【新関東リーグ2021・1部第5節マッチハイライト】新関東リーグも遂に折り返し。勝ち点を積み上げ、優勝に近づいたチームはどこだ!?

BeYonD 編集部

1016()に開幕した2021年の新関東リーグも第5節で折り返しを迎え、目が離せない稀に見る大混戦となっている。

 

116()、鹿島ハイツで行われた新関東リーグ第5節の結果は以下の通り。

 

1試合目は、優勝候補筆頭であったのにも関わらず、未だ勝ち点のない中央大学体同連フースバルクラブ(以下、中央フース)と、しぶとく勝ち点を取り続けてきた明治大学体同連サッカー部(以下、明治体同連)の一戦。均衡した試合が予想されていたものの、試合は開始早々動き出す。前半12分、中央フースの28番白石悠汰(2年=高崎)からのスルーパスに抜け出した8番高尾昇吾(3年=広島皆実)がクロス。19番岡本共生(2年=東福岡)がアウトサイドでうまく合わせ先制に成功。その後は中央フースがボールを保持し、明治体同連がカウンターを狙う展開が続くものの、試合終了間際に8番高尾昇吾(3年=広島皆実)のシュートのこぼれ球を19番岡本共生(2年=東福岡)が押し込み勝負あり。中央フースが2021年の新関東リーグ、初の勝ち点3を手にした。

 

 

2試合目は、「テクれ、ヒューマン」でお馴染み、テクニック集団の早稲田大学HUMAN FC(以下、早稲田ヒューマン)と新関東カップ、メモリアルカップで好成績を抑えている今季絶好調の早稲田大学理工学部サッカー部(以下、早稲田理工)の一戦。お互い中々勝ち点を取れていないため、何としても勝ち点を上積みしたい中、先制点をあげたのは早稲田ヒューマン。ショートコーナーの流れから、13番梅澤周作(2年=小松川)のクロスに49番大田智輝(3年=作陽)の打点の高いヘディングでゴールネットを揺らした。このままでは終われない早稲田理工は後半、11番田中元一朗(3年=東工大附属)が抜け出しから左隅サイドネットへ流し込み、追いつく。その後も早稲田ヒューマンが攻め続けるも勝ち越しとはならず試合終了。お互い勝ち点1を分け合う形となった。

 

 

3試合目は、5年ぶりに1部に復帰し、これまで徐々に勝ち点を積み上げてきた中央大学サッカー同好会(以下、中央大学サカ同)と、昨年2連覇を達成したものの、今シーズンは調子が乗り切れず未だ勝ちがない早稲田大学FC.GUSTA(以下、早稲田グスタ)の一戦。試合開始直後、30番荻本遥平(2年=國學院久我山)が巧みなドリブル突破からシュート。キーパーに弾かれるも、こぼれ球を35番角能俊介(1年=早大学院)が押し込み早稲田グスタが先制する。しかし、その後に中央サカ同が右ペナルティーエリア角からフリーキック獲得。そのフリーキックを8番岡部佑哉(2年=狭山ヶ丘)の完璧なコントロールショットで同点に追いつく。その後は中央サカ同が押し込むもののゴールが決まらず、後半15分にコーナーキックから50番後藤直也(2年=國學院久我山)が決め、早稲田グスタが勝ち越し。このまま試合が終わり、早稲田グスタは欲しかった勝ち点3を手に入れた。

 

 

5節最終試合は、昨年の成績から大幅な改善を見せ、これまでに2勝をあげている明治大学生田蹴友会(以下、明治生田)とスタメンのほとんどを3年生が占め、堅実な戦い方をしてきた立教大学サッカー愛好会(以下、立教愛好会)の一戦。試合開始からロングボールの蹴り合いが続き、前半16分に77番高田悠生(2年=真岡)がスローインから胸トラップで相手をかわし、ループシュート。テクニカルなゴールが決まり立教愛好会が先制。その後の25分、6番江田風太(3年=都立城東)のクロスから13番大波勇希(3年=中央学院)が合わせ、立教愛好会が立て続けに得点をあげる。終了間際に明治生田も87番山﨑冬弥(3年=座間)のスルーパスに39番松永祐太郎(3年=日野台)が反応し、キーパーとの11を冷静に流し込み反撃するも試合終了。立教愛好会が前半の2得点で逃げ切りに成功し、初勝利をあげた。

 

 

これで、勝利がないのは早稲田理工の1チームとなり、より大混戦になったことで、どのチームも優勝争いをできる展開となった。優勝争い、残留争いは今後の試合でより激化していくに違いない。第6節の試合も目が離せなくなった。

 

なお、慶應大学理工学部サッカー部はコロナウィルスの影響で活動が出来ず、2021年新関東リーグは全試合不戦敗となった。

 

[第5節]

中央フース 2-0 明治体同連

早稲田ヒューマン 1-1 早稲田理工

中央サカ同 1-2 早稲田グスタ

 

[順位表]

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.05.23

【BMOM94】歓喜の逆転弾!静かな司令塔がこの日は主役に!?

    5月19日にサークル界の「国立競技場」、鹿島ハイツで行われた新関東カップ3回戦。 新関東リーグ1部の明治生田蹴友会(以下:明治生田)と2部中央大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.29

【新歓記事2021】vol.5 中央大学サッカーサークル

本日の新歓記事は、サッカーサークル数が少ないものの、強豪チームばかりの中央大学です! 本日紹介する3チームのうち、2チームが新関東リーグ1部に所属しています! (新関東リーグの概要は、Be…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.15

【BMOM99】藤尾 圭吾(2年=実践学園)が2ゴールを挙げる活躍

6月10日、日中に降った雨の影響でグラウンドに水たまりができる中、新関東1部の明治大学体同連サッカー部を下した日本大学法学部サッカー部(以下:日大法学部)は青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.06

【新歓記事vol.4】新入生必見!!立教大学&法政大学サッカーサークルを比較してみました!!

こんにちは!BEYOND編集部です!3月に入り多くの新入生はどのサークルに入るか悩んでいる時期ではないでしょうか?今回は、法政大学、立教大学の4サークルについてまとめてみました!是非サークル選びの参考…

read more 山崎夏果
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美
コラム 2021.04.14

サッカーサークル マネージャーの仕事

こんにちは! 桜の木に新緑が芽吹き、新入生のみなさんは入りたいサークルの目星がついてきた頃ではないでしょうか? 今回は、そんな新マネージャーさんにぴったりの、「マネージャーの仕事内容」を紹介す…

read more 田中菜々美
コラム 2019.11.06

【新関東リーグ2019・第4節マッチハイライト】集中開催初日終了!まだまだ優勝も残留もわからない!

2019年11月3日、鹿島ハイツにて新関東リーグが開催された。今シーズン二回目の集中開催となった今節。 第3節までが終了し、優勝争いの勢力と残留争いの勢力が分かれるようになった。 そのような面で、…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-