優勝の立役者!?新関東カップで活躍した情熱あふれるスーパールーキー!!

山口輝

1年生が入学してから4か月が経ち、サークルサッカーの魅力を感じ始めている頃ではないでしょうか。
そこで今回は、新関東カップで活躍したスーパールーキーにインタビューをしてきました!
新関東カップを優勝した中央大学フースバルクラブ(以下:中大フース)の1年生原田武典君にインタビューをしました!

プロフィール

名前:原田武典(はらだたけのり)
所属チーム:中央大学フースバルクラブ
ポジション:GK
出身高校:藤枝明誠高校
ストロングポイント:身長を生かしたハイボールの対応やセービング、試合に落とし込む情熱

体育会サッカー部ではなく、サッカーサークルを選んだ理由

山口:強豪校出身ということもあって、体育会サッカー部に入部は考えましたか?

原田:入学当初は体育会サッカー部に入ろうと思っていたましたが、法学部が多摩キャンパスから茗荷谷キャンパスに移転したことにより、距離的に不可能になってしまい、入部を諦めました…

山口:そうだったんですね!それでサークルに入ることに決めたんですか?

原田:はい!体育会サッカー部に入部するのは諦めましたが、サッカーをすることは諦めらませんでした!
サッカーをするなら強いチームが良かったので中大フースにはいりました!
高校時代はコーチや監督に縛られることが多く、サッカーを自由にできず、サッカーを楽しむことができませんでした。しかしサークルであればチームの方針はある程度あるものの自由にプレーできるというところに魅力を感じました!

なぜ中大フース?

山口:中央大学にもサークルは多くあると思いますが、その中でも中大フースを選んだ理由を教えてください!

原田:何もわからない入学当初に履修相談など、学年関係なく全員が優しく接してくれ、サッカーだけでなく大学生活のアドバイスやサポートをしていただいたからです!そして何より中大フースが中央大学のサッカーサークルの中で一番強いサークルだからです!
また、練習になるとキャプテンを中心に緊張感がある環境が作り出され、真剣にサッカーに取り組むことができ、そのような環境でプレーできることに魅力を感じたからフースに入りました!

サークルサッカーのイメージ

山口:サークルに入る前のサッカーサークルのイメージを教えてください!

原田:少し怖い部分がありました。高校サッカーに比べて指導者がおらず自由になる分、緩い雰囲気で活動するイメージがありました。なので真剣にサッカーができるのか不安でした。

山口:実際に入ってみたらどうでしたか?

原田:サークルサッカーの熱さを知りました!一試合にかける思いが非常に強く、プレイヤーだけでなく、マネージャー、OBが一体となって試合に取り組むところに非常に驚きました!
仲間と切磋琢磨できる環境はかけがえのないものであり、毎日充実した生活を送れています!

新関東カップで一番印象に残っている試合

山口:新関東カップで一番印象に残っている試合はどの試合ですか?

原田:決勝戦の中央大学サッカー同好会(以下:中大サカ同)との試合です!
決勝戦ということもありましたが、何より中大ダービーということで、いつも以上に気合がはいっていました!中大サカ同はキャプテンを中心に、レベルの高い選手が多く、迫力のある攻撃だけでなく、堅い守備も兼ね備えるチームなので、厳しい戦いになりました!前半は守備に苦しみましたが、チーム一丸となって耐えることで、後半に自分たちのペースをつかむことができました。
その勢いのままPK戦で勝利することができ、優勝することが出来ました!優勝した瞬間は今でも鮮明に覚えています!

今後の目標

山口:今後の目標を教えてください!

原田:パッション溢れるプレーでとれるタイトルを全部取ります!

最後に

今回は中大フースの原田君にインタビューをしていきましたが、インタビューを通じて、原田君のサッカーに対する情熱や中大フースに対する熱い思いを感じることができました!これからの原田君の活躍に注目です!
今回は原田君にしかインタビューができませんでしたが、他のチームにも魅力的な1年生が多くいます!1年生たちにはこれからのサークルサッカー界を盛り上げていって欲しいと思います!皆さんの活躍に期待しています!

Written by

山口輝

hikaru

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.21

【同好会基礎情報vol.6】夢のグアムへの切符をかけて…”Guam Championship”とは?

大学生のみなさんなら長期休みを利用して、一度は"海外でバカンスしてみたい" なんて考えたりしますよね? ハワイ、セブ島、サイパン、グアム… もしもサッカーの大会で優勝したらグアムに行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.31

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト】決勝トーナメント進出4チームが決定!予選リーグを勝ち抜きベスト8へ駒を進めたチームは!?

5月29日(日)鹿島ハイツにて新関東カップ戦の予選二日目が開催された。この日で第1グループから第4グループの決勝トーナメント進出チームが決まる大事な1日となる。   第1グループ …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.21

【特別企画】Jユース出身の私たちが大学サッカーサークルを選んだ理由[後編]

Jユースを選んだ理由、そして大学サッカーサークルとの出会いに迫った[前編]は楽しんで頂けたでしょうか。 まだ[前編]をお読みでない方はこちらから。 [後編]では、3年時に幹事長(鈴木)、副幹事…

read more 大田智輝
コラム 2016.11.11

【BMOM6】MF小田島圭吾(2年) ゴリゴリとゴールを決め2得点の活躍

重戦車 小田島 第5節、6位明治大学グルービーキッズは、明治大学体同連サッカー部と対戦した。結果は3-0とグルービーが明治ダービーを制した。明治ダービー勝利の立役者は、2得点と大活躍した23番小田島…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.26

【新関東カップ2017決勝】フォトギャラリー

重戦車23番小田島(3年=國學院久我山)は6番米澤(3年=早実)を突破することはできず。対する米澤は得点に絡む活躍で注目のマッチアップは明暗が分かれた。   22…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.22

【筋トレ特集vol.1】筋トレはもてるためではない。

皆さんこんにちは!   おうち時間いかがお過ごしですか?     本日紹介するのは、、、、 おうち時間全てを筋トレに捧げたイカした男 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.04.25

【チーム特集】早稲田大学FC.GUSTA

今回は去年に引き続き開催した【インスタ企画 良い写いいね大会】において、1132いいねを獲得して第1グループ2連覇を果たした「早稲田大学FC.GUSTA」に独占インタビューを行いました! &nb…

read more 後藤直也
コラム 2017.10.16

【新関東リーグ2017・2部Aブロック第1節】新関東1部を懸けた険しい戦いが始まった!

先週末に行われた新関東FL2017 2部Aブロック第1節は鹿島ハイツにて行われた。1部への狭き門はどのチームが通ることができるのだろうか。 今年度、いい結果を残してきている慶應義塾大学理工サッカ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.23

【BMOM119】重松 良祐(2年=大森FC)チームのいじられ役がまさかのスーパーヒーローに!

2019年2月15日清瀬内山グランドにて早稲田大学学内戦決勝が行われた。対戦カードは3期ぶりの優勝を狙う稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と初優勝を狙うFCグスタ(以下:グスタ)試合はpk戦にもつれ込む大接…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第5グループ〜第7グループ」

第5グループ 1位通過をしたのは勝ち点4の慶應義塾大学リコタイ無駄な人生選抜。2位通過は同じく勝ち点4の明治大学生田サッカー部蹴友会。3位は中央大学MAPLE。グループ5の1位2位はイエロー…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-