【BMOM60】三谷朋司(3年=国泰寺) 超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ

BeYonD 編集部

超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ
三谷朋司(3年=国泰寺)

 

関西同好会トーナメント準決勝京都産業大学ONZE(以下ONZE)対立命館大学CRACKS(以下CRACKS)。
後半までどちらに転ぶか全くわからない好ゲームで試合を決めたのはONZE51番三谷(3年=国泰寺)であった。

img_5034

三谷はこの試合、前半から中盤、前線でボールを受けては正確なボールコントロールでONZEの強力攻撃陣を率いた。
そしてその攻撃が実を結んだのは後半29分、相手のコーナーキックをONZEDFが弾くと、自陣からゴール前へダッシュ。ボールを受けると最後は落ち着いてキーパーと一対一を沈めた。
更に圧巻はその5分後、相手のバックパスを掻っ攫うと、見事なループシュート。その日自身2点目を決め、試合を決定付けた。
三谷はその2得点を「どちらの得点もキーパーと一対一の場面でキーパーが前に出てきていてコースがあまり見えなかったので思いきって股下とループを狙ったら入ってくれたので安心しました」と語ってくれた。

img_5035

結果だけを見れば3-0であるが、決して楽な試合ではなかった。三谷も「前半は攻め続けていたのに点がとれなかったのでそのまま悪い流れのままPK戦になってしまうんじゃないかと思っていました」と語るように前半は特に相手の組織的な守備から、攻めていながらもシュートさえほとんど打たせてもらえない時間帯が続いた。そんな中での2得点は、チームにとってとても大きなものであった。
そして三谷にとってはこのトーナメント3戦目にして初ゴール。苦しんだ分だけ、救われた気持ちも大きいはずだ。「まだこのトーナメントで無得点だったので自分で点を決めてやろうという気持ちが強かったのですが自分一人では打開する力をもってないので周りの仲間と一緒に楽しく攻撃することを意識してました」と語るように点が決まらないながらも決して楽しさを忘れない姿勢がこの日の三谷を支えていたのかもしれない。
そして、遂に10日には決勝戦。
三谷も「決勝戦でもみんなと一緒に楽しく試合をして、絶対に優勝します!そのためにも、6月5日から8日までグアムでしっかりとトレーニングをして、10日の決勝に挑みたいと思います!」と気合十分だ。
今週はハードスケジュールという不安材料はあるものの、見事な復調を見せたONZEの攻撃の核は、決勝戦でも強力攻撃陣を牽引するに違い無さそうである。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.23

【審判の思いpart2】審判から見た体育会と同好会。

審判の視点から見た同好会カテゴリーを語る”審判の思い”第2弾は、体育会選手、審判の二つの側面を持つ片山 裕貴さんです。体育会選手として、また多くの同好会カテゴリーの試合を裁いてきたからこそわかる同好会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.10

【完全個別キャリア面談のご案内】パッションナビで自分らしい就活をしよう!

皆様こんにちは! そして新年あけましておめでとうございます! 早速ですが、BeYonDプロジェクトから完全個別キャリア面談の紹介をさせていただきます。 以前もBeYonDと共同で就活…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.04.16

【マネの技術Vol.3】もしもの大怪我に備えておきたい技術をあの美女マネが!?〈応急処置編〉

ほとんど起きませんが、1年に数回は起こるのではないでしょうか。素人には判断がつきませんが、応急処置としてできること、してはいけないことがあります。 これを読んで、頼り甲斐のあるマネージャーになろ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.04

[BMOM1]MF新井裕貴(3年) “いぶし銀”のプレーで中盤を支配

【アットホームカップ決勝戦】味の素スタジアム西競技場 早稲田大学稲穂キッカーズ 2-1 法政大学学団連サッカー部 ”いぶし銀”の仕事人 背番号4番。エンジ色のユニフォームを着た、この男には"いぶ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【BMOM26】諸井悠理 (1年=鹿島学園) 「最高峰のスーパールーキー」

2月16日に行われた日本大学学内戦決勝トーナメント。決勝戦まで勝ち上がったのは日本大学教育BAMBINO Bと日本大学法学部サッカー部だった。 日大法学部は前半に先制されるものの、直後に1点を返し試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more 落合陸
コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.11

【新入生必見!同好会チームガイドvol.17】神奈川大学編

なんともいえない独特なマスコットキャラクター、JINくんとKANAちゃんでお馴染み、通称神大、神奈川大学のサッカーサークルのいくつかをご紹介します! お馴染んでないとの声が聞こえました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.09

【新歓記事2018 vol.7】 法政大学のチーム紹介

毎年、激アツな学内戦を繰り広げてくれる数多くの法政大学サッカーサークル チームによって雰囲気が全然違うので、新入生は要チェック! 法政大学学団連サッカー部 ・自分達のサークルを一…

read more 篠田 麻衣
コラム 2016.10.07

【女子必見】サッカーサークルイケメン巡り 〜第1回 中央大学編〜

突然ですが、イケメンはお好きですか? 特に女子のみなさん!学校、仕事、恋愛、友達…なにかと悩みが尽きませんよね? そんな女子たちの疲れた心を癒すのにうってつけなイケメン特集です。 記念すべき第1…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-