【スパイク特集vol.1】 ~スパイクの名前にあるHGやFGって何の略?~

古平 翔太

みなさん自分のスパイクに愛着やこだわりはありますか?
デザインやメーカー、革の種類やポイントの形状、フィット感や値段など…
一足のスパイクを買うだけでも、たくさんの要素を踏まえた上で選んでいると思います。

同好会カテゴリの選手にもスパイクについて知ってもらい、自分に合ったスパイクを選んでもらえたらという思いでコラムを書かせていただきます!

記念すべき第1回目のテーマは
「スパイクの名前にあるHGやFGって何の略」です!

 

image3

image2

 

以上のようにほとんどのスパイクが名前にHGやFGというものが書いてあるのですが、
みなさんはその意味について知っていましたか?
HG…もしかしてハードゲイ!?
いえいえ、これはハードグラウンド、つまり土のグラウンド用!という意味なのです!!
このように対応するグラウンドを省略してアルファベットで表すことによって、名称を統一して世界的にシェアを広げているのです!

それでは、同好会カテゴリの選手が主にプレーするグラウンドとそれに対応するスパイクについて人気のティエンポシリーズを例にとって解説します!

 

①HG(Hard Ground)→ 土(例、田無、日大法学部グラウンド)

image5

image4

一番日本で多く売られているのがこのHG(土用)のスパイクです!土のグラウンドは下からの突き上げが大きいので、ポイント小さく多いのが特徴です。土によってつま先部分の消耗が激しいため、頑丈に補強されています。そのため、同じシリーズのスパイクと比べてみると、HGが一番頑丈に作られているため重くなっています。
土用と表記されていますが、HGのスパイクは人工芝で履くことも可能です!!
しかし、土で何度も使用してポイントがすり減ったスパイクを人工芝で履くと、ズルッと滑ってしまうので土用と芝用を分けるようにしましょう!!

 

②FG(Farm Ground)→ 天然芝(例、菅平サニアパーク、K9フットボールパーク)

image7

image6

日本では、普及率が低いことからシェアも少ないのがFG(天然芝用)のスパイクです!天然芝のグラウンドは下からの突き上げが少ない代わりに、踏ん張りが効かずに滑ることがあるので、ポイント鋭く少ないのが特徴です。スパイクへの負担は天然芝が最も少ないことからスパイクの軽量化が容易で、同じシリーズのスパイクの中では、最も軽く作られています。

ここで、勘違いされている人が多いと思いますが、天然芝と人工芝は全くの別物です!
FGのスパイクを人工芝で使用すると、ポイントの引っ掛かりが強すぎて足の裏に豆ができる、スパイクのポイントが折れるなどのトラブルが発生します!
スパイクや自分の足のことを考えてFGのスパイクは天然芝にのみ使用してください!!

 

③AG(Artificial Ground)→ 人工芝(例、鹿島ハイツ、矢田部サッカー場)

image9

 

image8

人工芝のグラウンドの急速な普及により、ここ最近発売されたのがAG(人工芝用)のスパイクです!人工芝は最も引っ掛かりが強く、ポイントのグリップが強いと止まり過ぎるという現象が起こり足首などをケガしてしまう恐れがあります。そのため、ポイントは抜けやすいように大きさの異なる丸ポイントを配置しているのが特徴です。
AG(人工芝用)のスパイクは、FG(天然芝用)のスパイクとは異なり、天然芝でも使用することは可能です。しかし、土での使用には全く対応していないので、AGのスパイクは芝でのみ使用してください!!

他にもSG(Soft Ground)→ぬかるんだorやわらかい芝用がありますが、そのようなグラウンドは海外でプレーでもしない限り使うことはないので、ここでは省かせていただきます。

次回のコラムでは、使い方の難しいFGについて、より詳しく書かせていただきます!
ぜひ楽しみにしていてください!!

画像出典:
〇サッカーショップKAMO HP=http://www.sskamo.co.jp/

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.02

【新関東リーグ入れ替え戦】マッチプレビュー

 早稲田大学HUMAN.F.C.(1部) vs 明治大学体同連生田蹴友会(2部) 12月3日、早稲田大学HUMAN.F.C.と明治大学体同連生田蹴友会による、1部2部入れ替え戦がZOZOPARKで行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.10

【新関東リーグ2019・1部第6節マッチハイライト】優勝争いと残留争いが2極化!運命は最終節に委ねられた!

2019年11月10日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて新関東リーグ第6節が行われた。 今節の特徴は2つ、 「引き分けの対戦がなかったこと」 「順位変動が起きなかったこと」 である。 今…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more 古平 翔太
コラム 2019.03.26

【新歓記事2019 vol.2 早稲田大学 その2】

新歓企画第二弾です 今回も引き続き早稲田大学のチームを紹介していきます! たくさんチームがあるので迷っちゃいますね...   早稲田大学理工サッカー部 ・大学名・チ…

read more 遠藤瞭介
コラム 2018.04.18

【新歓記事2018 vol.8】東洋大学、専修大学チーム紹介

東洋大学 FC Variente ・自分達のサークルを一文で表すなら 東洋1at homeなサッカーサークル ・大学、チーム名 東洋大学 FC Variente ・活動地域 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.27

【新関東リーグ2018 1部】第4節ハイライト

10月27日、新関東リーグ2018 1部・第4節が開催された。第4節は聖地・鹿島ハイツから会場を移し、波崎での開催となった。 波崎特有の風はあまり強くなく、良好なコンディションでの試合となった。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.01

【新歓記事2019 vol.8 日本大学】

  新歓記事第8弾は日本大学です!   新関東で力を発揮しているチームは少ないものの、学内戦ではハイレベルな戦いを繰り広げているいる日本大学。 そんな謎の多…

read more 落合陸
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.15

【BMOM99】藤尾 圭吾(2年=実践学園)が2ゴールを挙げる活躍

6月10日、日中に降った雨の影響でグラウンドに水たまりができる中、新関東1部の明治大学体同連サッカー部を下した日本大学法学部サッカー部(以下:日大法学部)は青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)…

read more 浅川大樹

-PICKUP CIRCLE-