【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

BeYonD 編集部

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。

まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開けた。

昨シーズンから最終ラインで活躍した、キャャプテン末永直輝(3年=都立駒場)と副キャプテンの2人にインタビューした。

2015-2016シーズン

“1年を振り返って”

新学期が始まりまず迎えた大会は稲穂フェスタ。慶応キッカーズに敗戦を喫し、今までやってきたチームのサッカーは違うということに気づいた。
そこから稲穂の「走り勝つ」という長所を生かしたサッカーが始まった。
また、決勝で中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)のサッカーを見てクオリティの差に驚かされたという。
3冠を取るためにも気づかされることの多い大会であったと振り返った。

次の新関東カップでは優勝を果たすもPK戦などもあったため、勝つべくして勝てた大会ではなかったと振り返った。
しかし、夏合宿の練習試合ではフースに2-6での大敗を喫しチームとして危機感が生まれたそうだ。

続くマガジン杯ではフースに互角の戦いを演じるも惜敗。
試合を通し「すぐにリーグ始まるから、フースバルを倒そうぜ」という雰囲気が生まれた。

リーグ戦前と半ばに行われたアットホームカップに関しては「あくまでリーグ戦に向けた試合」と位置づけ、
リーグ戦に向けてモチベーションを高めるもしっかりと優勝をものにした。

そして、新関東リーグでは見事無敗優勝を果たした。
一年間を通し、末永は「やっぱりサークルサッカーは面白いなぁ。最初はサッカーサークルなんてと、舐めて入るけど、全員で話し合ってチームを良くして優勝に向かう、そう言ったサッカーサークルの面白さを感じた。」と語った。

%e7%a8%b2%e7%a9%82

 

“ライバル”

昨年度苦手意識を持ったチームを聞くとまず「明治大学groovy kids」の名前が出てきた。groovy独特の雰囲気に苦しめられることが多かった。
またライバルとしてだけではなく、この対談で最も名前が挙がったのが「中央大学フースバル」である。
チームとして最もモチーベーションを上げて試合に臨むことのできる相手であるそうだ。

選手について、中央フースバルの大石(3年=藤枝東)に注目した。「縦への推進力が強く、驚異的な選手」と敵として警戒心を強めた。

 

2016-2017シーズン

“目標”

三冠・日本一

目標はと聞くと「三冠と日本一」と即答した。
今年の稲穂の幹部学年は54期生。この目標は毎年変わらぬ目標であるという。

“チームコンセプト”

ポゼッション

去年までの稲穂とは打って変わり、コンセプトはポゼッションであると答えた。
去年からスタイルの変更をするために、「バレちゃうな〜」と苦笑いを見せたが、
「来年はめちゃくちゃつなぎます。今年は相手の逆をとって歩きます(笑)」と冗談をを交えてコンセプトを表現した。
現状のメンバーに新入生を加え、実際にどの選手が試合で起用されるかはわからないため、チームのスタイルはメンバーに合わせこれからも変わっていくと説明した。

“注目選手”

まず挙がった選手は“山本拓司”(3年=川和)であった。
山本は今年の稲穂キッカーズにおいて幹事長を務める。
「一浪のため、経験値がとても高い。張り切りすぎずポテンシャルを発揮してほしい」と期待が寄せられた。

2人目は”望月利来”(2年=都立豊多摩)が挙げられた。「足の速さなど、高いポテンシャルを有している。サッカーへの理解を深めれば間違いなく化ける」と今後の成長も含め語ってくれた。

そして最後は”近藤凌”(2年=日大藤沢)が挙げられた。「すごい高い技術を持っている。クレバーであり特にキック精度が高い。彼の配給で左サイドの坂梨を生かすことができる。」とチームにとって不可欠なレジスタであるそうだ。

img_1569

(写真は近藤凌)

 

昨年度たくさんのタイトルを獲得した稲穂。2月に行われた学内戦では惜しくも準決勝敗退だったものの、まだシーズンは始まったばかりだ。

最大の目標である三冠・日本一に向けて、どこまで“強い稲穂“が見れるか非常に楽しみである。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.17

【高校別OB座談会vol.2】専修大学松戸高校OB座談会!フィジカルトレーニングを講座でサボる!?週に一度の名物「朝座禅」の思い出も

久我山座談会に引き続き、高校別座談会第二弾! 昨年、関東大会にも出場し、選手権予選ではインハイ準優勝の流経柏高校と熱戦を繰り広げた専修大学松戸高校のOBの5選手が登場!左から専修大学Sefida…

read more 古平 翔太
コラム 2018.05.23

【BMOM94】歓喜の逆転弾!静かな司令塔がこの日は主役に!?

    5月19日にサークル界の「国立競技場」、鹿島ハイツで行われた新関東カップ3回戦。 新関東リーグ1部の明治生田蹴友会(以下:明治生田)と2部中央大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.24

【筋トレ特集vol.2】サークル界のマッスルモンスター

皆さんこんにちは!   梅雨になり、家にいる時間が長くなっていると思います。   そんな中でもトレーニングを続けるサークルの筋肉自慢を紹介していきます! …

read more 渡部雄飛
コラム 2018.06.26

【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の"いぶし銀…

read more 古平 翔太
コラム 2017.01.10

【マネの想いvol.3】”プレーヤーと共に新しいチームへ”

3年マネージャー特集 第二弾 法政大学工体連サッカー部 田村瞭奈さん 「プレイヤーと共に、新しい工体連を作り上げた唯一の3マネ」 −法政大学工体連サッカー部(以下工体連)に入ったき…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.30

【新関東リーグ2019・1部第7節マッチハイライト】優勝したのは、グスタ!降格するのはまさかの、、、

2019年の新関東リーグの最終節は台風の影響で延期になったアットホームカップの関係で、11月16日と11月23日の2日間に分けられて開催された。 今節まで優勝チームも降格チームも確定していない中…

read more 丸山椋大
コラム 2017.09.24

【BMOM74】ユニオンカップ3連覇に大きく貢献したスーパーサブ。その男とは一体何者だ!

ユニオンカップ決勝戦が9月22日に行われた。決勝戦まで駒を進めたのが早稲田大学水曜サッカー会(以下:水曜)と同じく早稲田大学CHUTAR(以下:CHUTAR)であった。 試合は2-1で水曜がCHUT…

read more 浅川大樹
コラム 2017.08.17

【千葉大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

22番岡内(3年=市立千葉)は確かな技術と笑顔がトレードマーク。心なしか歯が出ている。素晴らしい活躍で優勝へ大きく貢献した。 27番藤方(3年=県立船橋)は岡内と共に中盤を支配し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.14

【2018新歓ムービー紹介vol.1】稲穂キッカーズ、立愛、学団連、HUMAN

  新入生の皆さん! そろそろサークルは決まったでしょうか???? ゴールデンウィークが過ぎて、新歓期も落ち着いてきた頃だと思います。 今年もいろんな人から「○万使った〜」「…

read more 篠田 麻衣
コラム 2019.06.16

【大好評イベント!】マネージャーカレッジ開催!

みなさんこんにちは! BeYonD兼稲穂キッカーズマネージャーの高橋ちひろです。   普段はプレーヤーメインの記事が多いですが、 今回はマネージャーの皆さんにお知らせ…

read more 高橋ちひろ

-PICKUP CIRCLE-