新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

BeYonD 編集部

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近藤巨岳(2年=三重海星)と副キャプテン浅田拓郎(2年=農大一)だ。三重の星「近藤」と溢れる闘志立教の顔「浅田」にインタビューした。

2015-2016シーズン

“1年を振り返って”

新チームになり最初の大会はスプリングカップ。結果は3位とまずまずの結果を残したが、勝ち切れないチームというイメージがつき、新チームが始動した。迎えた新関東カップの初戦は明治生田。まさかのPKで敗れ初戦敗退。この試合について近藤は「正直、怪我人が多いこともあり去年1年で1番悪い試合だった。何もできずにカップ戦が終わってしまった」とコメントした。「その後チームの雰囲気は良くなかったが、気を引き締めて練習や練習試合に臨み、マガ杯に向けて徐々にチームができてきた」と意気込んだマガ杯だったが、ベスト16で敗退。同点に追いつく力しかなく、逆転する力がないと感じさせられた大会。また二人は「稲穂とフースバルのマガ杯の決勝戦を見て、レベルの違いに焦りが生まれた。このままではリーグ獲れないし、まずい結果になるんじゃないかと思わされた」とコメントした。いい意味での焦りが生まれ、さらに気を引き締めることになった。そして、集大成の新関東リーグでは4位で無冠の年で終わった。去年1年を「とにかく勝ち切れない試合が多く勝てない年だった。いい試合は多かったがためにもったいなかった」と去年を振り返った。

 

“ライバル”

強いチームと聞くと「稲穂」と口を揃え答えた。これ以上話すことはないのか、話は終了した。

選手について、近藤はとにかく中央フースバルの大石(2年=藤枝東)。「同じポジションということもあり、よく見ていた。大石君はドリブル、パス、シュート全部やばい」と君付けをしてしまうほど絶賛している。

浅田は、「グル―ビーの妹尾さん(3年=作陽)には空中戦において歯が立たなかった。それに1番厄介だったのは稲穂のSBの米澤(2年=早稲田実業)。1vs1の守備が非常に粘り強く、あそこは全然崩すことができなかった」とコメントした。

2016-2017シーズン

“目標”

「4冠」

目標はと聞くとすぐに2人の口から「4冠。カップ、マガ杯、アットホーム、リーグを獲りたい」と出てきた。さらに近藤は「理想は新関東リーグまでにチームを完成させてリーグを獲る。その完成させていく過程で3つのタイトルを獲れれば、自然とリーグもついてくるだろう」とコメントした。この形がベストとは言っていたものの「正直マガ杯が1番獲りたいね」と近藤は口を滑らせた。先日行われたスプリングカップで優勝した立愛。新チームの初陣で好スタートを切った立愛の今年に期待だ。

img_3629

“チームコンセプト”

「堅守柔攻」

「今年のチームには2個上の99番、1個上の99番のようなスーパーな選手はいない。みんなが中心選手にならないといけない」と99番の近藤がコメントした。続けて近藤は「全員守備、全員攻撃を基盤としたサッカーだとみんなに理解してもらわないといけない。そのために、まず自分が献身的に引っ張っていきたい」と意気込みを話した。一方浅田は「気持ちと切り替えですかね。まだ練習が始まってないのでわからない」とコメントした。また、スタイル的には、「堅い守りと柔らかい攻撃」。「今年は賢いサッカーを目指したい」と2人は話した。

img_3929

“注目選手”

2人がまず挙げた選手は“梶川恭介”(2年=初芝橋本)。この梶川について「非常に賢い選手。守備において強いと言うよりうまいって感じの選手です。正直、足が速いとか競り合いが強いとか突出した能力はない。でも間合いとか足出すタイミング、ボールを持った時の視野が広い。梶川がDFラインに4人ほしいくらいです」と2人は梶川を褒めちぎった。また、留学帰りの藤田や潰し屋の佐藤、さらに中盤に秘密兵器を隠し持っている。

img_3930

(写真は梶川恭介)

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.08.13

サークルと関わりの多いクリアソンってどんな会社?

本日は大学時代には関西学院大学サッカー部のキャプテンとして日本一に輝き、プロとして徳島ヴォルティスでプレー。その後クリアソン新宿のキャプテンとしてJFL昇格に導くといったすご経歴をお持ちの井筒陸也さん…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.26

【マネの想いvol.6】”気づいたら一生懸命になっているもの、自分次第でいくらでも楽しめる!”

第6弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 立教サッカー愛好会3年の竹本小雪さん(写真左)、冨田あいさん(写真右)のお二人です!     —立教サッ…

read more 中込 こころ
コラム 2017.07.16

【高校別OB座談会vol.5】市立浦和OB座談会 高校選手権出場の思い出を振り返る!

群雄割拠で高校サッカーの激戦区である埼玉県内で強豪として名の知れているさいたま市立浦和高等学校(以下:市立浦和)。 そんな市立浦和のOBたちに高校時代の思い出やそれぞれのサークルについてインタビュー…

read more 高橋佑輔
コラム 2021.07.29

【マネ長対談 vol.1】‘’知られざる他チームの実態‘’

今年も暑い夏がもうすぐそこまでやってきました!? 新しくサークルに入った1、2年生も、少しずつサークルの雰囲気がつかめてきた頃でしょうか? 自分のサークルの雰囲気を知れば、それはもう他のサ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.05

【新関東カップ MVP】MVPに輝いたのは誰か!?

新関東カップ2022決勝が昨日7/2(土)に埼玉スタジアム2022第2グランドで開催された。 今大会のMVPに輝いたのは中央サカ同42番加藤翔太(3年:浦和西)である。 優勝したサカ同の守護神…

read more 三田結人
コラム 2019.04.15

【選考直結!?面接対策!?】4月24日就活イベント開催決定!

  こんにちは!   就活解禁から1ヶ月が過ぎました、、、 みなさん、いかがお過ごしでしょうか   人によっては、内定を貰い就活の終盤を迎…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.29

【フットサル新歓記事vol.2】明治大学・中央大学編(体同連フットサル部GOONY、中央大学 FC Brooklyn)

明治大学体同連フットサル部GOONY ・自分達のサークルを一文で表すなら フットサルを通じて、大学生活を充実させる場所。 ・大学、チーム名 明治大学、体同連フットサル部GOONY ・…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-