【女子必見】サッカーサークルイケメン巡り 〜第1回 中央大学編〜

BeYonD 編集部

突然ですが、イケメンはお好きですか?
特に女子のみなさん!学校、仕事、恋愛、友達…なにかと悩みが尽きませんよね?
そんな女子たちの疲れた心を癒すのにうってつけなイケメン特集です。
記念すべき第1回は自然豊かな多摩にキャンパスを構える中央大学のイケメンたちです!

一緒に歩きたい!おしゃれイケメン

image1

中央大学サッカー同好会
ポジション:ボランチ
サッカー歴:15年

スラッと背が高く、スタイル抜群でまるでモデルさんのよう!
イケメンは話しかけづらい…恐れ多い…というような概念を吹き飛ばしてくれるほどのギャグセンの高さにギャップ萌え間違いなしでしょう!
所属するサッカー同好会では今年4月に行われたグアムチャレンジカップで見事優勝し、サッカーサークル日本一の称号に貢献!
ちなみにサッカーをやっていて良かったことは、『モテる』ことだそう!
ピークの小学校のときには、ただの練習試合にも関わらず、わざわざ噂のイケメンくんを拝みにくる女子が続出したとか、、、?

image2

 

声かけられたい!やんちゃイケメン

image3

中央大学FUSSBALL
ポジション:フォワード
サッカー歴:13年

金髪で颯爽と歩く姿が周囲を圧倒!一見チャラくて怖く思われがちだけど、ほんとは優しくてフレンドリーなイケメンさんです!
出身は富山県ですが、高校時代の友人に影響されたという関西弁がなんともすてきです!
あの本田圭佑を輩出した星稜高校で、第94回全国高校サッカー選手権大会第3位の実績を持つストライカー。
高さをいかしたヘディングでゴールを量産し、チームを勝利に導いています。
高校ではサッカー漬けの青春を過ごし、恋愛には無頓着だったという彼。
意外にも恋愛には奥手だというイケメンにギャップ萌えしてしまうのは当然ですね!

image4

 

ムードメーカー!友達になりたいイケメン

image5

中央大学サッカー同好会
ポジション:ボランチ
サッカー歴:12年

思わずハーフかな?と思ってしまうような彫りの深い顔立ちが特徴のイケメン!冴え渡るツッコミにプラスして面倒見もよく、盛り上げ上手な彼はみんなのリーダー的存在です!
守備を主にした潰し屋として身体をはる、チームにはかかせないひとり。高校時代はランニングをするイケメンを一目見ようと、ファンクラブなるものが発足したそう。
これ、マンガのようですがほんとのはなしなんですって、、、!
普段はおちゃらけている彼の真剣にサッカーに取り組む姿に、女子は思わずキュンときてしまうのではないでしょうか?

image6

 

爽やか!隣の席になりたいイケメン

image7

中央大学ALPHARD
ポジション:フォワード
サッカー歴:13年

ニコニコ笑顔で親しみやすさナンバーワン!
飾らない性格と人なつっこいスマイルでクラスの人気者だったこと間違いなしのイケメンです!
普段サッカーサークルで華麗にゴールを決める彼ですが、放課後はなんとオシャレカフェの店員さん♪
こんなイケメンにコーヒーを入れられてみたいものです!
サッカーでは運動量の多さと高さのあるヘディングで神奈川県選抜に選ばれたこともあるほどの実力。
軽やかにフィールドを駆け回る姿に女子は釘付け間違いなしでしょう!

image8

 

いかがでしたでしょうか?
今回は中央大学のサッカーサークルから4人のイケメンたちを紹介しました!
やっぱりスポーツをしている姿はグッとくるものですね!
これを機にサッカーを観に行ってみるのもいいかもしれません!
お気に入りのプレイヤーが見つけられるかも、、、?
次回もおたのしみに!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.04

【新関東FL1部第4節 ・第5節】マッチプレビュー

1位 早稲田大学稲穂キッカーズ 勝ち点9と首位を走る稲穂は今週末、中央大学フースバルクラブと立教大学サッカー愛好会と対戦する。稲穂は11月3日にアットホームカップ決勝を戦った。この試合が土曜日の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more 古平 翔太
コラム 2019.11.05

【BMOM138】三橋智哉(3年=國學院久我山)因縁の対決を勝利に導いたのは、待ちに待ったこの男!

リーグ戦優勝を占う大事な一戦、3節を終えて1位の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と3位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の因縁の早稲田ダービーは2対1でグスタの勝利に終わった。 この…

read more 丸山椋大
コラム 2017.06.26

【新関東カップ2017決勝】フォトギャラリー

重戦車23番小田島(3年=國學院久我山)は6番米澤(3年=早実)を突破することはできず。対する米澤は得点に絡む活躍で注目のマッチアップは明暗が分かれた。   22…

read more 古平 翔太
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.20

【マネの技術Vol.1】消毒液は使わない?プレが怪我した時に使える技術〈応急処置編〉

マネージャーをしていると、プレイヤーの怪我の手当ては日常茶飯事。でも、なんとなく知っている知識でなんとなく行っていませんか?是非この記事を読んで応急処置をマスターし、知識と技術をもったマネージャーにな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

【ハイライト動画】アットホームカップ決勝

新企画のハイライト動画更新です! 記念すべき第1回目は11月3日に行われた「アットホームカップ決勝」のハイライト動画を作成しました!!   早稲田大学稲穂キッカーズvs法政大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.04

【美女マネvol.15】第15回の今回は冬に咲く桜のような趣深いマネ!

  こんにちは!   最近寒いですね~。   と思ったら、     桜が咲いておりました。 …

read more 上野澄人
コラム 2017.08.28

【マネの想いvol.9】”何があっても、応援し続ける”

明治大学体同連サッカー部  藤原由衣さん     −体同連としての3年間の結果はどのようなものでしたか? 2年のときが1番強かったと思います。私た…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.05

【同好会基礎情報vol.7】稲穂FESTAってなに?

  GWも終盤にさしかかってきましたね!   どのチームも新歓が終わり一息ついてるところだと思います!   そしたらやっぱり気になるのが、明…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-