【BMOM78】浅田拓郎(3年=農大一高)怪我からの完全復活を果たしたこの男が試合を決めた!

BeYonD 編集部

新関東リーグ1部第2節、立教大学サッカー愛好会(以下立愛)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下フース)の一戦が行われた。
前節、明治大学生田蹴友会に3-0で勝利し、初戦から調子の良い立愛は、今節でも攻撃陣の活躍が期待されていた。
一方のフースも、カップ戦,マガハイで既に二冠を達成している早稲田大学稲穂キッカーズに0-0で引き分けており、守り抜いた守備陣の活躍が期待された。

両者、優勝に向けて負けられない一戦となったこの試合は、思いのほかすぐに試合が動き、前半16分には立愛が2-0でリードするという展開だった。
しかし、多彩な攻撃で立愛ゴールを脅かし続けたフースが、後半の23分に2-2の同点追いつく。という熱い展開が待っていた。

そんな中、試合の勝敗を左右したのがこの男。
立教大学サッカー愛好会10番 浅田拓郎(3年=農大一高)だ。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

同点に追いつき、勢いづくフースが、立愛陣内でボールを持つ時間が増え、「逆転するのも時間の問題か」と思われていた。
しかし、前がかりになっていたフースを、この男が押し倒すこととなる。

これまで、相手を背負うプレーや前線からのプレスで疲労が見え始めいていた浅田だったが、後半32分、中盤でボールを奪い、11番藤田(3年=暁星国際)が右サイドを駆け上がると、浅田も気合の猛ダッシュ。
クロスに頭で合わせて勝ち越しゴール。

さらに、直後の後半38分にもカウンターで抜け出した浅田はそのまま独走し、勝利を確信させる追加点を挙げる。
終始攻撃の起点となり続けた浅田は、自身も2得点の活躍でチームを勝利へ導いた。

dmof4bqvwamfbz_

この時の気持ちについて浅田は「正直、めちゃくちゃつらかった(笑)でも怪我期間中にいろいろな発見があったり、チームのために頑張ろうっていう気持ちがあったから、気合で走ったよね!」とコメント。

また、試合を振り返って、今後のリーグ戦について質問すると「みんなが気持ちの入った拮抗した試合を勝ち切れたのはデカい。でも、フース戦からはしっかりと切り替えて、立愛らしく全員でグルービーに勝ちたいと思います!ガヤも楽しみにしてます!」とコメント。

優勝候補フースに勝利し、開幕から2連勝と波に乗る立愛。
次節は明治大学Groovy kidsとの対戦となるが、2試合7得点と爆発的な攻撃力を誇る立愛を支える浅田に今後も期待したい。

 

 

立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.11.26

【新関東リーグ2022・2部B・5,6節マッチハイライト】残り2試合となったリーグ戦。最終節へ向け、勢いをつけたのはどのチームか⁉

第6節:法政大学工体連サッカー部 vs 日本大学文理学部 教育サッカーBAMBINO ここまでの成績は3勝2敗の法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)と2勝1分2敗の日本大学文理学部 教育サッ…

read more 野口日向
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2024.04.11

【新歓記事vol.4】新入生必見‼️立教大学のサッカーサークルを比較してみました!

新歓記事vol.4!!今回は、【立教大学編】です✨ 立教のサッカーサークルといえば!FC立教(通称:F立)と、立教サッカー愛好会(通称:立愛)ですよね🎶 そんな2大サークルの代表者にアンケートに答…

read more 竹中莉夏
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.15

【注目の1年生紹介記事vol.2】明治大学体同連サッカー部と中央大学サッカー同好会の注目の1年生を紹介!

前回に引き続き、注目の1年生紹介第二弾です!! 今回ご紹介するのは、2023年学年別ROUND2年生優勝・稲穂FESTA3位の明治大学体同連サッカー部と、中央大学学内戦優勝・稲穂FESTA優勝の中央…

read more 竹中莉夏
コラム 2021.09.10

青春をもう一度!合宿ランキング!

  連日の猛暑は何処へやら。9月がスタートし、涼しい日も増えてきて秋の訪れを感じる時期になってきましたね。 フレッシュな1年生を仲間として迎えてから少し時間が経ち、お互いのことを…

read more 木村彩歌
コラム 2016.12.27

【OB・OGインタビューvol.1】えっ?!ゲキサカのディレクターはあの強豪チーム出身?!

新連載!!【同好会OB・OGインタビュー】ということで、大学同好会カテゴリーを卒業して、現在、社会で活躍しているOB・OGの方々に当時の思い出などをインタビューしていきます! 記念すべき第1回の今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.19

【新関東カップ2018】 ベストイレブン

7月1日、中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)を下し、中央フースバルが稲穂の4連覇を防ぐという形で幕を閉じた新関東カップ2018。この大…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-