【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

古平 翔太

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。

名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大本庄)

img_0838

 

5月27日新関東カップ2017にシードとして登場した4回戦、稲穂キッカーズは新関東カップ3連覇をかけ日本大学法学部サッカー部(以下:日法)と対戦した。

 

前半開始早々から猛攻を仕掛けえる稲穂の攻撃の中心にいたのは1年生ながらスタメンに抜擢された77番中島だった。
巧みなターンから前を向き、持ち前のスピードを活かしてドリブルを仕掛ける。
堂々と名門稲穂キッカーズのセンターフォワードで躍動する姿は、とても入学して1カ月余りの1年生だとは思えなかった。
特に現エースの10番長瀬(3年=國學院久我山)との相性は抜群で、二人のコンビネーションで得点を演出した。

 

後半も中島はボールを受けたらゴールを目指し、お得意の高速ドリブルをスタート
相手を置き去りにしてクロスを上げ3点目もアシストした。
そして後半14分ついに待ち望んだしんが訪れる。
10番長瀬の優しいスルーパスに抜け出した中島は豪快に右足を振り抜き公式戦初ゴールを挙げ日法を4-0と圧倒した。

img_0790式戦を勝利で終えた感想を聞いてみると
「試合の前は緊張していたけど、先輩たちが優しく声かけてくれて、試合中も継続して声をかけてくれてたので、ノビノビプレイすることが出来ました。改めて稲穂キッカーズのことをいいチームだなと感じれました。」
なんとも初々しいコメントが返ったきた。

また、後半に決めた自身の得点に関しては
「それまで何度かチャンスがあったのに、決めきれなくてそろそろやばいなって時に決めれて良かったです(笑)あの瞬間だけネイマールのようでした。
とにこやかな笑顔で答えてくれた。

最後に今後の意気込みについて聞いてみると
「稲穂の目標は3冠日本一なので、その目標を達成するために、チームが逆境の時にも点の取れるフォワードになれるよう努力したいです。そのためにもこれからの練習で質の高いプレーを意識したいと思います。」
と力強い言葉が返ったきた。

初々しさがまだ残る中島だが、今後サークル界を席巻していくであろうスーパールーキーから目が離せない。

 

写真引用:稲穂キッカーズフェイスブック

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.11

【BMOM8】FW赤塚武也(3年) 相手の隙をつき決勝点を挙げる

クールなストライカー赤塚 5位の青山学院大学理工サッカー部は、3位の中央大学フースバルクラブと対戦した。結果は1-0で青理が勝利し、2位に浮上。2位浮上への値千金のゴールを決めたのが、エース10番赤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.05

【BeYonD History vol.1】“真面目老害” 古平翔太編

新企画がスタートしました! 今回はBeYonD内部でメンバーの紹介も交えながら各メンバーがどうしてBeYonDに入ってどんな気持ちで活動しているのか等、普段の記事だけでは分からない内情を発信していけ…

read more 高木啓行
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more 浅川大樹
コラム 2019.05.15

【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。 そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、 早稲田稲穂の優勝に…

read more 小川雄矢
コラム 2020.03.25

【新歓記事2020】vol.3 慶應大学

新関東の主要大会で毎回上位に入っている慶應大学。その慶應大学のサッカーサークル4チームを紹介します!! 新型コロナウィルスの影響で新歓ができない中、サークルの情報はSNSしか得られないと思うので、新…

read more 落合陸
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more 澤田結人
コラム 2017.10.18

【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。 現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-