【審判目線】審判だからこそ分かる、”体育会”と”サークル”の違いとは?

東 孝太郎

こんにちは!BeYonD編集部です。

大学サッカー界には”体育会”と”サークル”という2つの組織があり、両者の違いは数多く存在します。サッカーのレベルからサッカーに対する熱意までその違いは様々ですが、今回はこれまで語られてきた目線と少し角度を変えて、審判目線から見た”体育会”と”サークル”の違いに迫っていこうと思います。

そこで今回は、実際に”体育会”と”サークル”両方の試合で審判を担当されている4名の方々にインタビューを行いました。4名の方々は”体育会”では関東大学サッカーリーグなどを、”サークル”では学年別大会など幅広く担当されており、両者をよく知る方々です。

 

Q .これまで何度かサークルの試合の審判を担当されてきたと思いますが、サークルの試合の率直な感想を教えてください


A .高校年代まで強豪チームでプレーしてきた選手、そうでない選手様々いる中、高校時代同様の熱意で一体感を持って、ここまで培ってきたものを大学の場で発揮している姿に感心しました。プレー1つ1つを見ても技術が高いですし、サークルの試合の中でもレベルの高いプレーを間近で見る事ができるのは審判冥利に尽きますし、少しでも緊張感のある試合となるように心がけています。

 

Q.様々な試合で笛を吹かれてるなかで、特にサークルの試合で笛を吹かれる時に心掛けていることは何かありますか


A.カテゴリー別で意識していることはあまりなくて、あくまでも競技規則はどのカテゴリーも同じものなので競技規則に準じて笛を吹いています。どの試合であっても競技者はサッカーを楽しむ事が前提にあると思うので、選手にその楽しさを担保する、支えるということを意識しています。

 

Q.サークルの試合にはサークル特有の試合環境があると思います。審判目線から見て、それらの特徴で気になる点は何かありますか


A.同じ大学生である体育会に比べると、監督がいないこともあって審判との駆け引きが少ないかなと思います。サークルの方がより審判と選手がフラットに接する事ができ、選手と一緒に楽しめる感覚が強いですね。

 

Q.よくサークルは遊びで体育会は真剣と言われる事が多いですが、審判目線から見たサークルと体育会の違い、サークルならではの特徴は何かありますか


A.体育会の試合では監督が指示を出し、他のベンチメンバーは静かに戦況を見つめている事が多いですが、サークルはマネージャーも含めベンチにいる全員が声を出していて、試合に出ている人だけではなく出ていないメンバーも含めチームに一体感があるなと感じます。審判をやっていても楽しいですし、すごく素敵な空間だなと思います。

 

Q.体育会の試合とサークルの試合の審判を比較して、サークルならではのやりづらさを感じることは何かありますか


A.サークルは監督がいない分、試合運営の際に時間通り運営できない事が多々あります。ベンチ前にベンチメンバーやマネージャーが群がっていたり、時間通りに集合できなかったりなど、学生だけで行っているからこその悩みであり難しさで、体育会では味わうことのできない経験ですね。

 

Q.サークルの試合で審判を担当されて得たサークルに対するイメージを教えてください


A実際に審判を担当して感じたことは、まずサッカーが上手いなと感じました。それこそ強豪校出身の方もいたりして、あまり本気でやっていなかった人たちの集まりだと思っていたイメージが払拭されました。

体育会に比べ試合時間が短いからこそ試合展開が早いなと感じました。後ろでボールを回す時間は少なく、お互いに攻撃をする時間が多いので見ている人たちは面白いと感じると思います。

また普通に運動量が多くて驚きました。高校でのサッカーが終了してから大学に入って普通は動けなくなる人が多いと思うんですけど、しっかり練習をやっていることもあって試合終了まで運動量が落ちないのはすごいと思いました。

 

いかがでしたでしょうか。
審判から見てもサークルのレベルの高さに驚くほど、サークルに所属している大学生もサッカーに対して熱く取り組んでいます。監督がいない、マネージャーがベンチにたくさんいることなど、”体育会”では考えられない環境が”サークル”にはあり、その意味では”体育会”と大きく異なりますが、それがまた”サークル”の良さであり、サッカーに対する熱意は”体育会”に負けないものがあるのではないでしょうか。

これからも様々な目線から”体育会”と”サークル”を比較して、”サークル”であることの価値を社会に広めていきたいと思います!

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.10

【東西交流戦】関西選抜が関東選抜に1-0で勝利!!両チームの監督を務めた宮沢ミシェル氏、三浦淳寛氏にインタビュー!

8/2~4にかけて東西の中間地点・静岡で行われた東西交流戦。   カテゴリー唯一となる関東と関西の強豪が集う貴重な機会である本大会、第七回目となる今年も熱戦が繰り広げられた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.22

【新関東リーグ2017・1部第2節】立教愛好会、明治体同連が2連勝!全4試合をハイライト!

10月21日、鹿島ハイツ第5グラウンドで1部第2節の全4試合が行われた。前節に引き続き雨の中での試合となったが、1部独特の熱気と雰囲気で悪天候を感じさせないゲームとなった。 前節明治生田戦で完勝…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.01

【サッカー美女マネ特集vol.2】多くの美女がいる美男美女サークルから!

皆さんこんにちは!     お久しぶりです!     美女マネ特集部です!     お…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.09

【東西対抗戦】マッチプレビュー

同志社大学三ツ葉キッカーズ 関西代表は今年、関西同好会サッカーリーグの前身を含め、リーグ10連覇を達成した同志社大学三ツ葉キッカーズである。 1964年に創設され、52周年を迎えた三ツ葉は今年、「…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.06

【新関東リーグ2021・1部第5節マッチハイライト】新関東リーグも遂に折り返し。勝ち点を積み上げ、優勝に近づいたチームはどこだ!?

10月16日(土)に開幕した2021年の新関東リーグも第5節で折り返しを迎え、目が離せない稀に見る大混戦となっている。   11月6日(土)、鹿島ハイツで行われた新関東リーグ第5節の結果…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.07

【新関東カップ2017】ニューヒーロー賞”中島剣士郎”(1年=早大本庄)”

稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が圧巻の三連覇を果たし幕を閉じた新関東カップ2017。大会を通し多くの激闘が繰り広げられ、強豪チームがぶつかり合い、白熱した大会であった。4月から入学した新入生を加えた初の…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-