【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

澤田結人

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト4をかけた一戦に挑んだ。

前半から青理に押される展開となったグルービー。しかしどれだけ押されても失点することはなかった。青理の攻撃をしのいだ要因のひとつに、ゴールマウスを守る背番号03森本麗(2年=広島国泰寺)の活躍が挙げられる。
前半のミドルシュートをセーブしたシーンや後半の連続セーブに加え、PK戦でのシュートストップでチームを救ったのは言うまでもない。頼れる守護神の存在が、グルービーに無失点勝利をもたらした。
img_6155
「攻め込まれる時間が長く苦しい試合だったが勝ててよかった。体力と生活面に問題のあるグルビなので延長戦がなく即PK戦に突入したのも勝てた要因だと思う」と、押されながらも貴重な勝利を手に入れたことに喜びをかみしめた。

また、「チームとしては守備にこだわっており、学内戦と新関東カップ戦をいまのところ無失点でこれてることで、自信を持って今日の一戦に挑めた。個人としても、練習での追い込みや日々の筋トレで身体の感覚が高校時代に近づいているという自信が無失点につながったと思う」と、チームと個人の好調の理由を語ってくれた。

「去年の新関東カップの準決勝でHUMAN FCに負けたのでリベンジしたい。青理に勝てたことでさらに強いメンタルを持って、普段通りのサッカーをすれば、必ず結果がついてくると思う」と準決勝への意気込みも聞くことができた。

「試合前には緊張し、試合後にはPKの余韻に浸っていたせいで、せっかく来てくれた1マネを見る余裕がなかった(笑)。グルビの強みは、こうしていつも一緒に戦ってくれるマネやベンチメンバーからの応援にある思う。みんなに感謝し、準決勝も勝って一緒に喜びましょう!」と応援してくれるメンバー達への思いも述べてくれた。
img_6158
6月10日、準決勝でグルービーは早稲田HUMAN FCと対戦する。最後尾で活躍する森本の姿がまた見られるだろう。

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

澤田結人

sawada

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.06

【BMOM57】河瀬雄哉(3年=高松)チームを救う2連続ビッグセーブ!頼れる守護神の駆け引きが稲穂を勝利に導く!

6月3日新関東カップ2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は同校の早稲田大学FC.GUSTAと(以下:グスタ)と対戦した。 先週の日本大学法学部サッカー部戦では、爆発的な攻撃力を披露した稲…

read more 古平 翔太
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more 金子樹
コラム 2021.07.29

【マネ長対談 vol.1】‘’知られざる他チームの実態‘’

今年も暑い夏がもうすぐそこまでやってきました!? 新しくサークルに入った1、2年生も、少しずつサークルの雰囲気がつかめてきた頃でしょうか? 自分のサークルの雰囲気を知れば、それはもう他のサ…

read more 田坂帆香
コラム 2020.05.10

【チーム特集】中央大学サッカー同好会

  今回は【インスタ企画 良い写いいね大会第二グループ】において、 3430いいねを獲得し見事優勝に輝いた「中央大学サッカー同好会」にインタビューしました。 会長の阿部拓哉…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.12

【新関東リーグ2017・1部第6節ハイライト】稲穂の優勝は次節までお預け!より激化する残留争い!

11月11日、ZOZOPARK にて新関東リーグ2017 ・1部第6節が行われた。 リーグ戦も終盤に差し掛かり優勝争い・残留争いが一層過激となり見所の多い試合となった。 明治大学体同連サッカー…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more 古平 翔太
コラム 2016.10.28

【新関東FL一部第3節】中央ダービー含めた4試合の見どころ

第1試合(9:00 ko) 明治大学体同連サッカー部vs稲穂キッカーズ 前節、両チームとも完勝したこのカードは先制点が鍵となるだろう。両チームのキャプテン共に守備に重点を置き、「まずは守備をしっかり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.02

マネージャーの必需品『ドクターバッグ』の中身に迫る!

皆さんこんにちは! 7月になり、そろそろ活動再開に向けて準備をしていく時期だと思います。   サッカーサークルのマネージャーにとって絶対必要な物と言えば、ドクターバッグですよね…

read more 山下美穂
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more 古平 翔太
コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-