【BMOM17】鷲田正英(3年) 生田キラーが全得点に絡む活躍で2度目の1部昇格を決める

BeYonD 編集部

快速ウインガー 涙のラストラン

 

新関東FL2部Bを無敗で優勝した早稲田大学FC.GUSTAは、先日行われた1部昇格戦で2部A王者の明治生田と対戦した。
2年前の昇格戦と同カードになった因縁の対決は、前半からイエローカードが1枚ずつ出される白熱した展開となった。スコアレスのまま前半を終え、迎えた後半12分待望の先制点が生まれる。クロスの折り返しに猛然と走り込みスライディングでゴールを決めたのは、2年前の昇格戦でも決勝ゴールを決めた”生田キラー” 11番鷲田(3年=早大本庄)だ。「セットプレーから良いところにボールがこぼれたのでラッキーでした。攻め込めている時間帯で、あの1点が取れたことは大きかったと思います」とコメントしている通り、チャンスは作るものの決めきれない中での得点は重要な1点となった。

しかし、先制点を挙げたわずか5分後、GUSTAの守備の要である17番森井(3年=高輪)が2枚目のイエローをもらい退場してしまった。
このままずるずるといってしまうかと思われたが、クリアボールに対して鷲田がまるでロッベンのような脅威的なスピードで相手ディフェンダーからボールを奪う。そして、右サイドから逆サイドへとへ繋いで、最後は長い距離を駆け上がった8番古平(3年=専大松戸)が左足を一閃。数的不利の状況から追加点を奪った。
更に、後半29分にも古平のスルーパスに鷲田が飛び出し、冷静にゴール左隅へ流し込み試合を決定づけた。絶対絶命の状態からの2得点について、鷲田は「チームのブレインである森井がいなくなったことは本当に痛かったです。しかし、逆にそれがチームに危機感を与え、より団結することができました。”森井の為に”と皆が一つになれたからこそとれた2点だと思います」とコメントした。特に2点目の得点シーンでは鷲田がボールを奪えることを信じ、数的不利の10人になりながらもGUSTAの選手が猛然とゴール前へ走り込み数的有利を作り出す姿には、仲間への確かな”信頼“の2文字が現れていた。

img_7288

テクニックに優れるGUSTAの中盤において、鷲田はそのパス回しに関わることは決しては多くない。
しかし、その圧倒的な運動量とスピードで右サイドを駆け抜け、チームを救うゴールを幾度となく決めてきた。試合後、そんな鷲田の目にはうっすらと涙が浮かんでいた。その涙の理由を尋ねると、溢れる感情を押し込み、ゆっくりと語り始めた。「とにかく1部復帰をした達成感と、沢応援してくれた沢山の仲間への感謝の気持ちでいっぱいでした。GUSTAに入って、皆と活動できて本当に良かったです」

img_7287

“1部昇格”というGUSTA最大の目標を果たし、有終の美を飾り引退を迎えた鷲田は来年春から留学へと旅立つ。GUSTAでの3年間の思い出を胸に新たな船出を迎える鷲田をこれからも応援していこう。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.19

【あの人と対談vol.1】ユニオンリーグ幹事長:関根宏一郎(3年=荒友キッカーズ)”さらなる高みをめざし、心機一転のユニオン!”

サッカー同好会カテゴリーは、新関東だけではない。みなさん「ユニオンリーグ」というものをご存知でしょうか。サークル界でまだ認知度が低い「ユニオンリーグ」がどういうものなのか。 ユニオンリーグ幹事長…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.13

ドイツの地で海外サッカー挑戦をしてみませんか??同好会で磨いたその実力を海外でみせつけよう!

同好会選手の皆さん!こんにちは、初めまして!FC BASARA Mainzです。 もうすぐ4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップが開催されますね。 日本代表選手のうち、7名もの選手がブンデスリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝
コラム 2018.05.17

【美女マネvol.28】水色のユニフォームが似合う!MGC準グランプリの実力派マネが登場!!

みなさんこんにちは!     桜の季節も終わり、暑い日が続いてますね!街ももう新緑に包まれています!     新歓期も終盤に…

read more 高橋佑輔
コラム 2023.03.03

【新歓記事vol.2】新入生必見‼️中央大学、青山学院大学のサッカーサークルを比較してみました!!

中央大学、青山学院大学の新入生必見!サッカーサークルを比較してみました!! こんにちは、BeYonD編集部です! 今回は昨日に引き続き、新歓記事第2弾!! 中央大学、青山学院大学のサッカ…

read more 土屋茜音
コラム 2019.07.05

【BeYonD History vol.1】“真面目老害” 古平翔太編

新企画がスタートしました! 今回はBeYonD内部でメンバーの紹介も交えながら各メンバーがどうしてBeYonDに入ってどんな気持ちで活動しているのか等、普段の記事だけでは分からない内情を発信していけ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.26

【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の"いぶし銀…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.25

【美女マネvol.14】今回は昨年ミスユニバース埼玉にも選ばれた実力派のマネ!!

  こんにちは~!!   本格的に寒くなってきましたね~。   テストに追われている皆様、風邪と不正行為だけは気を付けてくださいね!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.28

【少人数キャリアセミナー開催決定!】現社長+元人事が語る魅力的な人材とは?

BeYonDをご覧の皆さんいかがお過ごしでしょうか? テスト勉強に追われている人や 夏休みを迎えてスケジュールを埋めて夏へのモチベーションを上げている人など 様々だと思います!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.01

【注目の1年生紹介記事vol.1】早稲田大学HUMAN F.C.と立教大学立教サッカー愛好会の注目の1年生を紹介!

みなさま、お疲れ様です!新歓期が終わって、三学年が揃い非常に盛り上がってきている時期かと思われます。 そこで今回は、早稲田大学HUMAN.FC.、立教大学立教サッカー愛好会から一名ずつ、これから活躍…

read more 仲田一真

-PICKUP CIRCLE-