【スパイク特集vol.1】 ~スパイクの名前にあるHGやFGって何の略?~

BeYonD 編集部

みなさん自分のスパイクに愛着やこだわりはありますか?
デザインやメーカー、革の種類やポイントの形状、フィット感や値段など…
一足のスパイクを買うだけでも、たくさんの要素を踏まえた上で選んでいると思います。

同好会カテゴリの選手にもスパイクについて知ってもらい、自分に合ったスパイクを選んでもらえたらという思いでコラムを書かせていただきます!

記念すべき第1回目のテーマは
「スパイクの名前にあるHGやFGって何の略」です!

 

image3

image2

 

以上のようにほとんどのスパイクが名前にHGやFGというものが書いてあるのですが、
みなさんはその意味について知っていましたか?
HG…もしかしてハードゲイ!?
いえいえ、これはハードグラウンド、つまり土のグラウンド用!という意味なのです!!
このように対応するグラウンドを省略してアルファベットで表すことによって、名称を統一して世界的にシェアを広げているのです!

それでは、同好会カテゴリの選手が主にプレーするグラウンドとそれに対応するスパイクについて人気のティエンポシリーズを例にとって解説します!

 

①HG(Hard Ground)→ 土(例、田無、日大法学部グラウンド)

image5

image4

一番日本で多く売られているのがこのHG(土用)のスパイクです!土のグラウンドは下からの突き上げが大きいので、ポイント小さく多いのが特徴です。土によってつま先部分の消耗が激しいため、頑丈に補強されています。そのため、同じシリーズのスパイクと比べてみると、HGが一番頑丈に作られているため重くなっています。
土用と表記されていますが、HGのスパイクは人工芝で履くことも可能です!!
しかし、土で何度も使用してポイントがすり減ったスパイクを人工芝で履くと、ズルッと滑ってしまうので土用と芝用を分けるようにしましょう!!

 

②FG(Farm Ground)→ 天然芝(例、菅平サニアパーク、K9フットボールパーク)

image7

image6

日本では、普及率が低いことからシェアも少ないのがFG(天然芝用)のスパイクです!天然芝のグラウンドは下からの突き上げが少ない代わりに、踏ん張りが効かずに滑ることがあるので、ポイント鋭く少ないのが特徴です。スパイクへの負担は天然芝が最も少ないことからスパイクの軽量化が容易で、同じシリーズのスパイクの中では、最も軽く作られています。

ここで、勘違いされている人が多いと思いますが、天然芝と人工芝は全くの別物です!
FGのスパイクを人工芝で使用すると、ポイントの引っ掛かりが強すぎて足の裏に豆ができる、スパイクのポイントが折れるなどのトラブルが発生します!
スパイクや自分の足のことを考えてFGのスパイクは天然芝にのみ使用してください!!

 

③AG(Artificial Ground)→ 人工芝(例、鹿島ハイツ、矢田部サッカー場)

image9

 

image8

人工芝のグラウンドの急速な普及により、ここ最近発売されたのがAG(人工芝用)のスパイクです!人工芝は最も引っ掛かりが強く、ポイントのグリップが強いと止まり過ぎるという現象が起こり足首などをケガしてしまう恐れがあります。そのため、ポイントは抜けやすいように大きさの異なる丸ポイントを配置しているのが特徴です。
AG(人工芝用)のスパイクは、FG(天然芝用)のスパイクとは異なり、天然芝でも使用することは可能です。しかし、土での使用には全く対応していないので、AGのスパイクは芝でのみ使用してください!!

他にもSG(Soft Ground)→ぬかるんだorやわらかい芝用がありますが、そのようなグラウンドは海外でプレーでもしない限り使うことはないので、ここでは省かせていただきます。

次回のコラムでは、使い方の難しいFGについて、より詳しく書かせていただきます!
ぜひ楽しみにしていてください!!

画像出典:
〇サッカーショップKAMO HP=http://www.sskamo.co.jp/

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.02

【BMOM37】小池建(3年=幕張総合)強烈な左足で1G1Aの活躍

【新関東カップ2017 1回戦】K9 football park ICHIHARA 早稲田大学CRUYFF 0-4 明治大学BeeVoo MF小池建(3年=幕張総合) 新関東カッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.01

【BMOM82】亦野陸生(3年=八千代) 鮮やかなFKで同点弾を演出

[10.28 新関東リーグ2017・1部第3節 青山理工 1-1 明治生田 ZOZOPARK] 一点のビハインドを負って迎えた後半17分、センターよりやや左で手に入れたFKのキッカーを務…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.08.11

【BMOM67】岡内学人(3年=市立千葉高校)持ち前の技術と笑顔で優勝へと導く!

先日行われた千葉大学学内戦決勝戦で常にピッチ全体を見渡し、決定的な仕事はなかったもののボールによく絡み攻撃のリズムを作った千葉大学FORZZA(以下FORZZA)岡内学人(3年=市立千葉高校)が決勝の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.15

【BMOM116】苅部杜行(3年=新潟明訓)帰ってきたフースバルの心臓が優勝の立役者に!

11月11日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて1部リーグ第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)VS 明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 中央フースバル…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.02.12

【BMOM89】工藤敬太(2年=検見川)勝利を手繰り寄せるスーパーゴール!!

先日行われた学年別round 2年生大会で見事優勝を収めた中央大学MAPLE(以下:中央MAPLE)。大方の予想に反して今大会のダークホースとして大躍進した中央MAPLEの中でも一際異彩を放ち、決勝で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.30

【BMOM47】増田伸(3年=幕張総合) 後半のハットトリックで大逆転!勝利を呼び込むゴールハンター!!

新関東カップ2017、3回戦で日本大学理工学部サッカー部(以下:日理)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)がしのぎを削った。前半終了時のスコアは0-2で工体連が2点リード。後半も日理にとっては難…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-