サッカーマガジンカップ オープン大会2022 大会総括

山口輝

9月9日から9月13日に行われた『サッカーマガジンカップ オープン大会(以下:マガ杯)』は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。

 

サークルカテゴリーで最高峰の大会とも呼び声高いマガ杯。記念すべき第40回大会であり、コロナウイルスの影響により3年ぶりに開催されたマガ杯を振り返っていく。

 

大会1日目と2日目は予選リーグが行われ、各グループの1位と2位、各グループ3位の上位8チームが決勝トーナメント進出となった。決勝トーナメント進出をかけてどのグループでも白熱した試合が繰り広げられた。

 

再び組み合わせ抽選が行われ、決勝トーナメント1回戦から好カードが多数生まれ、大会の盛り上がりはさらに増していった。決勝トーナメントでは、多くのドラマが生まれた。試合に勝ってうれし泣きをするチームもあれば、試合に負けて悔しくて泣くチームがあり、選手のマガ杯にかける強い気持ちがさらに大会を熱いものにしていった。

 

その後も白熱した試合が繰り広げられ、激戦を勝ち抜いた早稲田稲穂Aと中央大学フースバルA(以下:中央フース)が決勝戦に駒を進めた。
決勝戦では早稲田稲穂Aが堅実に試合を運び、先制点を守り切り、1-0で中央フースAを破り、早稲田稲穂Aが6年ぶり4度目の優勝を果たした

 

大会を通じて、多くのBチームが勝ち上がっていったのが印象的であった。また、中央大学サッカー同好会に元Jリーガーの那須大亮さんが監督として参加してくださったということがあり、同好会カテゴリーのレベルの高さを世の中に発信する機会を得ることが出来き、同好会カテゴリーが今後さらなる発展を遂げていくことが期待される。

 

私自身、今大会が初めてのマガ杯であった。サークルに入った当初から先輩たちから「マガ杯はマジで楽しいし、最高だよ!」と言われて過ごしてきた中で、3年目にして初めてのマガ杯。参加してみないと感じることの出来ないマガ杯の素晴らしさを存分に感じることが出来た。最高に楽しくて、充実していた5日間だった。

 

今大会は40回のうちのただの1回ではなく、意味のある貴重な1回だったと思う。コロナウイルス感染症による、2年間の中止を乗り越え、先輩たちが築き上げてきた伝統を繋ぐことが出来、同好会カテゴリーが再び熱を取り戻したという点で、とても貴重な40回記念大会になった。今大会に参加した人たちは、この伝統を後輩に繋いでいって欲しい。また、今大会参加することが出来なかった、1、2年生は来年こそは必ず参加して、マガ杯の魅力を実際に感じて欲しい。

 

どのチームも日が経つことにチームの一体感が増していき、とても良い雰囲気で試合をしていたように感じる。今大会の素晴らしい雰囲気を今回だけで終わらせるのではなく、今後の大会でも継続し、同好会カテゴリーを盛り上げていって欲しい。同好会カテゴリーのレベルの高さを伝え、価値を向上させていくには、私はみんなの協力が必要不可欠であると思う。

 

私たちと一緒に同好会カテゴリーを盛り上げていきましょう!

Written by

山口輝

hikaru

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.18

【全米に見せたい】青山学院大学理工サッカー部のモチベーションムービーがすごい!!!!

2009年チャンピオンズリーグ 決勝『バルセロナvs.マンチェスターユナイテッド』 世界一を決める重要な試合前にバルセロナのグアルディオラ監督が選手にみせたこちらのビデオをご存知でしょうか?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.05

【マネの想いvol.2】”いつもプレの1番側にいる存在へ”

マネージャー特集 第2弾 早稲田大学HUMAN F.C. 吉留里乃さん 「いつもプレイヤーの1番側にいるマネージャーでいよう」 −HUMAN F.C.(以下human)に入ったきっ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.29

【新歓記事2021】vol.5 中央大学サッカーサークル

本日の新歓記事は、サッカーサークル数が少ないものの、強豪チームばかりの中央大学です! 本日紹介する3チームのうち、2チームが新関東リーグ1部に所属しています! (新関東リーグの概要は、Be…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.26

【3/27(水)開催!】第1回 サークル×体育会 交流会!! チーム早稲田を結成しよう!

みなさんこんにちは! もうすぐ春休みが終わり、学年が変わろうとしていますね! そんな季節の変わり目に、大学サッカー界は新たな試みにチャレンジをしていきます!!! 今まで混ざることがな…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.02.01

【2/16(金)開催!】株式会社Criacao×BeYonDコラボの”就活解禁前最後の”自己分析セミナー開催決定!

みなさんご無沙汰しております!! 最近全く更新ができておらず申し訳ありません!! 今はテストが終わって春休みを満喫している人が多いでしょうか! そろそろ始まる学内戦に向け新チームを仕上げてい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.08

【新関東リーグ2020・1部第4節マッチハイライト】リーグ中盤戦。優勝争いの結果は?!

11月8日、新関東リーグ2020・1部第4節@鹿島ハイツ、矢田部Aグラウンドの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学理工サッカー部 (以下:中央フースバル、早稲田理工) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.01

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

第3弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学理工サッカー部 3年 山下美穂さん(左から2番目)     −早稲田大学理工サッ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-