「可愛すぎてファールなのでは?」同好会カテゴリーだけでなくミスコンでも活躍する美女マネ達

青木優太

今回はサッカー同好会カテゴリーのみならず、ミスコンでも活躍する加藤葉純さん(FC立教)、鈴木彩恵さん(中央大学サッカー同好会)、松林佑那さん(慶應キッカーズ)の3名にインタビューしました!必見です!

 

皆さん準備はいいですか?1人目はこの方!

 

加藤葉純さん(FC立教)

プロフィール

名前:加藤葉純

学年:4年

サークル名:FC立教

ミスコン:立教大学ミスコンテスト2022エントリーNo.1

インスタ:https://instagram.com/rikkyomiss_0122?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

所属サークルに入った理由

サッカー観戦が好きで、大学に入ったら絶対にサッカーサークルに入りたいって思ってたからです!新歓の時期にFC立教の先輩たちがとても優しく声をかけてくださって、私もこんな素敵な先輩になりたいと思いました!

 

所属サークルで印象に残っているイベントや大会

一年生の時の夏合宿です!コロナの影響でニ、三年生の時は合宿がなかったので、一年生の時の夏合宿がとても印象に残っています。大学生らしい初めてのイベントでした!

 

自チームのここだけは負けない!という魅力

サッカーも遊びも全力!そして何よりもみんな仲が良いこと!良い意味で先輩と後輩の壁がないんです!

 

反則級ユニ盛れ写!

「これは可愛すぎ。次カード出すよー気をつけて。」

 

ミスコンの出場理由

今大学四年生で、これまでの大学生活を振り返った時にコロナ禍ということもあり、大学生らしい思い出がないと感じたからです!そして、大学生活最後に何か大きなことに挑戦して、目標を達成したかったからです!

 

ミスコン期間中、サークル活動の経験が活きたなと思ったこと

サークルのみんなが応援してくれて、投票や拡散などを沢山してくれたことです!ミスコンのお披露目の日にサークルの子が沢山メッセージを送ってくれて本当に励みになりました!

 

ミスコンに出場してからの周りの反応

みんな本当に応援してくれてます!今日の投稿見たよとか、今日も投票したよという言葉を聞くたびに本当に感謝の気持ちでいっぱいになります!また、今まであまり話したことがなかった子などもミスコンをきっかけに話しかけてくれたり、応援してくれたり、本当にありがたいです!

 

プレーヤーのここに!胸きゅんポイント

プライベートの遊びでは、ふざけたりおちゃらけた姿した見せないのですが、練習や試合になると一生懸命真剣にサッカーしてる姿がギャップ萌えします!

 

最後に一言

みなさんいつもあたたかい応援をありがとうございます!毎日が本当に幸せで、ミスコンが残り後少しで終わってしまうのがとっても悲しくて寂しいです、、。最後まで私らしく笑顔で頑張りますので、これからも応援していただけると嬉しいです。1日1回のはずぼち投票おまちしております^ ^!

そして、今回サークルとミスコンがコラボしたということで、サッカーに興味がある立教生はぜひFC立教を覗いてみてください!大歓迎です!

 

 

まだまだ行くよ!2人目はこの方!

鈴木彩恵さん(中央大学サッカー同好会)

プロフィール

名前:鈴木彩恵

学年:3年

サークル名:中央大学サッカー同好会

ミスコン:中央大学ミスコン2022エントリーNo.3

インスタ:https://instagram.com/miss3chuo__2022_?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

所属サークルに入った理由

小さい頃からサッカーが好きでJリーグの試合をよく観に行っていたことと、中大のサークルと言ったらサカ同のイメージがあったからです!実際、サカ同の新歓に行った時に、同期の子たちがたくさん話しかけてくれて、お話もあまりにも面白くて、ここのサークルに入りたい!って一択でした

 

所属サークルで印象に残っているイベントや大会

一番印象に残っている大会は稲穂カップです。この大会は唯一同期だけで参加した大会で、しかもそこで優勝し、55期初タイトルを獲れたのでやっぱり思い出深いです。この大会で、サカ同の勢いが変わったなって感じられたのも印象的でした❤️‍🔥

自チームのここだけは負けない!という魅力

プレの熱さ、マネの可愛さ♥️です^^

 

反則級ユニ盛れ写!

