【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

金子樹

 

77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。
今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。

 

慶應義塾大学理工体育会サッカー部

愛野幸陽(4年=穎明館)

 

b48b82e6-a1ef-4ad3-a52c-a81c6203832c

 

ーーまずは1,2年次を聞いてみた

 

『リコタイを選んだのは、弱小校ではあったんだけど、それなりにしっかりサッカーやってきて、大学でもやりたいなって思ってた。当時はまだサークルにチャラチャラしたイメージを持ってて、準体育会ってのに惹かれて環境もいいしリコタイを選んだ』

 

『一年生の時、先輩とかにも良くしてもらって、楽しくサッカーをしてる感じで、純粋にリコタイを好きになった期間かな』

 

『2年になって四月にがっつり大怪我をした』
入院手術が必要な大怪我。今でもプレートが埋まっていて、砂鉄がくっつくようだ。半年間サッカーのできないで、参加することができないことに歯痒さを感じていたようだ。

 

『大学2年だと、学校も楽になるし、その期間にサッカーをできないってのはすごいきつかった。マガハイの選考合宿で次期幹部を決めるんだけど、そこで副代表になった。正直、サッカーしてない自分がって不安の方が大きかった』

 

ただし元々サッカーでガツガツ貢献していくと言うタイプでないと言うことを自覚していたようで
『サッカーだけじゃなくて、運営面でもっと貢献していこう』という、副代表としての下地を作る。皮肉ではあるが怪我をしたことをきっかけにそれを作ることになったのかもしれない。

d02992e4-2bb5-448f-b966-295e0f41fe82

ーーそして幹部代を振り返る

 

本格的スタートは新関東リーグ終わり。

 

『リコタイとしての大きな目標は、全国優勝。そこに行き着くために、短期的な目標として慶応カップ優勝を掲げてた。これまで何年も連続でリコタイが優勝していて、自分たちの代で途絶えさせるわけにはいかないっていうプレッシャーは大きかった』

 

実際に慶応カップ優勝を果たしたものの、予選で苦しんだり、PK戦を経るなど、決して楽に優勝できた訳ではなかったようだ。

 

愛野自身の試合出場は決して多くなかった。
『まぁ少ないかな。勝ち試合の最後に出たり、ほとんど出ないって感覚でいいと思う。基本的には理工系リーグとかマガハイとかでのBチームのキャプテンって立ち位置だった』

 

Bチームキャプテンとしてマガハイを迎える。1番に出た言葉が”悔しかった”だ。

 

『なかなかうまくいかなくて、下位トーナメントに回っちゃって苦しい思いをした。でも悔しかった分、初めてかった時の感動はすごかった。サッカーやってて初めて試合で泣いた(笑)

 

『一緒にBチームで戦ってくれた同期には本当に感謝してる』

 

一方のAチームはマガハイでベスト4まで登りつめた。チームの成功を心から喜ぶことができ、やってきたことは間違っていなかったと感じられた瞬間だったようだ。

 

しかしその後のアットホームカップでは目標としていた全国大会出場権を逃してしまう。

 

『マガハイでいい形で終われて、リコタイが全国優勝をできることがイメージできてた分かなり悔しかった』

 

その後の新関東リーグでも、最終節まで首位を守るものの、最後の最後で一部昇格を逃してしまった。

 

『リコタイが一部の面々に肩を並べる姿を見たかったし、自分たちの代でそれを成し遂げて、後輩に引き渡したかったけど。。』

 

65dd65e9-3a89-4603-9272-6fcf97415bfb

 

ーー最後に副代表としての自分を振り返ってもらった

決してAチームとして、リコタイにサッカーで貢献することはできなかった。
ただし、副代表として心の底からチームの勝利を喜び、負けを心の底から悔しがれていた。
そこには愛野の考え方によるものがあるかもしれない。

 

