たちで何をやりたいかを考えたら、私はやっぱりマネキャプがやりたいという気持ちが強かったです。この気持ちをマネージャー会議で同期に伝えて、今フースを支えるマネキャプを任せてもらっています。

フースのマネージャーは他のチームと差をつけている点はありますか

常にプレーヤーより先の行動を心掛けています。練習や合宿の集合時間はもちろん、練習の準備ではメニューに合わせてマーカー、ビブスを色や枚数にごとに分けて次のメニューにスムーズに移れるようにサポートします。勝つために日々練習しているプレが、良い環境で練習できるようにサポートすることが私たちマネージャーのできることだと思うので、いかに決められた時間を有効的に使って練習できるかを考えます!合宿では、洗濯乾燥から畳んでプレの部屋の前に並べて置くところまでやるので、もうお母さんですね(笑)

%e3%80%90%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%81%ae%e6%83%b3%e3%81%84vol-1%e3%80%91fussball-%e3%83%9e%e3%83%8d%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

フースって毎回の練習に絶対10人はマネージャーが参加していますよね。

マネージャーはシフト制で回しています。2マネは基本的に練習に参加するのが当たり前ですね。先輩方のそういう姿を見て育ってきたからこそ全然苦に思わないし、むしろ今では普通だと思っています。1マネも何人か来てくれるので、基本的に毎回10人くらいでサポートしています。

―春から3マネですが、目標とするマネージャー像はありますか?

今年は同期のマネージャーが癖強い子が多くて(笑)その中では私は全然落ち着いているほうなんですけど、みんなにぎやかで楽しいです。歴代の3マネの方って憧れのお姉さんっていうイメージが強いですが、私たちは面白い子がたくさんいるのでその個性を生かしてみんなから親しまれる3マネ」になりたいって思ってます。

1c870370-1396-4b56-b0ca-052f2b976ce8

確かに今年のフースは全体的にワイワイしてて楽しそうって印象があります。プレーヤーはどんな人が多いですか?

仲間想いな人が多いです。みんな常に明るくて、でも試合になると真剣で、仲間のためにチームで戦う雰囲気があります。特に同期のプレは、今のメンバーで本当によかったって思っています。何でも相談できるし、彼らからもこうしてほしいって意見をくれたりするし、全員がフースバルに熱いし、なんでも言い合える関係なので最高です。

―素敵な関係性ですね。今年の代が目指す姿は?

34期は「和以征技」です。チームのみんなで戦う、という意味なんですが、今年のフースバルはみんな仲が良くて全員で協力し合える雰囲気があるので私たちにピッタリです。先輩方が繋いでくださったバトンを崩さずに、より大きいものにして後輩に繋ぎたいと思います。

–フースバルといえば常に上位の強豪のイメージがありますが、今年も期待がある反面正直プレッシャーも大きいのではないですか?

そうです、ハラハラしてます。学内戦の時点ですごいプレッシャーでしたが、結果優勝できたので一安心でした。でも次の目標はカップ戦でもう一度優勝を取り返すこと。その次はマガ杯で優勝、リーグ戦でもう一度優勝を取り返すこと。つまり、全タイトル獲りたいです!目指すは4冠。今のところ、冬のプレミア大会と学内戦で優勝を獲れているので、この調子で頑張りたいです。

e7b3f2ca-dec2-498e-894f-c76eb9257e0b

–フースでしか得られないものは何だと思いますか?

プレーヤー、マネージャー共に同じ気持ちで戦える環境です。フースバルでは、マネもプレに負けないくらい熱い気持ちで戦ってます。勝った時の喜びとか、負けた時の悔しさは、日々の練習あってのことだと思うので、マネも練習に積極的に参加してもらうようにしています!

―ずばり、フースの魅力とは?

全員がサッカーに全力になれるところです。みんなでいろんな景色を見て、がむしゃらに夢中になれる場所があるっていうのは、フースバルの魅力だと思います!b2a680e5-e469-463f-80bb-d42dc7f0e639常に上位に君臨し続ける強豪フースバルだからこそ、その強さをアップデートしていく事へのプレッシャーは大きいと彼女は語った。しかし、34期は「和以征技」の想いを全員が胸に抱いている。自分達らしい戦い方でフースバルの歴史を作るべく、全タイトル制覇に挑戦するのだという。自らがマネキャプとしてフースバルを引っ張っていくと決めた彼女は、今後どんな壁に阻まれようと誰にも負けないフース愛で乗り越えていくだろう。彼女の成長と34期フースバルの飛躍がとても楽しみである。

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

大竹彩郁

otake

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.16

【同好会基礎情報Vol.4】早慶MARCHの頂点!圧倒的試合数をこなすUNION LEAGUEってなに?

【同好会基礎情報Vol. 4】 早慶MARCHが覇権を争う?!圧倒的な試合数をこなすUNION LEAGUEとは?   大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.30

【新関東リーグ2019・1部第7節マッチハイライト】優勝したのは、グスタ!降格するのはまさかの、、、

2019年の新関東リーグの最終節は台風の影響で延期になったアットホームカップの関係で、11月16日と11月23日の2日間に分けられて開催された。 今節まで優勝チームも降格チームも確定していない中…

read more 丸山椋大
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more 古平 翔太
コラム 2021.06.08

【関東・関西サッカーサークル対談企画】東西の強豪チームが語るサークルの存在価値とは。

こんにちはBeYonD編集部です。 今回はBeYonDの新しい企画として、新関東リーグ1部に所属する早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と、関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する…

read more 山田大晴
コラム 2018.04.16

【フットサル新歓記事vol.5】東京大学編(さんぱち先生、FIFTY626)

・自分達のサークルを一文で表すなら 以和征技  ・大学、チーム名  東京大学、さんぱち先生 ・活動地域  東京都内 ・設立年 2000年 ・所属リーグ  F…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.05

【新歓記事 2018vol.6】明治大学のチーム紹介

第6弾は明治大学のサッカーサークル紹介です!   明治大学Groovykids ・自分達のサークルを一文で表すなら サッカーも遊びも日本一! ・大学、チーム名 明…

read more 大塚朝史
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2017.06.01

【BMOM52】樋下田泰成(2年=伊勢崎商業) 和製ロナウドと呼び声の高いゴールゲッター

先日行われた新関東カップ4回戦明治大学体同連サッカー部(以下体同連) vs 日本大学生産工サッカー部(以下生産工)。18時キックオフというナイターゲームはZOZOPARKで行われた。 試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM5]FW谷口友哉(3年)ストライカーが残留へ望みをつなぐ決勝点

テクれ谷口 最下位と負けられない中、挑んだ第4節の明治大学グルービーキッズ戦。0-0で前半を折り返し、迎えた後半3分、勝ち点0の早稲田大学HUMANが先制点を決める。決めたのは背番号9番谷口 友哉(…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-