【新関東リーグ2019・1部第7節マッチハイライト】優勝したのは、グスタ!降格するのはまさかの、、、

BeYonD 編集部

2019年の新関東リーグの最終節は台風の影響で延期になったアットホームカップの関係で、11月16日と11月23日の2日間に分けられて開催された。

今節まで優勝チームも降格チームも確定していない中で、すべての命運を握っていたのは11月23日に開催された早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)の試合だった。

第1試合

11月16日に開催された第1試合は共に残留を争う明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービー。残留のためには勝つしかない最下位の生田は2番呉(3年=かえつ有明)の値千金のゴールで体同連に1−0で勝利を収め、勝ち点を7に伸ばした。この結果、最下位を脱した明治生田の残留は他のチームの結果を待つこととなった。

第2試合

第2試合は6節を終え、首位と勝ち点差3で4位につける早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)と残留争いを繰り広げる明治大学Esperanza(以下:エスペ)。上位陣の結果では優勝の可能性がわずかに残されている早理は、第1試合の結果残留を決めるために勝つしかなくなったエスペの41番神山(2年=座間)に先制を許す。ここまで得点を量産しているエスペのエースがまたもや仕事をする。一方の早理も好調ぶりを見せつけるかのように34番出原(2年=千種)が得点。前半のうちに追いついたこの試合はそのまま1−1で終了した。これによりエスペは下位2位が決定。プレーオフか、自動降格かは23日の結果に委ねられた。

第3試合

23日に開催された第3試合と第4試合。第3試合は2位稲穂と3位フースバルの優勝の可能性があるチーム同士の直接対決になった。前日からの悪天候により、ピッチ上にも水がたまる最悪のピッチコンディションで、ボールを前に運ぶことすらままならないこの試合は前半終了間際に稲穂10番中島(3年=早大本庄)のゴールで稲穂が先制。貴重な得点をゲットする。しかし後半立ち上がりにフースバル38番橋爪(1年=西武学園文理)のゴールで追いつき、14番鈴木(3年=都立狛江)が逆転ゴール。そのまま試合終了。フースバルは勝ち点を14に伸ばしグスタの結果を待つことになった。

第4試合

第3試合の結果、引き分け以上で優勝のグスタは残留のために勝つことしか許されない立愛と対戦。両チームともテクニックがある選手が多い印象の中、この日のピッチコンディションは相性が最悪のように感じた。そんな中で先制したのは立愛。PKを獲得した立愛が8番石井にボールを託す。キャプテンとして降格は阻止したいこの男が、ゴール左に突き刺し先制。残留に望みをつなぐ得点をゲット。しかし、それでも動揺しないのが今シーズンのグスタ。圧倒的なタレントを前線にそろえるグスタは落ち着いたプレーをみせ後半に11番金田(3年=國學院久我山)が得点。その後は両チームともゴールを決められず試合終了。この結果グスタは初の新関東リーグ優勝を決めた。一方の立愛は降格が決定。悔しい結果となった。

2885e01f-660c-420c-9507-ff527d7149ae

(最終順位表)

23日の結果、優勝はグスタに決まった。無敗でリーグ戦を終え、審判着の問題がありながらも強さをみせつけ悲願の初優勝を遂げた。
一方、最下位は立愛に決まってしまった。今シーズンは新関東カップ優勝、マガジン杯準優勝と前評判は高かっただけに、意外な結果となってしまった。
7位のエスペは入れ替え戦に回ることになった。タフな戦いを勝ち抜いてきた2部の上位チームとの対戦の結果で残留か降格を決めることになる。この入れ替え戦からも目が離せないだろう。
もう一つの昇格組の早理は4位でフィニッシュ。首位と勝ち点差3のギリギリの戦いだったことが順位を見ればわかるだろう。
最終節まで優勝チームも降格チームも決まらなかった大混戦の新関東リーグ2019一部。多くの3年生はこの大会をもって引退となる。入れ替え戦が終了して今年のリーグ戦は終了となるため、最後の入れ替え戦にも注目していきたい。

 

 

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.07.07

【BMOM103】見崎大地(3年=狭山ヶ丘)意地の2連続PKストップ!

7月7日に東戸塚フットボールパークで行われた、明治学院学内戦決勝は白金FC.C vs 白金FC.D。白金FC同士の一戦となった。 30度を超え、給水タイムが設けられるほどの暑さ。その中、試合をよ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.28

【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。   第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕から…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.26

【3/27(水)開催!】第1回 サークル×体育会 交流会!! チーム早稲田を結成しよう!

みなさんこんにちは! もうすぐ春休みが終わり、学年が変わろうとしていますね! そんな季節の変わり目に、大学サッカー界は新たな試みにチャレンジをしていきます!!! 今まで混ざることがな…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.26

【イケメン特集vol.5】FC東京U15出身!サッカーサークル界の”貴公子”に取材!

皆さんこんにちは!!お家時間いかがお過ごしでしょうか。 外は暑くなって来ましたね。外出自粛の生活も、もう2ヶ月になります。 今僕が思うこと。 「そろそろ友達に会いたい。」 皆さんも自粛生活に疲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.05.02

大学サッカーサークル最強チームが挑む!YouTube史上初のReelZ LEAGUE とは?

ReelZ LEAGUEに出場中の2チームのキャプテンにインタビューしてみました!! こんにちは!BeYonD編集部です! 今回の記事は、「ReelZ LEAGUE」に出場中のREVENGERSと…

read more 竹中莉夏
コラム 2017.10.17

【BMOM75】30mFKも決めちゃう超ド級アンカー土佐林佑(2年=八千代)

新関東リーグ2017が開幕し、1部の各チームがZOZOパークで第1節を迎えた。 青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)は、得意のパスワークで明治大学Groovy kids(以下:グルービー)を翻弄…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.02.14

【試合ハイライト】1,2年生学年別ラウンド決勝、学年最強の称号を手にするのはどのチームか!?

2月13日雨が降り気温も下がる中、駒沢オリンピック公園総合運動場にて1,2年生各カテゴリーの王者が決まる熱い試合が繰り広げられた。   1年生中央大学フースバルvs青山学院理工サッカ…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2020.12.21

【新関東リーグ2020・1部】大会総括

10月31日から開催された同好会カテゴリーの最高峰のリーグである『新関東リーグ』は12月5日に幕を閉じた。 新型コロナウイルスの影響も受けながら開催された今年の1部は、早稲田大学FC.GUSTA…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-