『サッカーの結果を出すのはAチームの20人かもしれないけど、リコタイってプレマネ合わせて、100人を超えるチームで、残りの80人が大事だなぁって思ってた。副代表として残りの80人にとっても楽しい組織であるようにしたくて、100人で作り上げるリコタイにしたかった。代表ともう1人の副代表はサッカーでグイグイ引っ張っていけるタイプだから、チーム内のベクトルが違くても、自分はAチーム以外とAチームのつなぎ役として頑張ろうと思ってた』

 

勝利を掴んだとき、心から喜べるのは自分が中心として動いているからではない。
『自分がみんなのために考えて、動いて、結果として出て、みんなが喜んでいる。それがすごい快感だった。みんながリコタイを好きになってくれたらって思いが強かった』

 

自己犠牲を払ってでも、みんなが喜んでくれたらそれが喜びというあまりにも出来すぎた想いで彼は1年間を駆け抜けた。

 

『こんなチーム愛を語るのは恥ずかしい』

 

そう語った彼に、副代表をやっていて何が辛かったかと聞くと、長い沈黙の後に
『ぱっと思いつくことは無いかな(笑)』

 

チームをまとめるという大仕事を、辛いと思わずやりきった彼のリコタイ愛は本物だろう。

 

402819c8-c623-4625-bc6e-42b54d5605b4

 

『幹部になってからは、毎日幹部ラインで話し合ってたし、チームのことは常に考えてた。あとは後輩に感謝かな。僕らは比較的静かな代で、一個下が積極的で元気な代で雰囲気とかの部分ですごい助かった』

 

そんな後輩が、今まさに最後の戦いを迎えようとしてる。

 

『一個下は強いし、雰囲気もいいし、是非全国優勝と一部昇格を成し遂げて欲しいですね』
先日行われたアットホームカップではリコタイは見事に決勝進出を決め、目標の第一段階である全国大会優勝を決めた。

 

今シーズン新関東カップ、マガハイでは振るわなかった結果だが、ここに来て結果について来た。

 

愛野の描く”100人のリコタイ”で古豪復活への狼煙を上げる。

 

慶應義塾大学 理工学部体育会サッカー部のチームページ

Written by

金子樹

kaneko

明治大学 Groovy Kids

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more 澤田結人
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more 神垣柚乃
コラム 2017.08.09

【プレスリリース】株式会社アイ・パッションとスポンサーシップ契約締結!!

この度、2017年7月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社アイ・パッション(代表取締役:浅井慎吾)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.10

【BMOM24】安藤匠(1年=東福岡)がピッチ上の監督として君臨しタレント軍団を統率した

フースバルの監督 安藤匠 その世代での今後のサッカーサークル勢力図を占うと言われている新人戦一年生大会。前日程で行われた新人生一年生大会vol.1の決勝カードは中央大学フースバルクラブダービーで…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.13

【マネの想いvol.6】”全てを懸けて”

3年マネージャー特集 第六弾 早稲田大学理工サッカー部 大西夏未さん 「全てを懸けて。」 −まず、早稲田大学理工サッカー部(以下早理)に入ったきっかけを教えて下さい。 南アフリカW杯…

read more 神垣柚乃
コラム 2017.04.17

【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

○○くんありがとう。○○くんありがとう。 あ〜、サークルに入って良かった!! どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑 さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.07.31

【同好会情報vol.9】あの宮澤ミシェルが指導!?東西交流戦とは

ついにやってきましたね夏休み!!   テストやレポートに追われた日々ももうおさらばですね。   きっと寝坊してテストにいけなかったり、レポート提出を忘れてた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.22

【新関東リーグ2017・1部第2節】立教愛好会、明治体同連が2連勝!全4試合をハイライト!

10月21日、鹿島ハイツ第5グラウンドで1部第2節の全4試合が行われた。前節に引き続き雨の中での試合となったが、1部独特の熱気と雰囲気で悪天候を感じさせないゲームとなった。 前節明治生田戦で完勝…

read more 澤田結人

-PICKUP CIRCLE-