【女子必見】サッカーサークルイケメン巡り 〜第1回 中央大学編〜

BeYonD 編集部

突然ですが、イケメンはお好きですか?
特に女子のみなさん!学校、仕事、恋愛、友達…なにかと悩みが尽きませんよね?
そんな女子たちの疲れた心を癒すのにうってつけなイケメン特集です。
記念すべき第1回は自然豊かな多摩にキャンパスを構える中央大学のイケメンたちです!

一緒に歩きたい!おしゃれイケメン

image1

中央大学サッカー同好会
ポジション:ボランチ
サッカー歴:15年

スラッと背が高く、スタイル抜群でまるでモデルさんのよう!
イケメンは話しかけづらい…恐れ多い…というような概念を吹き飛ばしてくれるほどのギャグセンの高さにギャップ萌え間違いなしでしょう!
所属するサッカー同好会では今年4月に行われたグアムチャレンジカップで見事優勝し、サッカーサークル日本一の称号に貢献!
ちなみにサッカーをやっていて良かったことは、『モテる』ことだそう!
ピークの小学校のときには、ただの練習試合にも関わらず、わざわざ噂のイケメンくんを拝みにくる女子が続出したとか、、、?

image2

 

声かけられたい!やんちゃイケメン

image3

中央大学FUSSBALL
ポジション:フォワード
サッカー歴:13年

金髪で颯爽と歩く姿が周囲を圧倒!一見チャラくて怖く思われがちだけど、ほんとは優しくてフレンドリーなイケメンさんです!
出身は富山県ですが、高校時代の友人に影響されたという関西弁がなんともすてきです!
あの本田圭佑を輩出した星稜高校で、第94回全国高校サッカー選手権大会第3位の実績を持つストライカー。
高さをいかしたヘディングでゴールを量産し、チームを勝利に導いています。
高校ではサッカー漬けの青春を過ごし、恋愛には無頓着だったという彼。
意外にも恋愛には奥手だというイケメンにギャップ萌えしてしまうのは当然ですね!

image4

 

ムードメーカー!友達になりたいイケメン

image5

中央大学サッカー同好会
ポジション:ボランチ
サッカー歴:12年

思わずハーフかな?と思ってしまうような彫りの深い顔立ちが特徴のイケメン!冴え渡るツッコミにプラスして面倒見もよく、盛り上げ上手な彼はみんなのリーダー的存在です!
守備を主にした潰し屋として身体をはる、チームにはかかせないひとり。高校時代はランニングをするイケメンを一目見ようと、ファンクラブなるものが発足したそう。
これ、マンガのようですがほんとのはなしなんですって、、、!
普段はおちゃらけている彼の真剣にサッカーに取り組む姿に、女子は思わずキュンときてしまうのではないでしょうか?

image6

 

爽やか!隣の席になりたいイケメン

image7

中央大学ALPHARD
ポジション:フォワード
サッカー歴:13年

ニコニコ笑顔で親しみやすさナンバーワン!
飾らない性格と人なつっこいスマイルでクラスの人気者だったこと間違いなしのイケメンです!
普段サッカーサークルで華麗にゴールを決める彼ですが、放課後はなんとオシャレカフェの店員さん♪
こんなイケメンにコーヒーを入れられてみたいものです!
サッカーでは運動量の多さと高さのあるヘディングで神奈川県選抜に選ばれたこともあるほどの実力。
軽やかにフィールドを駆け回る姿に女子は釘付け間違いなしでしょう!

image8

 

いかがでしたでしょうか?
今回は中央大学のサッカーサークルから4人のイケメンたちを紹介しました!
やっぱりスポーツをしている姿はグッとくるものですね!
これを機にサッカーを観に行ってみるのもいいかもしれません!
お気に入りのプレイヤーが見つけられるかも、、、?
次回もおたのしみに!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more 古平 翔太
コラム 2017.10.29

【サークルの起源vol.1】第一回目はサッカーよりお酒!?なあのチーム

みなさんは自分たちのサークルがどのようにできたか知っていますか? なかなか知る機会がないのではないでしょうか! なので自分が所属しているサークルのことをより知ってほしいと思いこの企画を作り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.26

【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の"いぶし銀…

read more 古平 翔太
コラム 2017.11.15

【BMOM83】フースバルを勝利へと導く左足!膠着を破った左SB中村豪(2年=洛南)

2017年11月11日、ZOZOPARKにて新関東リーグ・1部第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 試合は…

read more 大塚朝史
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more 大塚朝史
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more 神垣柚乃
コラム 2017.10.28

【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。 早稲田稲穂 - 明治体同連 1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サ…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2017.11.17

【新関東リーグ2017・1部最終節】マッチプレビュー 激化する残留争いまとめ!

2017年11月18日 鹿島ハイツにて新関東リーグ最終節、全4試合が開催される。 本日までに全チーム6試合消化し、残すはあと1節となった。 現在優勝の可能性が残されているのは早稲田大学稲穂キッ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.10

【BMOM24】安藤匠(1年=東福岡)がピッチ上の監督として君臨しタレント軍団を統率した

フースバルの監督 安藤匠 その世代での今後のサッカーサークル勢力図を占うと言われている新人戦一年生大会。前日程で行われた新人生一年生大会vol.1の決勝カードは中央大学フースバルクラブダービーで…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.02

【BMOM37】小池建(3年=幕張総合)強烈な左足で1G1Aの活躍

【新関東カップ2017 1回戦】K9 football park ICHIHARA 早稲田大学CRUYFF 0-4 明治大学BeeVoo MF小池建(3年=幕張総合) 新関東カッ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-