新関東リーグ2018・1部 ベストイレブン

BeYonD 編集部

2018年11月17日、新関東リーグは中央大学フースバルクラブが圧倒的な強さを見せ無敗優勝を果たすという形で幕を閉じた。
中央フースバルは新関東カップに続く、2冠目となる。
BeYonD編集部は今大会も多くの試合を取材してきたが、その中から特に一際目立ち同好会カテゴリーの盛り上げに貢献した選手をベストイレブンとして選出した。

ad21be54-45c2-4ee1-ab58-6e07f0d39047

GK

中央フースバル 小川潤之介(3年=杉並FC)

46745013-9093-43d6-a4a0-c3710b0b49a1

今期、BeYonDが選ぶ個人賞を総ナメにした言わずと知れた中央フースバルの守護神。中央フースバルの守備陣を崩したと思ったら、守護神小川のスーパーセーブがある。どうしたら点を取れるのか頭を悩ませたチームは多かっただろう。

コメント: 「今年貰った個人タイトルは全部、応援してくれたチームメイト、マネージャー、そしてフースバルに関わる全ての人のおかげでしかありません!ありがとうございました!」

DF

明治体同連 津久井颯人(4年=幕張総合)

b39a0c49-2032-4a3b-963e-eb5dea29fd6f

今大会は1年次から明治体同連のレギュラーとして活躍し続けた男の集大成となった。豊富な運動量とスピードで対人を制し、カウンター時にも的確なカバーリングでピンチの芽を摘んだ。同ベストイレブンの左サイドハーフ冨永との相性も抜群。

コメント:「この度はベストイレブン選出ありがとうございます。調子にムラがあり、なんで自分が?という感じですが、チームのために走ってきた結果が実ったのだと思っています。長い間、左サイドでコンビを組んできた冨永と共に選出されたこと、非常に嬉しく思います!冨永!大好きだぞ!」

 

早稲田グスタ 関慎之介(2年=浦和レッズユース)

b6f7661e-00ea-4b1b-955b-459085ed6116

高いフィジカル能力を活かして相手の攻撃をシャットアウトし続けた鉄人。どうやったら彼を突破できるのか知らない。今年はより声でチームを動かし続け、早稲田グスタのディフェンスリーダーとして成長した。

コメント:「ベストイレブンに選ばれて大変嬉しく思います。2度あることは3度あるので来年も頑張りたいと思います。
正直、まんをじの2年連続選出ではありました。」

立教愛好会 内海健太郎(3年=春日部共栄)

f2d76881-ebe8-4283-87dc-3aa12122122d

身体を張ったプレーで常にチームを鼓舞し続けた立教愛好会代表。最終ラインの内海から繰り出される鋭いロングフィードは常に立教愛好会の攻撃の起点となった。コーナーからヘディングゴールも得意。

コメント:「ベストイレブンに選んでもらって嬉しいです。ただチームとして目標としていた優勝に届かなかったのでとても悔しいです。来年は後輩が絶対優勝してくれます!」

中央フースバル 小林将真(2年=新潟明訓)

e21f434a-8bea-4e05-a484-382a52c1a1e2

中央フースバルの小兵サイドバック。見た目からは想像もできない対人の強さで相手に仕事をさせなかった。積極的なオーバーラップも厭わず、攻撃時はサイドハーフとのコンビネーションで厚みをもたらした。

コメント:「なぜ自分が選ばれたのかあまり分かりませんが、選んでいただき光栄です。何よりチームが優勝できて本当に良かったです。来年もチームの力になれるように努力していきたいと思います。

MF

早稲田稲穂 近藤凌(3年=日大藤沢)

08098b86-a0a0-4862-9694-2a3b7f2dee17

勝ち点3が遠く苦しいスタートとなった早稲田稲穂だが、そんな中2得点でチームを盛り上げたのはキャプテン近藤だった。キャプテンとしてプレーでもチームを引っ張り3位でフィニッシュすることに大きく貢献した。

コメント:「ベストイレブンに選んでいただきありがとうございます。タイトルを一つも取れず、悔しさの残る一年でした。それでもチームのみんなに助けられやりきることができました。来年こそは後輩が最高の結果を残してくれるとと思うのでご期待ください!」

中央フースバル 苅部杜行(3年=新潟明訓)

8e662003-0db1-44a2-99ee-f037a27b1c39

留学から帰ってきたこの男は中央フースバルの心臓として躍動し大会MVPを受賞。ビルドアップで攻撃の起点となり、クレバーな守備でチームに安定をもたらした。

コメント:「怪我や留学でチームに迷惑をかけた分、プレーで優勝に貢献できてホッとしています。また、フース全員で勝ち取った優勝なのでチームメイトに感謝したいです。」

明治体同連 冨永晃平(3年=都立駒場)

