【新関東リーグ2021・1部第6節マッチハイライト】大混戦の新関東リーグ2021一部。順位のの変動の行方は!?

青木優太

11/7()に新関東リーグ第6節が鹿島ハイツで行われた。結果は以下の通り。

 

1試合目は、お互い昨年2部リーグから昇格してきた、立教大学サッカー愛好会(以下、立愛)と中央大学サッカー同好会(以下、サカ同)の昇格組2チームの対戦となった。前半は、得意のポゼッションからゴールを狙うサカ同と堅い守備から速攻でゴールを狙う立愛で両者の良さがお互いに出る展開になった。球際の激しい攻防を見せ、両者譲らずに前半は0-0で終了した。後半5分、立愛8番野村航輝(3=三田学園)のスルーパスに77番高田悠生(2=真岡)が抜け出し混戦となり、6番江田風太(3=都立城東)が倒されPKを得る。これを6番江田がゴール右隅に沈めて待望の先制点となる。その後サカ同も反撃するが、立愛の堅い守備に抑えられそのまま試合終了。立愛が優勝争いに食い込む勝ち点3を手にした。

 

 

2試合目は、現在単独首位を走る早稲田大学稲穂キッカーズ(以下、稲穂)と現在2位に位置をつける明治大学生田サッカー部蹴友会(以下、生田)の上位対決となった。前半からお互いロングボールが多い試合となった。前半30分生田が絶好の位置でフリーキックを獲得するも壁に当たる。一方稲穂は、フリーキック、コーナーキック、クロスでチャンスを作るがなかなか決めきれない。後半20分、稲穂38番双木駿(1年=早大本庄)のクロスに14番小森祥吾(3年=國學院久我山)が頭で合わせて先制する。そして後半30分、36番中塚剛佑(1年=暁星)が抜け出しキーパーをかわしてシュート。これが決まり、試合を決定づけるゴールとなった。上位対決は稲穂が勝利し、単独首位を守る形となった。

 

 

3試合目は、前節今季初勝利を掴み勢いに乗る、2連覇中の早稲田大学FC.GUSTA(以下、グスタ)と現在4位に位置をつける早稲田大学HUMAN FC(以下、ヒューマン)の早稲田ダービーとなった。前半、グスタがフリーキックから4番閔海泓(3年=國學院久我山)が折り返して、18番萩本遥平(2年=國學院久我山)が押し込み待望の先制をあげる。一方後半、ヒューマン28番小山尚紀(1年=静岡学園)が個人技でグスタDF2枚かわして、ワンツーからのシュート。これがゴールに突き刺さり見事に同点に追いつく。そのまま両者譲らずに注目の早稲田ダービーはドローで試合を終えた。

 

 

4試合目は、優勝候補筆頭だが、未だ思うように勝ち点が積めていない中央大学フースバル体同連(以下、フースバル)と今季初勝利がなんとしてでも欲しい早稲田大学理工サッカー部(以下、早理)の対戦となった。前半は、お互いロングボールによって相手の様子を伺う展開となった。お互いの集中した堅い守備により両チーム譲らない。そんな中前半20分、早理6番浅沼拓真(3年=都立国立)からのクロスに80番遠藤佑馬(1年=静岡学園)が合わせて先制する。ここで早理が流れに乗り、チャンスが増える。しかし決めきれない。後半、フースバルも自慢の攻撃力で反撃に出るも早理の集中した守備にシャットアウトされる。このまま試合終了。早理が今季初勝利を掴む形となった。フースは9位に順位を落とし、苦しい状況になった。

 

 

6節は順位の変動が大きく変わる展開となった。優勝候補筆頭であったフースバルが3敗と苦しい状況になったが、まだどのチームも優勝争い、降格争いに参加するかは分からない状況となり、混戦になるであろう。第7節での順位の変動が楽しみである。

なお、慶應大学理工学部サッカー部はコロナウィルスの影響で活動が出来ず、2021年新関東リーグは全試合不戦敗となった。

[第6節]

立教サッカー愛好会10中央サカ同

早稲田稲穂20明治生田

早稲田グスタ11早稲田ヒューマン

早稲田理工10中央フースバル

 

[順位表]

Written by

青木優太

yuta

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

サッカー同好会都市伝説!?Premier Cupを制する者はマガ杯を制す!

いよいよ明日! 12月17日(土)~18日(日)の二日間で【Premier Cup EAST in 波崎】が開催されます。   そこで今回はPremier Cupについて耳寄り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.18

新関東リーグ所属サークル新ユニフォーム『徹・底・解・説』!! 早慶明治編

代替わりを終え新学期が始まり、新歓活動が本格化してきているチームも多いのではないでしょうか🌸 そんな今回は…! 新年度が始まって他のチームの雰囲気が気になる現役の皆さん&サッカーサークルの…

read more 川田 千夏
コラム 2019.02.20

【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。 決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.23

チェルシーファン必見!!ディディエ・ドログバの来日決定!我ら大学生が盛り上げろ!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?   本日は、チェルシーファンのみならずサッカーファンの胸が熱くなるようなイベント情報をお送りします!   チェルシーFC×…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.09

【フォトギャラリー】稲穂フェスタ決勝 フースバル vs 青山理工

中央大学体同連フースバルクラブ 今年一番の注目選手の10番大石(3年=藤枝東) 何でもこなすトップ下のルーキー田島(1年=正智深谷) この日決勝点を決める活躍…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.14

【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!! すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、 ちょ・・・無理待って・・・ となってて心配になっちゃうことも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.08

【就活記事 vol.2】早稲田大学HUMAN F.C. 藤林拓哉 「自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活

時にとにかく明るい藤林と称され、持ち前の明るさとカリスマ性で2017年度の早稲田大学HUMAN F.C代表としてチームをまとめ上げた藤林拓哉。 1部リーグ昇格こそできなかったものの、学内戦優勝や新関…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-