【キャプテン特集vol.1】サークル屈指の熱き闘将

BeYonD 編集部

こんにちは!

今回の記事はキャプテン特集です!

第一弾は昨年、悲願の新関東1部昇格を決めノリに乗ってる

慶應義塾大学理工学部サッカー部

3年 田中崇太

さんです。

e874533d-65c2-4792-b0bd-3fc5a5183f03

キャプテンをやる上で心がけていることや苦悩を話してくれました!

サークルへの熱い思いなども語ってくれているので皆さん必見です。

 

①チームをまとめる上で大変なことは?
100名を超える団体なので、全員を同じ方向に向かせることが1番難しいです。また、人数が多いのでメンバー選出は毎回非常に悩みます。一人一人違った長所があるので、そこを幹部中心に見つけて、毎回話し合いをしています。他の幹部もとにかくリコタイのために動いてくれる人たちなので、助けられてばかりです。

②キャプテンとして心がけていることは?
とにかく多くの部員とコミュニケーションを取ることです。学年や役職関係なくフラットな環境作りを目指しています。
そのようなコミュニケーションを通じて、一人一人の良さを引き出すように意識しています、
あとは、どうしても部員全員モチベに波があるので、ミーティングや話し合いを通じて、モチベーションアップをさせることを重視しています。

2c397e0b-cd1f-4c52-8586-66ebb4afab2d

 

③キャプテンになった経緯は?
特にこれといった理由はないんですが、1年の時の合宿の幹事をやったりしていたことで、自然とそのような雰囲気が出ていました…違ったら恥ずかしいのですが。

④キャプテンに選ばれたときの心境はどんな感じでした?
とにかく歴史がある団体なので、責任やプレッシャーはすごかったです。あとは、前代表からどんな時もリコタイのこと考えなきゃいけないよと言われたので、不安や大変さは感じました。しかし、本気で代表としてリコタイを全国に連れて行くという熱意が湧いてきました。

df16c13c-8c25-445a-a69c-06d592d1b324

 

⑤理想のキャプテン像は?

恥ずかしながら背中で語るキャプテンですかね。もう新入生にもバレているんですが、とにかく自分は面白いこと言えないし、笑いも取れません…。なので、試合の中での熱いプレーや、練習で一切力を抜かないなど、サッカーに対する姿勢で信頼を得るのが理想のキャプテン像です。

⑥コロナ期間中チームをどうまとめている?
全体LINEで適時モチベーションアップを促す文を送ったりはしています。新歓係がたくさんのイベントを企画してくれたり、ブログリレーを行ったりすることで、なんとかモチベーションは維持できていると思います。新歓係がいたから、このコロナの期間もチームが一つになることができました。あとは、部員一人一人が学内戦や練習再開のためにトレーニングに励んだりしてくれたので本当に感謝しています。逆にこの期間でリコタイはまた一つ強くなったんじゃないかなって感じています。

86b916c2-5554-4557-bd81-95f14cfcb339

 

⑦マガ杯が中止になってしまいましたが、次なる目標は?
1番の目標は学内戦優勝です。これは新チームになってからずっと掲げている目標です。近年リコタイは慶應の王者から遠ざかってしまっているので、なんとしてでも王座奪還します。あとは、リコタイとして長い歴史の中で何かしらの功績を残すことです。活動ができなくなるという状況は想像もしていなかったし悔しさももちろんありますが、最後の現役生活もう一度チーム一丸となってリコタイを盛り上げていきたいと思っています。

⑧あなたにとってリコタイとは?
とにかく熱い集団です。プレーヤーは全員やる時は本気で取り組むし、マネージャーも全員チームのために行動してくれる尊敬できる人たちばかりです。大学に入って、こんなに応援が凄いチームあるとは思っていませんでした。OBOGの方々もたくさん試合に来てくれるんです。それくらい応援の迫力が凄いです。「リコタイの応援は観戦じゃない、参戦だ。」って言葉があるんですけど、まさにその通りだと思います。メンバーだけじゃなく、チーム一丸となって目標のために頑張れるような熱い集団です。そんなチームをもう一度全国に連れて行って、リコタイは強いんだってところを示したいです!

 

毎年上位に食い込んでいるが今年こそは優勝を掴み取りたいリコタイ。謙虚ながらも熱いプレーでチームを鼓舞し続けるキャプテンがどのようにチームを率いていくのか大注目です!

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.17

【新関東リーグ2017・1部最終節】マッチプレビュー 激化する残留争いまとめ!

2017年11月18日 鹿島ハイツにて新関東リーグ最終節、全4試合が開催される。 本日までに全チーム6試合消化し、残すはあと1節となった。 現在優勝の可能性が残されているのは早稲田大学稲穂キッ…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.11.10

【BMON114】遊馬幹彦(4年=熊谷西)カンテにアザール?!今回のBMONは多彩なプレーを持つあの男!

11月3日鹿島ハイツで行われた新関東1部第5節。明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)のフィジカルとテクニックが相対した。結果から先に言おう。結果は3対3。壮…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.16

【フットサル新歓記事vol.5】東京大学編(さんぱち先生、FIFTY626)

・自分達のサークルを一文で表すなら 以和征技  ・大学、チーム名  東京大学、さんぱち先生 ・活動地域  東京都内 ・設立年 2000年 ・所属リーグ  F…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.06

【新関東リーグ2021・1部第5節マッチハイライト】新関東リーグも遂に折り返し。勝ち点を積み上げ、優勝に近づいたチームはどこだ!?

10月16日(土)に開幕した2021年の新関東リーグも第5節で折り返しを迎え、目が離せない稀に見る大混戦となっている。   11月6日(土)、鹿島ハイツで行われた新関東リーグ第5節の結果…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.05

【BeYonD History vol.1】“真面目老害” 古平翔太編

新企画がスタートしました! 今回はBeYonD内部でメンバーの紹介も交えながら各メンバーがどうしてBeYonDに入ってどんな気持ちで活動しているのか等、普段の記事だけでは分からない内情を発信していけ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.28

【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。   それが同好会トレセンです!!…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.17

【高校別OB座談会vol.2】専修大学松戸高校OB座談会!フィジカルトレーニングを講座でサボる!?週に一度の名物「朝座禅」の思い出も

久我山座談会に引き続き、高校別座談会第二弾! 昨年、関東大会にも出場し、選手権予選ではインハイ準優勝の流経柏高校と熱戦を繰り広げた専修大学松戸高校のOBの5選手が登場!左から専修大学Sefida…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝

-PICKUP CIRCLE-