3b7c21f2-4fac-488b-a946-ce001a2422e6

「強い体同連」と言われた今季のチームで最も代名詞となる男。スピードとフィジカルを活かし、素晴らしい推進力で左サイドを躍動した。同ベストイレブンの津久井との相性は抜群で、二人で新関東の左サイドを圧倒した。

コメント:「ベストイレブンに選出して頂きとても光栄です!新関東カップ、マガハイと結果が出ない中で、最後リーグ戦を2位で終えることができたのが何より嬉しいです。また2年から左サイドを組んできたはやとさんと共に選出されたことを誇りに思います。11月に振られた者同士これから気持ちを切り替えて精進していきます。はやとさん大好きです。

早稲田グスタ 安東尚宏(3年=國學院久我山)149b9750-d1a7-4b7d-b383-98db615dee13

彼がドリブルをすると必ずと言っていいほど歓声が上がる早稲田グスタのスーパーエース。開幕戦の早稲田ダービーでは早稲田グスタの歴史的勝利に大きく貢献した。中央フースバル戦ではサイドバックとしてプレーし、フースバル攻撃陣を抑えたとか、、、?

コメント:「グスタのみんなのおかげです。ありがとうございました!」

FW

早稲田グスタ 金田直輝(2年=國學院久我山)

0fa5759a-5eae-435d-a656-4e09e30b9fb2

卓越したテクニックでボールを収めることに長けた早稲田グスタのワントップ。守備時にはエレガントなプレースタイルから想像できない運動量で前線からチェイシングをし、相手のバックラインに自由を与えなかった。好調早稲田グスタのキーマン。

コメント:「ベストイレブンに選出していただきありがとうございます。チームとして優勝を狙える位置にいただけに、4位という結果は悔しく思います。来年はチームとしても個人としても結果を出せるよう頑張ります」

中央フースバル 小竹直輝(2年=新潟明訓)

ce4ac833-2b07-4d18-9033-98d85fd8e9d3

絶妙な裏への抜け出しと、卓越したシュートセンスと、鍛え抜かれたフィジカルで得点を量産したストライカー。新関東リーグ、得点王に輝いたこの男は日本一決定戦でもハットトリックを達成。「小竹半端ないって。」

コメント:「カップ戦に続いてベストイレブンに選んでいただきありがとうございます。たくさん点をとらせてくれたチームのみんなのおかげです。来年の新関東も自分が盛り上げて行くつもりです!」

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.12.12

【新関東リーグ2017】大会総括

10月14日(土)に開幕し、12月2日(土)に閉幕した大学サッカー同好会カテゴリー最高峰のリーグである『新関東リーグ2017』。 早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が1部リーグを制し、…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more 古平 翔太
コラム 2018.10.27

【新関東リーグ2018 1部】第4節ハイライト

10月27日、新関東リーグ2018 1部・第4節が開催された。第4節は聖地・鹿島ハイツから会場を移し、波崎での開催となった。 波崎特有の風はあまり強くなく、良好なコンディションでの試合となった。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more 古平 翔太
コラム 2017.03.10

【高校別OB座談会vol.1】技巧派集団國學院久我山。文武両道の高校ならではの異様な光景!?

高校別座談会第1弾は言わずと知れた東京都の技巧派集団國學院久我山!左から明治グルービーキッズ 小田島圭吾(2年)、早稲田大学稲穂キッカーズ 長瀬良太(2年)、青山学院大学理工サッカー部 高橋涼…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.20

【マネの技術Vol.1】消毒液は使わない?プレが怪我した時に使える技術〈応急処置編〉

マネージャーをしていると、プレイヤーの怪我の手当ては日常茶飯事。でも、なんとなく知っている知識でなんとなく行っていませんか?是非この記事を読んで応急処置をマスターし、知識と技術をもったマネージャーにな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【新人戦1年生大会①】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月7~8日に行われた新人戦1年生大会①において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったも…

read more 古平 翔太
コラム 2019.02.20

【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。 決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新…

read more 落合陸
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2020.06.24

【筋トレ特集vol.2】サークル界のマッスルモンスター

皆さんこんにちは!   梅雨になり、家にいる時間が長くなっていると思います。   そんな中でもトレーニングを続けるサークルの筋肉自慢を紹介していきます! …

read more 渡部雄飛

-PICKUP CIRCLE-