【BMOM113】早稲田グスタGK樋口就大(3年=宮崎西) 好調の早稲田グスタを支える守護神

BeYonD 編集部

10月27日に鹿島ハイツにて新関東リーグ20181部第4節が行われた。
4試合の激しい試合の中で特に注目されていた中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)のカードが行われた。
試合は中央フースバルが個の力、早稲田グスタがポゼッションサッカー。
この2つのスタイルが高いレベルでぶつかり合っていた。

前半は共に攻撃を仕掛け合い、両者決定機をつくれていた。
しかし、チャンスを決め切れなかったり両GKの好セーブに阻まれ0-0で折り返した。
後半は、首位中央フースバルが幾度となく早稲田グスタゴールに迫り得点の雰囲気をプンプンと匂わせていたが、早稲田グスタGKが後半の35分間ゴールマウスをしっかり守り抜いた。
 
そして注目の天王山はスコアレスドローに終わり、勝ち点1を分け合うこととなった。
この試合は中央フースバルGK小川(3年=杉並FC)早稲田グスタGK樋口就大(3年=宮崎西)、この2人が好セーブを見せ合う面白い試合であった。
1試合を通して集中を切らすことなくゴールマウスにそびえ立っていた。
BMOMにはこの2人を選びたいところであるが、後半の中央フースの猛攻を凌いだ早稲田グスタGK樋口を選びたい。
 
bcef248d-771d-48a0-a3a5-0703be38b129
 
早稲田グスタはこれまで2勝1分けでそのうち2勝は無失点での勝利。
樋口はゴールを守り続け、出場した2試合で2失点に抑えていた。樋口がクリーンシートにすれば勝利できるというジンクスが作りかけられていた。
しかしこの試合は天王山という高い緊張感もあり0-0に終わってしまい、ジンクスになることはなかった。
 
樋口が「3節までのフースバルの圧倒的な試合を観ていたので、とても緊張していました。勝てば首位に立てる大一番ということで、絶対に勝ち点3を取るという気持ちで試合に臨みました。
また、前々節(慶應キッカーズ)で自分のミスでの失点で引き分けてしまったので、取り返すためにもなんとしても勝利に貢献したいと思っていました。」
と語るように高い緊張感と勝ち点3への執着心を持っていた。
 
そう樋口が語るように早稲田グスタ選手たち全員からも高い緊張感とモチベーションを感じ取れた。
その良い雰囲気で勢いを持って臨んだ試合を樋口は
「試合を通して押し込まれるシーンが多かったですが、相手のシュートにうまく対応でき、無失点で終えられてよかったです。また局面局面でみんなが体を張ってくれてとても助けられました。順位はそのままですが、負けなかったことは、優勝に望みを繋げられたという意味でとても大きいと感じます」
と振り返った。
そのコメントから中央フースバルとの対戦が厳しいもので、その試合をしっかりと早稲田グスタ全員で勝ち点1をもぎ取ったのだと伺わせる。
 
この試合に負けなかったことで勝ち点差は広がらず差は2のまま。
首位中央フースバルを射程圏内から逃さなかった。次節の青山学院大学理工サッカー部との対戦に向け
「残り3試合全て勝って優勝できるよう、次節も頑張りたいと思います」
と勝つことしか考えていないシンプルなコメント。
 
本人も「シュートストップに注目してほしい」と話すように樋口は高いセービング力や1対1のセービング、飛び出しの判断が長けている選手だ。また高校時代には宮崎国体という経歴の持ち主で、早稲田グスタにとっては心強い。
新関東リーグ2018も残り3節となり終盤戦に突入する。ここまで好調であり2位の早稲田グスタのゴールマウスを守る樋口に注目していきたい。
b888912e-0814-4cc4-a2d9-5374623aaa54
 
早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.02.08

バレンタインデー間近!サッカーサークル内のプレゼント事情を覗き見👀

2月がスタートし、1年に1回のイベントが近づいてきましたね。 そう!バレンタインデーです!   例年、お菓子を用意したり、動画を作成したりと各チームで様々なバレンタインデー…

read more 木村彩歌
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.06

【新関東リーグ2019・1部第5節マッチハイライト】混戦の優勝争い、優勝へ向けてグスタが勝ち点を積み重ねる!

11/3(日) 鹿島ハイツで第5節4試合が行われた。 第1試合目は早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の試合。 終始拮抗した試合展開だったが、終了間際に稲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.14

【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!! すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、 ちょ・・・無理待って・・・ となってて心配になっちゃうことも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.01

【新関東FL1部入れ替え戦】マッチプレビューまさに天国と地獄。1部の最後の一枠を手にするのは?

先週11月25日zozoparkで行われた自動昇格戦で前半に時間帯に先制するも逆転を許してしまい自動昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)。一方で去年悲願の1部昇格を果たすも2年連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.28

【美女マネ特集vol.10】記念すべき第10回は同好会カテゴリー最古の歴史を誇り、来年で77期を迎えるあのチームのマネ!

  みなさんこんにちは!   なんと、、、。   美女マネが、、、。   ついに第10回を迎えました!! &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.24

”ホットライン”〜高校時代からの信頼関係はどのようなプレーを繰り出すのか〜

サッカーにおける”ホットライン“とは何か皆さんご存知だろうか。それは長い時間をかけて構築された信頼関係が故に繰り出される”連携プレー”のことである。大学サッカーサークル界には高校時代からの信頼関係を活…

read more 中嶋 快
コラム 2020.07.28

【ユニフォーム特集 nike編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美

-PICKUP CIRCLE-