【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.1

BeYonD 編集部

真剣勝負の場である新関東カップが今週末の5/28(土)より開幕する。

今年度は新たに予選リーグが導入され、予選各グループ1位の7チームと各グループ2位のうち成績上位1チームを加えた計8チームが決勝トーナメントに進むレギュレーションとなっており、熾烈な戦いが予想される。

そんな新関東カップ2022出場チームを全8回に渡って紹介していく。

早稲田大学 SUNDAY S.C.

 

チームPR

僕たちSundayS.C.はやる時はやる、楽しむ時は楽しむをモットーに活動しています。そしてこの大会は「やる時」です。プレーヤーのみでの参加ですが、男子校マインドで頑張ります。

注目選手

佐藤良太:頼れるキャプテン。ピッチの中でも外でもチームを引っ張っていってくれます。ボールを刈り取る鋭いスライディングが持ち味です。

注目新入生

今回は新入生なし、既存メンバーのみで戦います。

このサークルだけには負けられない

FC NINDOさん:初戦なので、頑張って勝って勢いに乗りたいからです。

自分たちのサークル実は…

実はマネさんが来ません。

立教大学 FC立教

チームPR

昨年、ポテンシャルで勝ち上がってきた我々ですが、5月に行われた某大会にて、己の体力不足による不甲斐なさをこれでもかと言うくらい気付かされたことから、大会終了後からこの新関東カップ前日まで、F立初の走り込み企画を開催しました。もちろん勝敗やビックプレーなどにも注目してほしいですが、それよりも何よりも我々が後半何分まで足が止まらずに動けたのかという細かな成長にもぜひ、注目いただきたい所であります。

注目選手

山中祐之介(2年):先日行われた稲穂フェスタにて、3ヶ月ぶりのサークル参加。そこでサッカー熱を焚き付けられたようで、今回TOEICの試験を捨ててまでも新関東カップに参戦。ちなみに学内戦のMVPで、体型はシャキリさながら、それでいてプレーは白鳥のように美しい。F立のタクトを振る姿、ご注目を。

注目新入生

エノビヨギブライアンツヨシ(座間高校):圧倒的なフィジカルを武器に、新歓練習でその他新入生を次々にふっ飛ばし我々を驚かせた。
見た目は怖そうなのに、愛くるしいところがまたたまらない。

このサークルだけには負けられない

立教サッカー愛好会:ここで負けたら新入生に示しがつかないですよ。自分が入ったサークルの方が強かったらテンション上がりますもんね。

自分たちのサークル実は…

チーム練習がほぼありません、毎大会ぶっつけ本番で挑んでいます。その点皆様お手柔らかに、、、

明治大学 生田サッカー部蹴友会

チームPR

生田キャンパスを拠点に活動する体同連のサッカー部で、試合には全力で挑み、イベントでは全員が楽しめるサークルです!

注目選手

北村晃希(3年=検見川高校):縦横無尽にピッチを駆け巡り、愛する蹴友に勝利をもたらすFW。ゴール前に入り込み、数多くの得点を挙げる。守備において前線から、誰よりも走りチームに貢献する。今大会では得点王を目指している。

注目新入生

1年マネージャー:誰よりも大きな声で応援してくれるから。

このサークルだけには負けられない

Sunday FC, FC NINDO, FC 立教:3勝して予選を通過したいから。

自分たちのサークル実は…

ゆるいです

早稲田大学 Sunday S.C.のチームページ 立教大学 FC立教のチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.06.26

【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の"いぶし銀…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2024.04.14

【新歓記事 vol.7】新入生必見‼ 青山学院大学、明治学院大学のサッカーサークル紹介!!

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます! 今回の記事では、青山学院大学と明治学院大学のサッカーサークルを紹介していきます! 数あるサッカーサークルの中でも新関東リーグ2部に所属している…

read more 野口日向
コラム 2016.11.11

【BMOM9】CB福田拓也(3年) 先制点を挙げ勝利に貢献

 攻守の要  福田   第5節、4連勝で勝ち点12と首位を走る稲穂は、勝ち点1差の立教愛好会と対戦した。結果は誰もが驚いただろう。5-0で稲穂が大勝した。稲穂の攻撃陣が爆発するきっか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.04.27

【サッカーサークル対談】 新関東リーグ強豪の早稲田2チームが語り合う

今回はサッカーサークル対談の第一回として、同じ早稲田のサッカーサークルとしてお互いに高めあい、今年は同じ新関東リーグ一部にも所属する、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学HUMAN …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.10

【チーム特集】中央大学サッカー同好会

  今回は【インスタ企画 良い写いいね大会第二グループ】において、 3430いいねを獲得し見事優勝に輝いた「中央大学サッカー同好会」にインタビューしました。 会長の阿部拓哉…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.01

【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。 中央フース…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-