「さっき言ったよね、可愛すぎでイエローカード!」

 

ミスコンの出場理由

ずっとミスコンを見ることが好きで、高校3年生の頃からファンとして中大のミスコンを見ていました。そんなときに、サカ同のみんなに応募してみなよ、と声をかけてもらって、応募したことがきっかけです

 

ミスコン期間中、サークル活動の経験が活きたなと思ったこと

サカ同は色んな個性を持った人たちの集まりで、個々を受け入れることに長けている人たちの集まりだと思います。ミスコンに出場するにあたって初めてお話しする人ばかりでしたが、こんな人もいるんだと前向きに知ろうと思うきっかけになったことがサカ同での経験を活かせたなと思いました。

 

ミスコン出ての周りの反応

サカ同のみんなや、話していなかった中高の同級生などから、たくさんのDMLINEをもらえてすごく嬉しかったです!会うたびに悩んでない?って聞いてくれる3マネのみんなは本当にお姉ちゃんです🥲♥️

 

プレーヤーのここに!胸きゅんポイント

ゴール決まった後のみんなの笑顔にキュンです❣️

 

最後に一言

ミスコンでどんなに辛いことがあっても、サカ同のみんなが絶対声をかけてくれて、応援してくれるおかげで頑張れてます!本当サカ同のおかげ!サカ同みたいなこんなに素敵なサークルに入れて、こんなに素敵なみんなに出会えてよかったってミスコンに出場して改めて思いました😭✨

 

 

次で最後よ?3人目はこの方!

松林佑那さん(慶應キッカーズ)

プロフィール

名前:松林佑那

学年:3年

サークル名:慶應キッカーズ

ミスコン:ミスSFCコンテスト2022エントリーNo.1

インスタ:https://instagram.com/misssfc2022_01?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

所属サークルに入った理由

大学で初めてできた友達に誘われて新歓に行きました! そのときにいた同期とすごく仲良くなったので、キッカーズに入ろうと思いました。

 

所属サークルで印象に残っているイベントや大会

自分が1年生のときの、3年生の引退合宿が印象に残っています。合宿に参加したのが初めてだったので、皆とずっと居られたのが新鮮で楽しかった記憶があります笑

 

自チームのここだけは負けない!という魅力

先輩と後輩の繋がりが深いところ! 縦の繋がりや絆が深いところが魅力だと思います。

 

ユニ盛れ写!

「はい、もうダメです。レッドカード退場!」

 

ミスコンの出場理由

自分のことを心から好きだと思える自分になりたかったから!

 

ミスコン期間中、サークル活動の経験が活きたなと思ったこと

経験が生きた、とは少しずれてしまうのですが…サークルの皆が「本当に応援してるよ」と言ってくれて、こんな風に応援してくれる人たちがいなかったら、絶対にミスコン期間中もっと辛かっただろうな~と思います。サークルの仲間の存在がすごく大きかったです!

 

ミスコン出ての周りの反応

数人にしか相談していなかったので、多分驚いていたと思います! 笑 お披露目の当日は、皆がSNSで応援のメッセージを載せてくれて心強かったです。

 

プレーヤーのここに!胸きゅんポイント

サッカーしてるときと普段の表情が違うところ!

 

最後に一言

キッカーズは、本当に絆が深くて素敵なサークルです! 引退や卒業してからもずっと一緒にいられる友達をつくるには最高のサークルだと思います! ぜひ新歓行ってみてください~!

 

 

皆さん可愛すぎて退場になってしまうレベルでしたね^_^

サッカー同好会カテゴリーみんなの力を合わせて応援しましょう!本番は、立教大学・中央大学が11/4、慶應大学SFCは11/13です。ぜひ会場で応援しましょう!web投票も1日1回できるみたいなのでみんなでポチポチ!

 

 

Written by

青木優太

yuta

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.01

【就活記事vol.1】早稲田稲穂 米澤直也(4年=早稲田実業)の某大手広告会社の内定獲得に迫る!

某大手広告会社1に就職予定の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)6番米澤直也(4年=早稲田実業)の就職活動に迫った。 早稲田稲穂では、副キャプテンを務め“対人負け知らず”のサイドバックと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.21

新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.03.04

BeYonD OGが振り返る “所属サークルに還元できるBeYonDでの経験”

暖かい日も増え、春の訪れを感じるこの頃。4年生の皆さんが卒業を間近に控える季節となりました。🌸 私たちBeYonDも代替わりを迎え、新しい幹部、メンバーと共にスタートを切りました。 そんな…

read more 田中菜々美
コラム 2020.04.04

【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

約一年越しに帰ってきました!第二弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは… 中央大学体同連FUSSBALL CLUB 3年 川田珠莉さん   ―FUSSBALL CLUB(以下フース)に入…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.20

【注目の1年生紹介記事vol.3】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部と中央大学MAPLEの注目の1年生を紹介!

こんにちは!BeYonD編集部です。 前回に引き続き、注目の1年生紹介第三弾! 今回は、「慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部」と「中央大学MAPLE」の2チームから、それぞれ注目の1年生を紹…

read more 高橋茉央
コラム 2019.01.10

【完全個別キャリア面談のご案内】パッションナビで自分らしい就活をしよう!

皆様こんにちは! そして新年あけましておめでとうございます! 早速ですが、BeYonDプロジェクトから完全個別キャリア面談の紹介をさせていただきます。 以前もBeYonDと共同で就活…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-