【BMOM75】30mFKも決めちゃう超ド級アンカー土佐林佑(2年=八千代)

澤田結人

新関東リーグ2017が開幕し、1部の各チームがZOZOパークで第1節を迎えた。

青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)は、得意のパスワークで明治大学Groovy kids(以下:グルービー)を翻弄し、4発快勝という好発進を見せた。

6a31ecf0-21e5-4803-9e06-44df1cb75f4c

青理イレブンの中でも特に輝きを放っていたのが26番土佐林佑(2年=八千代)だ。
ジェフ千葉JY、八千代高校という名門出身だけあって足元の技術はピカイチ。
その彼の右足から放たれる正確無比な長短のパスは、往年のX・アロンソを彷彿とさせる。

アンカーの位置からマークをはがしてボールを受け、ゲームを展開する能力も一級品。
たぐいまれな戦術眼とミスの少ないプレーで青理の中盤から試合をコントロールしていった。

驚くべきは前半27分。
青理は中央でフリーキックを獲得。
距離にしておおよそ30メートル。

10be05be-7fd3-498f-b346-20a5c7dd330a

直接狙うには遠いように思われたが、キッカー土佐林は迷わず右足を振り抜く。
どよめきが起きる見事な一撃に、普段クールな土佐林にも笑顔が見られた。
雨風をもろともしないパワフルな一発で追加点を挙げた。

しかし点を取っても土佐林からは一切の気の緩みが感じられなかった。
セカンドボールをしっかり拾い、ピンチのときにはサイドバックの位置までチェイスしてカットする。非常にクレーバーな対応で守備的MFとしての役割を全うした。

d544aa44-0090-437d-b583-e645b5bcd0b6

試合後の土佐林にインタビューした。

――リーグ初戦への意気込みはどうでしたか?

「初戦勝って波に乗ろうと思ってました。
けど、あのグルービーが試合開始50分前ぐらいからまじめにボール回ししてたのにはびびってました。(笑)
こいつらついに本気だしてきたかって。(笑)
恐怖でしかなかったです(笑)」

とグルービーに対する意外な印象を答えてくれた。

 

――試合中に心がけたことは?

「グルービーは引いて守ってくるので、じれずにボールを動かしながら上手く攻めようと思ってました。
あとは小田島中心にくるカウンターが怖かったので、少し引き気味でプレーしてました」

と、グルービーの重戦車小田島への警戒は避けられなかったようだが、個人としてもうまく対応していたようだ。

 

――自身の得点シーンについては?

「フリーキックは何も考えず蹴りました。完全にまぐれです。
入ってよかったです(笑)」

と謙虚な様子。
なんて謙虚なのだろうか。

 

――次節へのいきごみは?

「次節対戦する明治体同連も、初戦勝って勢いがあると思うので、気を抜かず一戦一戦頑張ります!」

と第2節明治大学体同連サッカー部戦へ向けて気合の入ったコメントを残してくれた。

 

青理の躍進に欠かせないアンカー土佐林の残り6試合の活躍が楽しみである。

青山学院大学 理工サッカー部のチームページ

Written by

澤田結人

sawada

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.13

【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね! 夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。 そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”。 プレイヤーの真…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.08.11

【BMOM67】岡内学人(3年=市立千葉高校)持ち前の技術と笑顔で優勝へと導く!

先日行われた千葉大学学内戦決勝戦で常にピッチ全体を見渡し、決定的な仕事はなかったもののボールによく絡み攻撃のリズムを作った千葉大学FORZZA(以下FORZZA)岡内学人(3年=市立千葉高校)が決勝の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.01

【BMOM】神山知也(2年=座間)エスペ期待の2年生エースが2発で勝利を呼び寄せた!

10月27日に行われた第3節は、明治大学エスペランサ(以下:明治エスペ)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービーとなった。明治エスペは前半から積極的にゴールを狙い、守備でも…

read more 高橋優斗
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2019.05.15

【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。 そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、 早稲田稲穂の優勝に…

read more 小川雄矢
コラム 2017.05.25

【BMOM43】村嶋慶哉(2年=国立) “常にゴールを目指す京大理工のスプリント王子”

5月20日、同志社大学京田辺キャンパスにて関西同好会トーナメント1回戦が行われた。 この日の第1試合は京都大学理工サッカー部(以下京大理工)が立命館大学FC.Tridente(以下トリデンテ)をPK…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.26

【新歓記事2019 vol.2 早稲田大学 その2】

新歓企画第二弾です 今回も引き続き早稲田大学のチームを紹介していきます! たくさんチームがあるので迷っちゃいますね...   早稲田大学理工サッカー部 ・大学名・チ…

read more 遠藤瞭介

-PICKUP CIRCLE-