新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

BeYonD 編集部

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近藤巨岳(2年=三重海星)と副キャプテン浅田拓郎(2年=農大一)だ。三重の星「近藤」と溢れる闘志立教の顔「浅田」にインタビューした。

2015-2016シーズン

“1年を振り返って”

新チームになり最初の大会はスプリングカップ。結果は3位とまずまずの結果を残したが、勝ち切れないチームというイメージがつき、新チームが始動した。迎えた新関東カップの初戦は明治生田。まさかのPKで敗れ初戦敗退。この試合について近藤は「正直、怪我人が多いこともあり去年1年で1番悪い試合だった。何もできずにカップ戦が終わってしまった」とコメントした。「その後チームの雰囲気は良くなかったが、気を引き締めて練習や練習試合に臨み、マガ杯に向けて徐々にチームができてきた」と意気込んだマガ杯だったが、ベスト16で敗退。同点に追いつく力しかなく、逆転する力がないと感じさせられた大会。また二人は「稲穂とフースバルのマガ杯の決勝戦を見て、レベルの違いに焦りが生まれた。このままではリーグ獲れないし、まずい結果になるんじゃないかと思わされた」とコメントした。いい意味での焦りが生まれ、さらに気を引き締めることになった。そして、集大成の新関東リーグでは4位で無冠の年で終わった。去年1年を「とにかく勝ち切れない試合が多く勝てない年だった。いい試合は多かったがためにもったいなかった」と去年を振り返った。

 

“ライバル”

強いチームと聞くと「稲穂」と口を揃え答えた。これ以上話すことはないのか、話は終了した。

選手について、近藤はとにかく中央フースバルの大石(2年=藤枝東)。「同じポジションということもあり、よく見ていた。大石君はドリブル、パス、シュート全部やばい」と君付けをしてしまうほど絶賛している。

浅田は、「グル―ビーの妹尾さん(3年=作陽)には空中戦において歯が立たなかった。それに1番厄介だったのは稲穂のSBの米澤(2年=早稲田実業)。1vs1の守備が非常に粘り強く、あそこは全然崩すことができなかった」とコメントした。

2016-2017シーズン

“目標”

「4冠」

目標はと聞くとすぐに2人の口から「4冠。カップ、マガ杯、アットホーム、リーグを獲りたい」と出てきた。さらに近藤は「理想は新関東リーグまでにチームを完成させてリーグを獲る。その完成させていく過程で3つのタイトルを獲れれば、自然とリーグもついてくるだろう」とコメントした。この形がベストとは言っていたものの「正直マガ杯が1番獲りたいね」と近藤は口を滑らせた。先日行われたスプリングカップで優勝した立愛。新チームの初陣で好スタートを切った立愛の今年に期待だ。

img_3629

“チームコンセプト”

「堅守柔攻」

「今年のチームには2個上の99番、1個上の99番のようなスーパーな選手はいない。みんなが中心選手にならないといけない」と99番の近藤がコメントした。続けて近藤は「全員守備、全員攻撃を基盤としたサッカーだとみんなに理解してもらわないといけない。そのために、まず自分が献身的に引っ張っていきたい」と意気込みを話した。一方浅田は「気持ちと切り替えですかね。まだ練習が始まってないのでわからない」とコメントした。また、スタイル的には、「堅い守りと柔らかい攻撃」。「今年は賢いサッカーを目指したい」と2人は話した。

img_3929

“注目選手”

2人がまず挙げた選手は“梶川恭介”(2年=初芝橋本)。この梶川について「非常に賢い選手。守備において強いと言うよりうまいって感じの選手です。正直、足が速いとか競り合いが強いとか突出した能力はない。でも間合いとか足出すタイミング、ボールを持った時の視野が広い。梶川がDFラインに4人ほしいくらいです」と2人は梶川を褒めちぎった。また、留学帰りの藤田や潰し屋の佐藤、さらに中盤に秘密兵器を隠し持っている。

img_3930

(写真は梶川恭介)

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.03.26

【新歓記事2020】vol.4 中央大学

強豪チーム揃いの中央大学からは4つのサッカーサークルを特集します! 各サークルの雰囲気や魅力が詰まっているので、ぜひ参考にしてみてください!!   中央大学フースバル ・大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.29

【ウイイレNo.1はどのサッカーサークルに…】5月30/31日開催決定!

サッカーができないこの時期に、ウイイレでサッカーサークルNo.1を決めちゃいます!     みなさん、なかなか外で運動ができない日々が続いていませんか? &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.21

【美女マネ特集vol.9】第9回はシリーズ史上初となるユニオンリーグに所属するあのチームのマネ!

  こんにちは!   審判の言うことは~??     ぜった~~い!!   でおなじみの美女マネ特集で…

read more 上野澄人
コラム 2019.03.27

【新歓記事2019 vol.3慶應義塾大学 その1】

慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・大学・チーム名 慶應義塾大学・慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・自分達のサークルを一文で表すと! 熱盛 ・チームの理念・モットーは?…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学その1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2019.09.11

第4回 新関東リーダーズカレッジ 開催!

【Criacao×BeYond】 第4回新関東リーダーズカレッジ? ?日時 9/30(月) 18:00〜20:00 ?場所 AP西新宿 ?テーマ 最後のサークル活動をどのよう…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.02

【美女マネ特集vol.3】第3弾は同好会カテゴリー随一のスタイリッシュ集団、あのチームのマネ!

おひさしぶりです。   先日の第2回記事も、相変わらずものすごい反響でした。   この初期段階で何千人という規模の方が見ていることに驚きが隠せません。 …

read more 上野澄人

-PICKUP CIRCLE-