【新関東リーグ入れ替え戦】マッチプレビュー

BeYonD 編集部

 早稲田大学HUMAN.F.C.(1部) vs 明治大学体同連生田蹴友会(2部)

12月3日、早稲田大学HUMAN.F.C.と明治大学体同連生田蹴友会による、1部2部入れ替え戦がZOZOPARKで行われる。このカードは今年度に2度行われていて、いずれも早稲田HUMANが勝利している。
最終節の早稲田稲穂との早稲田ダービーに敗れ、惜しくも7位に転落してしまい入れ替え戦となってしまった早稲田HUMAN。早稲田HUMANは11月29・30日に行われた全国大会にて、3位という結果を残した。この全国大会で勢いづいたのか、はたまた疲労が残ってしまったのか、気になるところだ。

 

対して最終節に大逆転で2部リーグAの首位に躍り出た明治生田。先週の早稲田GUSTAとの自動昇格戦に敗れてしまい、入れ替え戦となった。

img_3198

早稲田大学HUMAN.F.C. 

1部リーグで3連敗からの怒涛の3連勝で最下位からの大逆襲を見せたが、最終節で敗北し7位となってしまった。しかし勢いに乗った早稲田HUMANは強い。最終節の早稲田稲穂戦で負けてはしまったものの、最後までゴールを脅かし続けた。全国大会でも3位と検討し、アットホームカップ準優勝の法政学団連に勝利している。唯一のマイナス要素は、頼れるエース谷口(3年=名古屋)の欠場だ。
その谷口に代わってゴールを量産しているのが菰原(2年=熊本国府)と佐藤(3年=成城)、このFWの2人だ。大きな体を持っているわけではない、右SH菅井(3年=牛久栄進)のようなスピードを持っているわけでもない。彼らは、FWとしての質の高い動きやゴールへの嗅覚が非常に高い選手だ。全国大会でもこの2人の決定力が爆発し、2人で7得点を奪った。谷口の欠場を感じさせない好調ぶりだ。

さらに、謙虚なGK山崎(2年=狭山ヶ丘)、帰ってきたキャプテン古庄(3年=柏南)、スピードスター菅井、とにかく明るい藤林(2年=比叡山)、強い関西育ちの宝代(2年=関西大倉)らタレントが揃っている。このタレント達はチームを1部残留へ導くことができるか期待だ。

img_3200

明治大学体同連生田蹴友会

先週の早稲田FC.GUSTAとの昇格戦を惜しくも破れた明治生田体同連サッカー部は、明日の入れ替え戦で同じく早稲田大学のHUMAN FCと対戦する。相手ディフェンダーが1人退場し、押せ押せムードになったところでGUSTAの高速カウンターにより2失点を喫してしまったディフェンスラインを修正することが、攻守の切り替えが速いHUMANと戦う上での1番の課題になるだろう。
明治生田の特徴は、インターハイにも出場経験のある10番小林(2年=三重海星)の左足から繰り出されるセットプレーだ。ゴール前には空中戦にめっぽう強く、得点能力のある28番野澤(3年=真岡)と77番吉崎(2年=八千代)の2人が走り込み、GUSTAのゴールを何度も脅かした。

1部で戦ってきたHUMANが相手となれば、自分達の時間は決して多くはないだろう。しかし、小林の精度の高い左足から野澤や吉崎が得点を決めることができれば、悲願の1部昇格を手繰り寄せることができるはずだ。

img_3201

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.04.27

【サッカーサークル対談】 新関東リーグ強豪の早稲田2チームが語り合う

今回はサッカーサークル対談の第一回として、同じ早稲田のサッカーサークルとしてお互いに高めあい、今年は同じ新関東リーグ一部にも所属する、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学HUMAN …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.20

【マネの想いvol.4】”稲穂は大学生活の全て”

第4弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学稲穂キッカーズ 3年 船見優奈さん −稲穂キッカーズ(以下稲穂)に入ったきっかけを教えてください。 最初は新歓コン…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.08.07

【特別企画】マネージャーの実態を聞いてみた!第一弾

こんにちは〜!   長い長い梅雨が明けてくれて、やっとみんなが大好き大好きおまちかねの夏が始まりましたね〜!   太陽ギラギラのもと、白いボールを追いかけて、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.10

【特別企画】体育会からサークルへ活躍の場を移した選手たち

こんにちは!   BeYonD編集部です。   今回は体育会からサークルへ活躍の場を移した3人の選手たちにスポットライトを当てインタビューしました。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.09

【BMOM141】フースバルを今季初勝利に導く2ゴール!2年生FWが結果で応える!

11月6日に行われた、新関東リーグ2021・1部第5節でここまで勝利のなかった中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フースバル)は欲しかった初勝利を挙げた。 この勝利に導いたフースバル19番岡本…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-