新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

BeYonD 編集部

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近藤巨岳(2年=三重海星)と副キャプテン浅田拓郎(2年=農大一)だ。三重の星「近藤」と溢れる闘志立教の顔「浅田」にインタビューした。

2015-2016シーズン

“1年を振り返って”

新チームになり最初の大会はスプリングカップ。結果は3位とまずまずの結果を残したが、勝ち切れないチームというイメージがつき、新チームが始動した。迎えた新関東カップの初戦は明治生田。まさかのPKで敗れ初戦敗退。この試合について近藤は「正直、怪我人が多いこともあり去年1年で1番悪い試合だった。何もできずにカップ戦が終わってしまった」とコメントした。「その後チームの雰囲気は良くなかったが、気を引き締めて練習や練習試合に臨み、マガ杯に向けて徐々にチームができてきた」と意気込んだマガ杯だったが、ベスト16で敗退。同点に追いつく力しかなく、逆転する力がないと感じさせられた大会。また二人は「稲穂とフースバルのマガ杯の決勝戦を見て、レベルの違いに焦りが生まれた。このままではリーグ獲れないし、まずい結果になるんじゃないかと思わされた」とコメントした。いい意味での焦りが生まれ、さらに気を引き締めることになった。そして、集大成の新関東リーグでは4位で無冠の年で終わった。去年1年を「とにかく勝ち切れない試合が多く勝てない年だった。いい試合は多かったがためにもったいなかった」と去年を振り返った。

 

“ライバル”

強いチームと聞くと「稲穂」と口を揃え答えた。これ以上話すことはないのか、話は終了した。

選手について、近藤はとにかく中央フースバルの大石(2年=藤枝東)。「同じポジションということもあり、よく見ていた。大石君はドリブル、パス、シュート全部やばい」と君付けをしてしまうほど絶賛している。

浅田は、「グル―ビーの妹尾さん(3年=作陽)には空中戦において歯が立たなかった。それに1番厄介だったのは稲穂のSBの米澤(2年=早稲田実業)。1vs1の守備が非常に粘り強く、あそこは全然崩すことができなかった」とコメントした。

2016-2017シーズン

“目標”

「4冠」

目標はと聞くとすぐに2人の口から「4冠。カップ、マガ杯、アットホーム、リーグを獲りたい」と出てきた。さらに近藤は「理想は新関東リーグまでにチームを完成させてリーグを獲る。その完成させていく過程で3つのタイトルを獲れれば、自然とリーグもついてくるだろう」とコメントした。この形がベストとは言っていたものの「正直マガ杯が1番獲りたいね」と近藤は口を滑らせた。先日行われたスプリングカップで優勝した立愛。新チームの初陣で好スタートを切った立愛の今年に期待だ。

img_3629

“チームコンセプト”

「堅守柔攻」

「今年のチームには2個上の99番、1個上の99番のようなスーパーな選手はいない。みんなが中心選手にならないといけない」と99番の近藤がコメントした。続けて近藤は「全員守備、全員攻撃を基盤としたサッカーだとみんなに理解してもらわないといけない。そのために、まず自分が献身的に引っ張っていきたい」と意気込みを話した。一方浅田は「気持ちと切り替えですかね。まだ練習が始まってないのでわからない」とコメントした。また、スタイル的には、「堅い守りと柔らかい攻撃」。「今年は賢いサッカーを目指したい」と2人は話した。

img_3929

“注目選手”

2人がまず挙げた選手は“梶川恭介”(2年=初芝橋本)。この梶川について「非常に賢い選手。守備において強いと言うよりうまいって感じの選手です。正直、足が速いとか競り合いが強いとか突出した能力はない。でも間合いとか足出すタイミング、ボールを持った時の視野が広い。梶川がDFラインに4人ほしいくらいです」と2人は梶川を褒めちぎった。また、留学帰りの藤田や潰し屋の佐藤、さらに中盤に秘密兵器を隠し持っている。

img_3930

(写真は梶川恭介)

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.29

【キャプテン特集】全員が入って良かったと思えるサークルへ

みなさんこんにちは! リーグ戦も始まり、ほとんどのチームがあと約1か月で3年生が引退してしまいます。 そんな中、今年2部から昇格しノリに乗っている 立教サッカー愛好会主将(以下:立愛) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.02

【新入生必見!同好会チームガイドvol.8】日本大学編その1

やってきました、「あなたとともに 100万人の仲間とともに」でお馴染みみんな大好き日本大学。   100万人も仲間がいるなんて心強いですね!今回は3つのサッカーサークルをご紹介し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.16

【BMOM64】桑垣誓広(2年=大社) 関西を代表する怪物級ストライカー

6月10日、関西同好会サッカートーナメントの決勝戦が同志社大学京田辺キャンパスにて行われた。 前半から激しい球際の攻防、確かな技術でこの大会1番の好ゲームとなったこの試合を制したのは京都産業大学ON…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【新人戦1年生大会①】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月7~8日に行われた新人戦1年生大会①において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.06

【同好会基礎情報vol.11】アットホームカップとは?

  こんにちは! ついにどこの大学も夏休みが終わり 長袖がちょうどいい季節になってきましたね。   でも皆さん、涼しい顔をしてる場合じゃないですよ?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.20

【マネの技術Vol.1】消毒液は使わない?プレが怪我した時に使える技術〈応急処置編〉

マネージャーをしていると、プレイヤーの怪我の手当ては日常茶飯事。でも、なんとなく知っている知識でなんとなく行っていませんか?是非この記事を読んで応急処置をマスターし、知識と技術をもったマネージャーにな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

【同好会基礎情報Vol.4】早慶MARCHの頂点!圧倒的試合数をこなすUNION LEAGUEってなに?

【同好会基礎情報Vol. 4】 早慶MARCHが覇権を争う?!圧倒的な試合数をこなすUNION LEAGUEとは?   大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

【ハイライト動画】アットホームカップ決勝

新企画のハイライト動画更新です! 記念すべき第1回目は11月3日に行われた「アットホームカップ決勝」のハイライト動画を作成しました!!   早稲田大学稲穂キッカーズvs法政大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-