【新関東リーグ2021・1部第3節マッチハイライト】大波乱の連続!白星をあげたのはどこのチームか!?

東孝太郎

10月30日鹿島ハイツにて新関東リーグ第3戦が行われた。大波乱の第3節の結果がこちら。

 

今節の注目カードの1つが早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学HUMAN FC(以下:早稲田ヒューマン)の早稲田ダービーだ。お互い一歩も引かない一進一退の攻防が続く中、前半10番木下悠人(3年=早稲田実業)のフリーキックを20番松沢充輝(2年=東大和南)が頭で合わせ早稲田稲穂が先制する。早稲田ヒューマンも細かなパスワークから1番戸苅健太(3年=市立浦和)がこぼれ球を押し込み前半のうちに同点に追いつく。後半はお互いチャンスを作るも決めきれず、早稲田ダービーは1対1の引き分けに終わった。

 

今節もう1つの注目試合が中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フース)の中央ダービーだ。中央サカ同はここまで1分1敗と苦しい状況が続いていたが、今日の中央サカ同は一味違った。優勝候補中央フースバル相手に8番岡部佑哉(2年=挟山々丘)のゴールで先制し試合を優位に進める。中央フースにボールを握られる展開となるも最後の局面でシュートは打たせず、32番小林和輝(3年=挟山々丘)が追加点を決め試合終了。中央サカ同は優勝候補相手に価値ある勝ち点3を獲得した。一方中央フースは優勝に向け痛い敗戦となった。

 

昨年度王者早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は前節引き分けで未だ勝利がなく勝ち点3が欲しいところ。対するは1勝1分でと好スタートを切った明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)。早稲田グスタがボール支配率では明治体同連を上回るものの明治体同連は決定的チャンスを作らせず。明治体同連はコーナーキックから3番鈴木彪生(2年=國學院久我山)が頭で合わせて前半のうちに先制するとその1点を守り切り試合終了。明治体同連は昨年度王者から大金星をあげた。一方の早稲田グスタは2節を消化し未だ勝ちなしと厳しい状況が続く。

 

現在1勝1分で2位の明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)は昨年度2位の早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と対決。前評判では早稲田理工が優位かと思われていたが、明治生田はその評判を覆す攻撃力を見せつける。20番石川大輝(3年=挟山々丘)が先制点を挙げ、早稲田理工も90番島田俊作(3年=東工大附属)のゴールで一時同点となるも、87番山崎冬弥(3年=座間)がDFながら2得点を挙げ早稲田理工を引き離す。早稲田理工も反撃に出るも明治生田の途中出場41番大川俊哉(3年=緑ヶ丘)がダメ押しの4点目を決めて勝負あり。明治生田が昨年2位の強豪に4発大勝した。

 

第3節は波乱の連続だった。優勝候補と目された早稲田グスタ、早稲田理工、中央フースがまさかの敗戦で、逆に昇格組の中央サカ同、昨年最下位の明治生田、明治体同連が価値ある勝点3を獲得した。果たしてここまでの展開を予想出来た人が居ただろうか。優勝争い、降格争い共に全く分からず混戦状態である。今年の新関東リーグ1部は例年以上に激戦で、コロナ禍でも熱い試合が繰り広げられている。今後の新関東リーグ1部に目が離せない。

 

尚第3節慶應義塾大学理工サッカー部対立教大学サッカー愛好会の試合は延期となった。

 

[3節]

早稲田稲穂 1-1 早稲田ヒューマン

中央サカ同 2-0 中央フース

早稲田グスタ 0-1 明治体同連

早稲田理 1-4 明治生田

 

[順位表]

Written by

東孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・1部第5節】王者稲穂が一つ抜け出し、残留争いはまだまだ目が離せない展開に

【新関東リーグ2017】 集中開催2日目はzozoparkから鹿島ハイツに舞台を移し、応援が許された環境での試合に全試合盛り上がりを見せた。   第1節以来勝利を挙げられていな…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.01

【BeYonD特別ご招待】浦和レッズvsボルシア・ドルトムント試合観戦&特別セミナー+ドルトムント所属選手交流会イベント開催!!

BeYonDをご覧のみなさまこんにちは!!   本日から7月ということで、 早いもので、2017年も下半期に差し掛かりましたね!   そんな本日7月1日に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.09

【特別企画】プロを諦めた元Jユースキャプテンが目指すサッカーサークル日本一

こんにちは!こんばんは!BeYonD編集部です。昨今のサッカーサークル界には、全国高校サッカー選手権経験者やJユース出身者なども所属し、レベルの高い試合が繰り広げられています! 今回の記事では、中央…

read more 大田智輝
コラム 2018.09.17

【特別企画】マガ杯髪型特集!通称“マガ髪”2018!

皆さんこんにちは! 今回はマガ杯特別企画で去年に引き続きマガ杯参加者の髪の毛特集を行なっていこうと思います?‍♂️?‍♀️ 普段はバイトの関係や諸事情で染められない人もこの1週間のためにた…

read more 寺島直哉
コラム 2021.08.27

【特別企画】社会人が語るサークルの価値 vol.1

こんにちは!BeYonD編集部です。 今回は新シリーズとして、『社会人が語るサークルの価値』について社会で活躍しているサークル出身の方へのインタビューを通して発信して行きたいと思います!本気でサーク…

read more 杉本達郎
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.04.08

【新入生必見!同好会チームガイドvol.14】東洋大学編その1

新入生の皆さんご入学おめでとうございます! 今回は東洋大学の新入生に向けたチーム紹介をしていきます 本日と明日、続けて東洋大学を特集していきますので、是非目を通していただいて参考にしてみて…

read more 澤田結人

-PICKUP CIRCLE-