【同好会基礎情報vol.7】稲穂FESTAってなに?

BeYonD 編集部

 

GWも終盤にさしかかってきましたね!

 

どのチームも新歓が終わり一息ついてるところだと思います!

 

そしたらやっぱり気になるのが、明日から行われる稲穂FESTA。

 

新一年生からすれば、入学して1ヶ月ちょっと。

 

 

サークルにも入ったばっかなのに、

 

「稲穂FESTAってなに?」

 

って気持ち、よく分かります。

 

 

そんな疑問を解消すべく、

 

そして、

 

稲穂FESTAをより理解してから参加してもらうために、

 

今回は、稲穂キッカーズの方に

 

「稲穂FESTA」

 

について、詳しくお聞きしました!!!

 

img_0469

(前回大会優勝 中央大学フースバルラクラブ)

・稲穂フェスタの歴史について教えてください!

稲穂FESTAは今年で第15回目を迎えます。

元々は、新関東カップ戦前のチーム強化を目的に始まりました。
スタートした当初は、本部運営は全て稲穂キッカーズ、主審もチーム持ち回りで大会運営を行っていました。
第8回から現在の大会形式になり、審判派遣も始まりました。

稲穂キッカーズOB会からのサポートや、協賛社の協力も得て現在は開催をさせて頂けてます。
現在も目的は変わらず、参加されるチームの競技力の向上の為の大会となります。

 

 

・どのようなチームが招待されるんですか?

サッカーの実力だけではなく、組織としてもしっかりしていて、上を目指して普段から活動をしているチームを招待させて頂いています。
関西からも強豪、同志社大学の三ツ葉キッカーズさんに毎年参加して頂き、非常にレベルの高い大会となっています。
参加して頂く際は、必ずトップチームでの参加をお願いしていて、その時点での各チームの実力が分かるような形にしています。

 

・大会参加の重要性について教えてください。

普通の大学同好会の大会とは違い、飲み会や夜更かしは禁止しており、

サッカーのみに集中する大会です。

また、カップ戦前に行われるハイレベルな大会ですから、各チームの最終調整の場でもあります。
この大会に参加することで、稲穂キッカーズ含め各チームは、より自分たちのサッカーと向き合い、今年のこれからの活動に活かしてもらえたらと思っています。

 

ありがとうございます!

 

さて、明日から始まる稲穂FESTA。

 

ベストコンディションで望みましょう。

 

皆さんが睡眠不足にならないために、

 

今回BeYonDはこの記事を早めの時間帯に配信してみました!

 

遅刻と怪我には気をつけてくださいね!!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.11.09

【新関東リーグ2022・1部・1節マッチハイライト】新関東1部が遂に開幕!大事な初戦を手にしたチームは⁉

11月5日、先週の新関東2部に引き続き、新関東リーグ2022の1部リーグが、茨城県、鹿島ハイツスポーツプラザで開幕した。前回王者である早稲田大学稲穂キッカーズや、マガジンカップ準優勝の中央大学フースバ…

read more 山田大晴
コラム 2021.12.21

サッカーサークル界に新リーグ創設!立ち上げのきっかけや現状、将来設計に迫る!

みなさんこんにちは! 今年度から新関東リーグに所属するチームで新しいリーグが創設されたのは御存じでしょうか? その名もSpielen Rookie Leagueです! 創設1年目の今年は…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.05

【BMOM131】田村和己(3年=FCトリプレッタ)工体連のファンタジスタが格上相手に躍動。

5月25日ZOZOパークで新関東カップ3回戦FC.GUSTA(以下:グスタ)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)の試合が行われた。試合は華麗なパスワークから多彩な攻撃を仕掛けるグスタに対し、工体…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.07

【新入生必見!同好会チームガイドvol.13】日本大学編その2

今回は、100万人の仲間がいる日本大学の続編です! 先日紹介した3チームに続き、今回は4チーム! それでは早速、紹介して行きましょう!!   日本大学 法学部サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.24

【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。 早稲田大学W…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【新人戦1年生大会①】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月7~8日に行われた新人戦1年生大会①において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.20

【復刻!大人気美女マネ特集!vol.1】再掲載記念すべき第1回は美女揃いと呼び声高いあのサークルから!

こんにちは!   お久しぶりです!     美女マネ特集部です。     今までこの特集を楽しみに見て…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-