サッカーマガジンカップ オープン大会2022 大会総括

山口輝

9月9日から9月13日に行われた『サッカーマガジンカップ オープン大会(以下:マガ杯)』は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。

 

サークルカテゴリーで最高峰の大会とも呼び声高いマガ杯。記念すべき第40回大会であり、コロナウイルスの影響により3年ぶりに開催されたマガ杯を振り返っていく。

 

大会1日目と2日目は予選リーグが行われ、各グループの1位と2位、各グループ3位の上位8チームが決勝トーナメント進出となった。決勝トーナメント進出をかけてどのグループでも白熱した試合が繰り広げられた。

 

再び組み合わせ抽選が行われ、決勝トーナメント1回戦から好カードが多数生まれ、大会の盛り上がりはさらに増していった。決勝トーナメントでは、多くのドラマが生まれた。試合に勝ってうれし泣きをするチームもあれば、試合に負けて悔しくて泣くチームがあり、選手のマガ杯にかける強い気持ちがさらに大会を熱いものにしていった。

 

その後も白熱した試合が繰り広げられ、激戦を勝ち抜いた早稲田稲穂Aと中央大学フースバルA(以下:中央フース)が決勝戦に駒を進めた。
決勝戦では早稲田稲穂Aが堅実に試合を運び、先制点を守り切り、1-0で中央フースAを破り、早稲田稲穂Aが6年ぶり4度目の優勝を果たした

 

大会を通じて、多くのBチームが勝ち上がっていったのが印象的であった。また、中央大学サッカー同好会に元Jリーガーの那須大亮さんが監督として参加してくださったということがあり、同好会カテゴリーのレベルの高さを世の中に発信する機会を得ることが出来き、同好会カテゴリーが今後さらなる発展を遂げていくことが期待される。

 

私自身、今大会が初めてのマガ杯であった。サークルに入った当初から先輩たちから「マガ杯はマジで楽しいし、最高だよ!」と言われて過ごしてきた中で、3年目にして初めてのマガ杯。参加してみないと感じることの出来ないマガ杯の素晴らしさを存分に感じることが出来た。最高に楽しくて、充実していた5日間だった。

 

今大会は40回のうちのただの1回ではなく、意味のある貴重な1回だったと思う。コロナウイルス感染症による、2年間の中止を乗り越え、先輩たちが築き上げてきた伝統を繋ぐことが出来、同好会カテゴリーが再び熱を取り戻したという点で、とても貴重な40回記念大会になった。今大会に参加した人たちは、この伝統を後輩に繋いでいって欲しい。また、今大会参加することが出来なかった、1、2年生は来年こそは必ず参加して、マガ杯の魅力を実際に感じて欲しい。

 

どのチームも日が経つことにチームの一体感が増していき、とても良い雰囲気で試合をしていたように感じる。今大会の素晴らしい雰囲気を今回だけで終わらせるのではなく、今後の大会でも継続し、同好会カテゴリーを盛り上げていって欲しい。同好会カテゴリーのレベルの高さを伝え、価値を向上させていくには、私はみんなの協力が必要不可欠であると思う。

 

私たちと一緒に同好会カテゴリーを盛り上げていきましょう!

Written by

山口輝

hikaru

Keywords

Recommend

コラム 2022.08.14

元大学日本1、元Jリーガーからみたサークルの印象は?

井筒さんインタビュー第2弾! 前回同様、大学でキャプテンとして日本一になり、J2でプレーし、クリアソン新宿をJFLへと導いた井筒陸也さんに今記事ではサークルの印象を聞いてみた。 サークルに…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2021.09.29

「マネージャー経験」は強い武器?!その経験を就活で活かすコツとは

今回の記事は、マネージャーの就活事情が知りたい!との声から   『サークルマネージャーの強みとは何か。』 『マネージャーで培った経験は、就活にどう活かせるのか。』 &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM34】西岡祥樹(3年=東久留米総合)大型フォワードのハットトリックで新関東初勝利を逆転で飾る!

東洋大学FC Liberte FW 西岡祥樹(3年=東久留米総合) 今年度、新関東フットボールリーグに参入した技巧派集団東洋大学FC Liberte(以下:リベルタ)の初の公式戦の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.10.31

【新関東リーグ2020・1部第1節マッチハイライト】遂に開幕した新関東リーグ2020!開幕戦白星で勢いを手繰り寄せるチームはどこだ?!

【新関東リーグ2020・1部第1節マッチハイライト】遂に開幕した新関東リーグ2020!開幕戦白星で勢いを手繰り寄せるチームはどこだ?!   10月31日快晴の中、開幕が危ぶまれていた今年の新関東リ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.01

【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。 中央フース…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.26

【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。 パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.03

【イケメン特集vol.1】筋肉ゴリゴリ色黒爽やかイケメン!

こんにちは!   8月も終わり、9月から同好会カテゴリー一大イベントマガジン杯がとうとう始まりますね! この大会にかけてるチームも数多いと思います。みなさん怪我に気をつけて…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.10.09

サッカーマガジンカップ オープン大会2023 大会総括

9月8日から12日にかけて行われた『第41回サッカーマガジンカップ オープン大会 2023(以下:マガハイ)』は中央大学サッカー同好会A(以下:中央サカ同)の優勝で幕を閉じた。 株式会社毎日コム…

read more 柴田尋生
コラム 2018.05.25

【BMOM95】早稲田稲穂GK落合裕太(3年=日大藤沢)頼れるGKはカバーリングスキルも卓抜!

[05.20  新関東カップ 2018 3回戦  早稲田稲穂 0(6)-(5)0 早稲田ヒューマン 鹿島ハイツ第4グラウンド] スコアレスドロー、枠内シュート無し。 このような試合展開…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-