【マネの想いvol.6】”気づいたら一生懸命になっているもの、自分次第でいくらでも楽しめる!”

中込 こころ

第6弾となるマネの想いを語ってくれたのは、

立教サッカー愛好会3年の竹本小雪さん(写真左)、冨田あいさん(写真右)のお二人です!

 

 

—立教サッカー愛好会(以下立愛)に入ったきっかけを教えてください。

冨田:高校の2個上の先輩で立愛の方がいて、高校生の時からインスタをみていたこともあり、立愛に入ることに憧れていました。

竹本:高校の時に部活でプレーヤーとしてサッカーをやっていて、サッカーが好きで、サッカーサークルを探していました。その中で一番楽しそうだったのが立愛でした。

 

 

—立愛ならではのマネの仕事は何かありますか?

冨田:インスタの投稿に拘っていることです。毎回3マネが交代でスケッチブックに練習日数とキャラクターの絵を描いて、スケッチブックを囲んで写真を撮りインスタに投稿しています。また、合宿ごとに、合宿中の様子をまとめたムービーを作成したりします。

—いつも立愛のインスタ見ていますが、とっても可愛くて見ていて楽しいです!

竹本:プレーヤーの誕生日を把握して、練習後の集まりの最後にマネージャーからミニケーキと共にお祝いをします。そこで誕生日のプレーヤーに一発芸を披露してもらいます!笑

 

 

—立愛のアピールポイントを教えてください。

冨田:プレとマネの仲の良さです!遊びの企画が多く、同学年で遊びに行くことが多いです。学年コテージ、学年ディズニーなどの企画もコロナの前は行っていました。

竹本:同学年の他にも、3年生が引退した後に2学年で遊ぶ期間があります。その期間に2学年の距離を縮めた上で一年生を迎える準備をします。3プレに気さくなプレーヤーが多いことも立愛の仲がいい理由です!

 

 

—立愛にいて、やりがいを感じる瞬間はいつですが?

冨田:自分の作ったムービーを好きって言ってもらえるのが嬉しいです!

竹本:先日のメモリアルカップの時に試合終わった後に、プレーヤーがマネージャーの前に並んで、「マネージャーありがとう」と言ってくれた瞬間です!また、プレーヤーの写真を撮って、その写真をプレーヤーがインスタに投稿してくれたり、LINEのアイコンになってると嬉しいですね!

—同じくプレーヤーの写真を撮る立場としてすごく共感します!    

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ  ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

—立愛はたくさんプレゼントをしているイメージですが?

冨田:大会やイベントごとにユニのキーホルダーや色紙、ミサンガなどをプレーヤーにプレゼントしています!また、試合に応援に来てくれた1.2年生に、3年生からお菓子にメッセージを描いて渡したりもします。

竹本:2マネの新関東の時期に3年生に向けてマスコットを作ったり、3年生が引退する時にはアルバムをプレゼントします。アルバムはかなり凝ったものです!!逆に、プレーヤーからは色紙やタオルをプレゼントしてもらいます!

 

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤ

—引退まで後少しですが、マネとしての目標はありますか?

冨田:引退まで全力でプレーヤーを支えて、全員が立愛に入ってよかったと思って終われることです

竹本:何か残して引退したいです。次の代からも楽しんでもらえるよう後輩に立愛の楽しさを最大限に伝えてから引退したいです。あとはプレーヤーに、マネージャーがいてよかったって思ってもらいたいです!

 

 

—では最後に、二人にとって立愛は?

冨田居場所です。

人生の中で、紛れもなく一番楽しい時間で、この時間が終わらなければいいのにって心から思います。誰かの頑張りを見てこんなに泣いたり笑ったり、気づいたら一生懸命になれる存在です。本気にさせてくれるプレーヤーには感謝してるし、いつも支え合って一緒に頑張っているマネージャー、立愛大好きって言ってくれる後輩。みんなにありがとう!

竹本自分次第です。自分の頑張り次第、楽しみ方次第で、楽しみとか熱量が変わってくるし、自分次第で自分にとって立愛がどんな存在になるか変わる。いくらでもサボれるし、一方でいくらでも楽しめる。後輩のみんなには、自分次第で変えていける、立愛の可能性を実感して全力で楽しんでほしいです。

 

 

インタビューを進める中で、違うサークルではありますが同じサッカーサークルの3マネとして、共感するところがすごく多かったです。また、自分のサークルにはない伝統や企画などについて聞くことができて、それぞれのサークルの良さを感じることができました。お二人ともありがとうございました。引退まで後少し、3マネみんなでサッカーサークルを一緒に盛り上げていきましょう!

Written by

中込 こころ

cocoro

Keywords

Recommend

コラム 2021.08.27

【特別企画】社会人が語るサークルの価値 vol.1

こんにちは!BeYonD編集部です。 今回は新シリーズとして、『社会人が語るサークルの価値』について社会で活躍しているサークル出身の方へのインタビューを通して発信して行きたいと思います!本気でサーク…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.13

サークルと関わりの多いクリアソンってどんな会社?

本日は大学時代には関西学院大学サッカー部のキャプテンとして日本一に輝き、プロとして徳島ヴォルティスでプレー。その後クリアソン新宿のキャプテンとしてJFL昇格に導くといったすご経歴をお持ちの井筒陸也さん…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2021.03.30

【新歓記事2021】vol.6 明治大学サッカーサークル

beyond編集部です! 本日は中央大学に続き明治大学の5チームを紹介していきます! ぜひご覧になってくださいナ   明治生田サッカー部蹴友会 ・大学名…

read more 山崎冬弥
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.11

【BMOM25】 伴勇(1年=松本山雅Y) 寄せ集めのチームを決勝まで導いたキャプテンの心意気が歓喜の瞬間をもたらす!

新人戦1年生大会②の決勝戦は成蹊大学FC kanoaと法政大学学団連サッカー部の激しい攻防が繰り広げられた。技巧派集団法政学団連の攻撃陣を無失点で抑え込み、1-0の接戦をものにした成蹊大学FC kan…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.22

【美女マネvol.22】今回は史上初となる関西のチームから美女マネが登場!!

こんにちは!   夏休みですね~!   BBQ、花火大会など存分に遊び散らかしているであろう皆さん。     もしくは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第5グループ〜第7グループ」

第5グループ 1位通過をしたのは勝ち点4の慶應義塾大学リコタイ無駄な人生選抜。2位通過は同じく勝ち点4の明治大学生田サッカー部蹴友会。3位は中央大学MAPLE。グループ5の1位2位はイエロー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.26

【3/27(水)開催!】第1回 サークル×体育会 交流会!! チーム早稲田を結成しよう!

みなさんこんにちは! もうすぐ春休みが終わり、学年が変わろうとしていますね! そんな季節の変わり目に、大学サッカー界は新たな試みにチャレンジをしていきます!!! 今まで混ざることがな…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-