【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

BeYonD 編集部

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト4をかけた一戦に挑んだ。

前半から青理に押される展開となったグルービー。しかしどれだけ押されても失点することはなかった。青理の攻撃をしのいだ要因のひとつに、ゴールマウスを守る背番号03森本麗(2年=広島国泰寺)の活躍が挙げられる。
前半のミドルシュートをセーブしたシーンや後半の連続セーブに加え、PK戦でのシュートストップでチームを救ったのは言うまでもない。頼れる守護神の存在が、グルービーに無失点勝利をもたらした。
img_6155
「攻め込まれる時間が長く苦しい試合だったが勝ててよかった。体力と生活面に問題のあるグルビなので延長戦がなく即PK戦に突入したのも勝てた要因だと思う」と、押されながらも貴重な勝利を手に入れたことに喜びをかみしめた。

また、「チームとしては守備にこだわっており、学内戦と新関東カップ戦をいまのところ無失点でこれてることで、自信を持って今日の一戦に挑めた。個人としても、練習での追い込みや日々の筋トレで身体の感覚が高校時代に近づいているという自信が無失点につながったと思う」と、チームと個人の好調の理由を語ってくれた。

「去年の新関東カップの準決勝でHUMAN FCに負けたのでリベンジしたい。青理に勝てたことでさらに強いメンタルを持って、普段通りのサッカーをすれば、必ず結果がついてくると思う」と準決勝への意気込みも聞くことができた。

「試合前には緊張し、試合後にはPKの余韻に浸っていたせいで、せっかく来てくれた1マネを見る余裕がなかった(笑)。グルビの強みは、こうしていつも一緒に戦ってくれるマネやベンチメンバーからの応援にある思う。みんなに感謝し、準決勝も勝って一緒に喜びましょう!」と応援してくれるメンバー達への思いも述べてくれた。
img_6158
6月10日、準決勝でグルービーは早稲田HUMAN FCと対戦する。最後尾で活躍する森本の姿がまた見られるだろう。

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.08

【チームの根vol.2】 ”モモレンジャー” 法政大学学団連サッカー部 高野勇貴(3年=日大習志野)

ピッチに立てるのは11人。ただチームの力はその11人じゃ決まらない。自分を下手くそ、盛り上げ役と表した男の胸に秘めた思いに迫った。     法政大学学団連サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.01

【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。 中央フース…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.22

【美女マネvol.22】今回は史上初となる関西のチームから美女マネが登場!!

こんにちは!   夏休みですね~!   BBQ、花火大会など存分に遊び散らかしているであろう皆さん。     もしくは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.21

【美女マネ特集vol.9】第9回はシリーズ史上初となるユニオンリーグに所属するあのチームのマネ!

  こんにちは!   審判の言うことは~??     ぜった~~い!!   でおなじみの美女マネ特集で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.24

【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。 早稲田大学W…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】 マッチプレビュー

第1試合 中央大学サッカー同好会 vs 早稲田大学稲穂キッカーズ 早稲田稲穂と中大同好会、この2チームは新関東リーグを語るには欠かせない2チームである。新関東リーグ創設時から2チームはライバル関係と…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.26

【プレからの想いvol.3 】”マネはスパイス”

夏の合宿もほとんど終わり、3年生にとっての最後の夏が終わろうとしています。 久々のこの企画… プレからの想い 今回はユニオンリーグから、 早稲田大学 GIOCATORE このサークル…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-